ピースの又吉直樹が、4月5日(金)に行なわれたテレビ東京『新美の巨人たち』記者会見に出席。相方・綾部祐二の意外な一面を披露する一幕がありました。

2000年4月に『美の巨人たち』として放送を開始した同番組は、このたびリニューアル。貫地谷しほり、井浦新、要潤など、個性豊かなアートトラベラーが、毎回1つの作品にスポットを当て、そこに秘められた物語や謎に迫ります。ナレーションは市川実日子。テーマ曲は、ピアニストの上原ひろみが手がけています。

初回のアートトラベラーは又吉。クロード・モネの作品『睡蓮の池』が展示される香川県高松市・地中美術館に出向き、作品と対峙します。果たして又吉は何を想い、何を感じたのでしょうか?

次は自費でゴッホの絵を観に行く?

ロケの感想を尋ねられると、又吉は「気合いを入れて行ったんですけど、朝起きたら土砂降りの雨で」とまず天気の状況を振り返り、笑いを誘いました。しかし「(逆に)それも良くて。地中美術館やモネの作品の雰囲気には、雨が合っていたんじゃないかな」としみじみ振り返りました。

「小説や物語を読む際には、自分の記憶や知識をもとに、作品の背景や世界を広げていく作業をする」という又吉。今回のロケは、雨や海など、その土地の気温を感じられたのが大きかったとのことで、「毛穴が開いている状態で、作品に向き合えたのは良かった」と語りました。

その後、今後番組でやりたいことについては、オランダにあるクレラー・ミュラー美術館で展示されているフィンセント・ファン・ゴッホの作品「夜のカフェテラス」を観てみたいと素直に答える又吉。しかし、空気を読んだのか「最悪、行きの交通費くらいは自分で出します」と言い、笑わせました。

綾部もアートトラベラーに?

記者からの「芸人仲間で、アート好きの方はいらっしゃいますか? 番組にアートトラベラーとして推薦するような方がいれば教えてください」との質問には、現在アメリカに行っている綾部の名前を挙げ、「意外とアート好きで、美術館も好んで行く」と紹介。

さらに、綾部が日本にいる頃、自宅に芸人仲間を呼んで鍋パーティーをしたエピソードも明かします。後輩がある椅子に座ったところ、「それは座る椅子じゃなくて、作品だから座るな!」と厳しく注意したエピソードを暴露して、会場は爆笑に包まれました。

綾部の他には、自身の作品展を開いている野生爆弾・くっきー、佐久間一行を、アートトラベラーに推薦。2人とも個展なども行ういまや実力派「アート芸人」です。

又吉が初回に出演する『新美の巨人たち』は、テレビ東京で4月6日(土)よる10時スタートです。お見逃しなく!

『新美の巨人たち』

放送局:テレビ東京
日時:4月6日より毎週土曜日 夜10時から放送
出演者:又吉直樹、貫地谷しほり、井浦新、要潤ほか(不定期に登場)
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

【関連記事】

4/4(木)スタート!新番組「スニーカータイムズ 」RGらスニーカー芸人が愛を語る「女子の胸よりスニーカーに興奮」

チョコプラ松尾、令和元年は純烈に加入!?「激アツじゃないですか!」

ゆりやん、全国単独ツアー決定!千秋楽は地元・奈良県「スベって親に怒られないように」

和牛・水田の“いい声アピール”に、川西「うっすら仕事を取りにいってる」

ロンブー淳、千原ジュニアがレギュラーに!九州の長寿番組「ドォーモ」がリニューアル