今年度、第86回毎日広告デザイン賞(主催・毎日新聞社、後援・経済産業省)の最終審査会が毎日新聞東京本社で開かれ、このたび入賞作品が発表されました。
広告主から出された課題にもとづいた作品を一般から募集する「一般公募・広告主課題の部」は参加総数973点から14点、毎日新聞に掲載された広告がエントリーする「広告主参加作品の部」は165点から21点がみごと賞に選ばれました。

「一般公募・広告主課題の部」の最高賞は浜口汰虎(はまぐち・たいご)さん(東京都葛飾区、多摩美術大)の天塩「赤穂の天塩」(15段シリーズ広告)が、また「広告主参加作品の部」最高賞は株式会社にしのあきひろ「西野亮廣 最新刊『新世界』」(15段)が選ばれました!

どんな意図で作られた?

株式会社にしのあきひろ代表の西野。
受賞作は自身の横顔に文章を載せた新刊の告知広告でした。
西野は受賞にあたり、制作の意図を「最新刊の『はじめに』の部分を全文掲載しました。新聞という媒体において広告が悪者ではなく、読み物になるように注意して制作しました。『買ってくださーい』感よりも、『西野がまた面白いことをやっているぞ』という信頼を獲得することを目指して広告しました」と語っています。

第86回毎日広告デザイン賞の表彰式は、2018年毎日デザイン賞と同時に4月25日、都内で行われる予定です。

おめでとうございます!

書籍を読んでみたい!そんな方は…

書籍・「新世界」
キミに必要なモノは『勇気』なんかじゃない。『情報』だ

タイトル:新世界
著者:西野亮廣
定価: 1,500円(本体1,389円+税)
発売日:2018年11月16日
判型:四六判
商品形態:単行本
ページ数:328
ISBN:9784048964371

Amazonをチェック!