桂文枝のライフワーク「創作落語の会」が8月19日(水)、なんばグランド花月で開催されるというニュースが届きました!

8カ月ぶりの開催

新型コロナウイルスの影響で創作落語 No.300は、無観客のなんばグランド花月で収録した動画での発表となっていました。

関連記事:六代 桂文枝 創作落語No.300、緊急動画配信決定!「笑って大いに免疫力を高めて」

 

その後、創作落語の会も不定期開催とはいえ、新型コロナウイルスの影響を受け、結果としてこの度8か月ぶりの開催となりました。
今回の「創作落語の会」で発表されるNo.301はタコとボラの会話をベースにした創作落語が発表される予定なのだとか!

今回は落語会を全編ワンコイン価格での配信も実施!
遠方の方には、おうちに居ながらお楽しみいただけます。

なお、今回は、桂文枝の301作目の落語に「たこ」が登場することから、当日、「たこ」のイメージカラー「赤」を、お召し物のワンポイントでも取り入れてご来場頂くと、終演後、劇場1階『吉たこ』にて「ミニたこ焼き」のプレゼントも……!

ぜひ、お楽しみに。

イベント概要

第122回創作落語の会 in なんばグランド花月

場所:なんばグランド花月
日程:8月19日(水)
時間:18:15開場 19:00開演 21:15終演予定
料金:前売り3500円 当日4000円 配信500円
出演者:桂文枝、月亭八方、桂あやめ、桂三風、桂三実
演目:
桂  三実 「薬」
桂  三風 「みんな呑んでるか⁉」
桂 あやめ 「アイの不時着?」
   ~中入り~
月亭 八方 「最終電車」
桂  文枝 「海の伝説 ~その哀しみと喜びと~」

劇場での鑑賞のご予約はこちらから!
オンラインでの鑑賞のご予約はONLINEチケットよしもとまで!


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」