新型コロナウイルスの影響により、学生スポーツの大会が中止を余儀なくされています。大会を目標に練習に励んできた生徒の気持ちが浮かばれない状況の中、ラクロス界を盛り上げるべく、大学生が立ち上げたプロジェクトがあります。

その名も「KEEP THE FIRE BURNING 2020」。「~ラクロスの力で、日本を元気に~」というテーマのもと、SNSや文章を投稿できるアプリ「note」を使って、全国のラクロッサーの想いを届ける活動を行っています。

今回、日本体育大学時代にラクロスに打ち込んだおばたのお兄さんが、同プロジェクトのメンバーでラクロス部の選手やマネージャーである、東海大学の鈴木くん、佐藤くん、西村さん、法政大学・吉田くん、明治学院大学・遠藤さん、千葉大学・齋藤くん、東京学芸大学・中山さんと共にオンライン対談を行いました。

小栗旬の姿で登場したおばたは、SNSでも話題となった「Nizi Project」の音楽プロデューサー・J.Y.Parkの髪型&モノマネも披露。学生たちの笑いを誘うなどして、和やかなムードで対談がスタートしました。

今回は、前回公開した記事の完全版をお送りします!

関連記事:まさかの“J.Y.Park”出現も…!? おばたのお兄さんが現役大学生の悩みに本気で回答!

 

コロナ禍でもがく大学ラクロスプレイヤーへ…おばたの想い

鈴木くん 「KEEP THE FIRE BURNING 2020」は、ラクロスの試合があるのか・ないのか先行きが不透明な状況の中でも、諦めずに努力していることを伝えることによって、ネガティブになっている人を、少しでも前向きにしていきたいというプロジェクトです。

「note」では、前を向いている全国のラクロスプレイヤーから熱量(コラム)を集めさせていただいているんですけど、おばたさんが、今だからこそ前向きに努力していることをお聞きしたいです。

おばた 芸人って、たとえば俺なら小栗旬さんのモノマネをするとか、リズムネタをするとか、自分たちが考えたネタが、正しいかどうか分からない状態で進まなきゃいけないのが辛いところ。

でも、“やり続けたらハネるかもしれない”っていう気持ちを持ち続けてやることが、すごく重要なことで。そういう点では、俺らはコロナの状況というよりも、人生において、不確かなもの・不透明なものをやり続けていかないといけない宿命なのかなって思う。

そんな中で、この環境の変化をどう捉えて、どこにベクトルを向けるかっていうのは、すごく重要だと思っていて。コロナ禍において、“自分が今やるべきことは何なのか”を考えたときに、俺はしょーもない動画をSNSに上げるのが好きだから、それを頑張ったんだよね。

ただ、俺も本気でラクロスをやっていたから言えることなんだけど、(ラクロスができない現状は)当事者しか分からないと思う。俺らがどれだけ話しても「いやお前気持ちわかんねーじゃん。大会最後までやれたじゃん」ってなるだろうし、今の学生は、悔しい思いすらできないというか……。

ラクロス部に入ったときの目標であるリーグ戦が目の前でなくなって、それでも練習に打ち込まなきゃいけない気持ちは当事者しか分からない。でも、自分の経験から思うのは、(服を見せながら)このTシャツは自分らの代のTシャツなんだけど、今でもこういうのを持ち寄って大学の同期と集まったりしていて。大人としての意思を持ってできた仲間っていうのは、一生の仲になるし、俺自身はいまでも支えられている。

ありきたりな言葉になっちゃうけど、今、一緒にやっているメンバーは、本当にかけがえのないものになるし、ラクロス引退して10年経って、心が折れそうになったときに助けてくれるのがその仲間なのね。それは揺るがないものだから大事にすべきだと思う。

4年間向き合ってきたことが重要だと思うので、最後まで駆け抜けてほしい。ここで「大会なくなったから離脱します」っていうと一生引きずるから。最後まで続けるのが偉いわけじゃないんだけど、最後まで同じ気持ちでやり抜いた仲間がいるっていうのは、自分が辛くなったときに必ず支えになるから。

鈴木くん 芸人さんたちが置かれている状況が自分たちと重なりました。今は、自分が本当にやりたいこと・正しいと思ったことに対して、環境のせいにしないで、仲間たちと助け合いながらやれる機会なんだなって、すごく刺さりました。

おばた ありがとう。俺が全然まとまっていなかったのに、君が全部まとめてくれたわ(笑)!

おばたと学生が広げる“ポジティブの輪”

おばた 逆に、君たちが“どんな気持ちでいるんだろう?”っていうのが聞きたい。だって、ラクロス部入って、毎朝早く起きてしんどい思いもして、でも目指すところは最後のリーグ戦だったわけじゃん? それがなくなって「俺だったら……」って考えたときに、やっぱり気持ちの持ちようが難しいもん。

鈴木くん (自身が在学する)東海大学のチーム理念に沿ってこの「KEEP THE FIRE BURNING 2020」はスタートしたんですけども、それがスポーツにおける3つの“カチ”なんです。「勝利の“勝”」「克己心の“克”」「バリューの“価値”」を掲げていて、それを体現することが、かけがえのない経験になるんじゃないかって。

そこで、ネガティブになっている社会の人たちの先陣を切って、前を向く手助けをすることで「克己心の“克”」「バリューの“価値”」は体現できるんじゃないかって思います。「勝利の“勝”」に関しては、試合はできないんですけど、全国のラクロスプレイヤーから、想い(文章・コラム)を集めて世の中に発信することで、自分たちだけじゃなくて、全国のラクロスプレイヤーとか、全国大会・インターハイがなくなって辛い状況にいる高校生のラクロスプレイヤーにエールを送れるんじゃないかっていう。

実際に学生には冊子も配布する予定なんですけど、そこも含めて、自分たちの考えだけで終わらず、誰かの手助けになるっていうのが、モチベーションになっているのかなって思います。

おばた 素晴らしい! もう何も言えないよ僕は! ただ、自分とちょっと重なったところがあって。コロナのときに、頑張る方向として2つあって、1つは、コロナは長引くだろうなって思って、自分は動画を上げるの好きだから、そっちで頑張ろうっていう利益的な面で考えていたことが1つ、もう1点は鈴木くんたちと一緒で、とにかく気持ちが沈む状況の中で、ちょっとでも「楽しい」とか「こんなアホいる」って思える場を作りたいなって思ったのよ。

で、毎日いろいろ発信していると、メッセージで「マジで死のうと思っていたんですけど、おばたのお兄さんの動画が生きがいになりました」「お店が潰れてしまって、目の前が真っ暗になってしまったんですけど、動き続ける姿に感銘を受けました」って声が何百件と届いて。そのときに“やっていて良かったな”って思ったのね。

今回、みんなが一歩踏み出して、俺に話を聞きたいって来て、それを発信するっていう動きは、必ず君たちが「こうなればいいな」って思う方向に向かうから。俺は経験者だから言えるんだけど、このプロジェクトで動いたっていう行動がプラスだし、そもそも動こうとした気持ちを持てたっていうのが、今後の人間性をぐっと上げることになると思う。本当に素晴らしいプロジェクトだし、ずっと感動しています。

鈴木くん 自分も(おばたの)Instagramをフォローさせてもらっているんですけど、毎日上がる動画が絶対に面白いし感動しています。

おばた プレッシャーだなぁ~(笑)。そんなことないんだけどね。

鈴木くん 勝手になんですけど、おばたさんだからこそできる方法で人々を盛り上げよう、元気づけようとしているのかな?って思っていて。自分も原動力になっています。おばたさんの考えを生で聞けて嬉しくて、自分もやって良かったと思います。

おばた ポジティブにしていると、そういう人たちと必ず歯車が合うから。逆にネガティブ思考だったり、マイナスなことを言っていたら、必ずマイナスの人と悪い歯車が合っちゃう。もちろん弱音を吐く場所も必要なんだけど、わざわざ悪いこという必要はないと思う。

自分のことで言うと、今まで1日1個でも仕事があったら、もう仕事をした気になっていたけど、サラリーマンの方は、朝から晩まで仕事をしているわけで、“じゃあ自分もそれくらいの時間、笑いと向き合ったらどんだけのものが生み出せるんだろう?”って思って、(動画アップの)トライした結果、自粛期間の2ヶ月でフォロワーが30万人増えたりとか……。ポジティブなことを考えて進んでいる人には、それなりに何かが起きるんだよね。

鈴木くん 自分たちの行動で前向きになってくれればいいなっていうのが根本にあったんですけど、そうやって“ポジティブになろう”って気づけた人から、どんどん連鎖する期待ができるのかなって、モチベーションになりました。ポジティブな輪が広がって、やがてみんながポジティブに考えられるようになれるのは、夢がありますね。

おばた 少なくとも、俺という人間一人は、みんなの行動で勇気をもらえたし“もっと頑張らなきゃな”って思わせてくれているんで、それだけで意味がある。俺もパワーをもらっているので、必ず想いは伝わると思うよ。

いまでも引きずる おばたの後悔

吉田くん 僕は、こういう期間だからこそ自分が後悔しないように、チームに何を残せるのかっていうのを考えてこのプロジェクトを始めたんですけど、社会人になってから、ラクロスをやりきった経験が生きたことはございますか?

おばた まさしく“頑張らなきゃいけないときに頑張れる人間”になっていることかな。朝早く起きて練習するって普通じゃないわけよ。みんなも、起床1時間後とかにランニングとかしているわけでしょ? 普通じゃなさすぎるからね。

団体スポーツって、すごく難しいのが熱量を合わせるところだと思うの。「俺、そんなつもりでラクロス部入ったわけじゃないんだけど」っていうやつが必ずいたりするわけで……。でも、チームで「日本一になる」って目標を立てれば、同じ気持ちになって努力してくれるわけじゃん。それって団体スポーツの強みだと思う。

就職が有利になるわけでもない、お金がもらえるわけでもないのに頑張るっていうのは、当たり前のようで、全然当たり前のことじゃなくて、“特別なことをやっている”っていうのは、ひとつ自信にしたほうがいいと思う。もちろん、部活もやらずに遊んでいるやつを見下すってことではなくて。その特別感は自分に対して思ってあげてほしい。“おごり”じゃなくて“自信”にしてほしいです。

西村さん 私たちのチームは目標が日本一だったんですけど、全国大会がなくなってしまって、いまの時点では目指せなくなってしまいました。今年は来年の日本一を目指すために「みんなで力を合わせていこう」と前を向いているんですけど、でも、大学生活が終わったときに後悔するかもしれないって考えたりもしています。おばたさんが4年間で後悔していることはありますか?

おばた ぼく、ゴーリー(ゴールを守るポジション)だったんだけど、シュート練習のときに、体バコバコ当たると、痛いし、めちゃめちゃ心折れるのよ。当時の俺は「いてぇー!」って感じを表に出しちゃっていて、後輩にも「その距離でそのスピードのシュート……ちゃんと狙えるようになってから打てよ」って注意をしちゃっていて。でも、そんなこと言っちゃったらさ、そいつの可能性を潰してしまうわけじゃん。そんなこと言うなら「じゃあやんなよ」って話だし、もっと他のやり方があったんじゃないかなってすごく後悔していて。

アタッカーが自主練でシュート練習するときとかも、嫌だから端っこでスローの練習をすると見せかけてサボっていたというか。ゴールに入りたくないから、スローの練習していたのね。最後の試合「10-11」で負けたんだけど、その時に股を抜かれたゴールがあって、自分の中では止められたシュートだったのよ。多分練習でネガティブな要素があったから、そういうのが試合に出ちゃったのかなってすぐに結びついたのね。試合での後悔ってすごく覚えているわけよ。でも、“後悔するのもおこがましかった”っていう要素がある自体、自分が弱かったのかなって思う。

鈴木くん 日々の積み重ねが、じつは試合中にある一瞬の後悔につながっているんですね……。

おばた 君、さっきから(まとめ)完璧じゃん! そういうことよ(笑)!

おばたの中にある“オリラジ中田イズム”

佐藤くん この中のメンバーは、チームに戻ったときに中心になって話すことが多いんですけど、コロナ時期、画面越しの会話しかできないこともあって、なかなか熱量を伝えるのが難しいと感じています。おばたさんが、話を伝えるときに工夫していることがあったら教えてほしいです。

おばた 僕、RADIO FISHの『PERFECT HUMAN』が当たる前の1年間、オリエンタルラジオの中田(敦彦)さんにベタづきだったのね。中田さんって『PERFECT HUMAN』が当たるまでの道筋を作っていて、マジでそれ通りに進んでいったの。だから俺にも中田イズムが少し入っているんだけど、中田さんが話をするときに意識していることって、頭で重要なこと言っておいて、本筋で膨らませてからまた最終的に冒頭に戻すっていう手法なのね。

綺麗に話すんだったら中田さんみたいに構築して話せばいいけど、学生さんとか若い人たちって、思っていることをうまく話さなくていいから、とにかく、“気持ちを言葉にして話す”っていうのが一番いいと思うんだよね。今でいうと、俺が話したことを鈴木くんがまとめてくれているじゃない。こうやって誰かが感じ取ったことをまとめてくれるので、本当に思っている本音の部分をしっかり言うのが、熱量が伝わるポイントになると思う。辛かったら「じつは俺辛くて」から入ったらいいと思うし、自分の感情の根本を最初にいうのが一番いいと思いますね。その方が嘘なく伝わると思う。

佐藤くん 綺麗な言葉でまとめることが多くて、感情的な部分は伝えられない部分があったので、ちょっと工夫して伝えたいと思います。

おばた 事前に「感情的な部分を話そうよ。それを誰かがまとめたらよくない?」って共有しておくといいよ。みんなで汲み取りあって、ひとつの方向に持っていこうって共有しておけば、話が下手だろうが上手かろうが、その人の感情が伝わると思う。

遠藤さん おばたさんと同期だった先輩プレイヤーに相談させていただくことがあるんですが、今でもおばたさんと連絡を取り合っているって話を聞いていて、“絆が深いな”って思うんですけど、私たちもおばたさんたちのような関係になれるのかな? って思うことがあります。チーム内の仲はすごくいいんですけど、コロナの話になると、対立してしまう部分があって……。繋ぎとめられるものってあるのかな? って。

おばた もちろん俺らもプレーの中で言い合いとかはあったけど、だからこそ繋がっているのかなとも思う。学生のときは、本当によく会っていたし、ラクロスの話もたくさんした。1年で350日くらい一緒にいたので、それを今から構築するのは難しいけど、でも、みんなは特別なことをしている自信は持ってよくて「ポジティブなことをしているよね」って共有したほうが絆は生まれると思う。

イチローさんの言葉でも、“努力をしているな”って思っている時点でまだ甘いと。自分は普通のことをしているのに、周りから「すごい努力しているね」って言われることをやっていれば、ひとつレベルが上がるというニュアンスのことを言っていて。俺も自粛期間に周りから「毎日動画上げてすごいよね」って言われるけど、でも自分としては普通にやっていることで。これが、ひとつレベルが上がっているのかなって思ったのね。

それでいうと、みんな4年間、朝練して、ミーティングして、「学生時代一番時間を費やしたことは何ですか?」って聞かれたときに「ラクロス」って即答できることをしているわけじゃん。それって特別だから。それを共有した仲間なので、繋ぎとめるものと言ったら、その4年間だと思う。

鈴木くん もしおばたさんが今の状況でラクロスをしていたら、どうなっていたと思いますか?

おばた 当時の俺だったら、気持ち的に強くないから「引退でよくね?」ってなっていたかもしれない。でも、大学の4年間は、いまだに鮮明に思い出されることばかりだし、最後までやりきった達成感があるので、今の脳みそのままだったらやりきると思う。もし辞めるような人間だったら、この先辛い状況でも「頑張る必要ないか」ってなる人間になったのかなって。できたら最後までやりきるのが理想だよね。

日本の大学って、人生の夏休みって言われるくらい勉強しない学生が多いけど、そこを頑張って4年間やり続けた人って社会に出たらめちゃくちゃ強いのよ。みんなには、やり遂げて欲しいなって思うけどね。この期間は、自分が窮地に立たされたとき、対応できるようになる準備期間だと思う。

J.Y.Parkでメンバーを和ませる!?

中山さん 私はマネージャーで、キャプテンをサポートしたり、チーム全体をまとめる役割にいて、事務的なことも進めていく立場なんですけど、学校のほうで部活動は禁止されていて、リーグ戦の参加ができない可能性もあります。同期も後輩たちも落ち込んで、かける言葉が見当たらなくて……。今、話し合うこともたくさんあるんですけど、それ以上にみんなを笑顔にしたい気持ちがあります。もし、いま、おばたさんが同じような状況になったときに、どうチームを和ませたのかなって。アイディアがいただけたら嬉しいです。

おばた (カツラを脱いで)J.Y.Parkですね。

一同爆笑

おばた でも元気づけるでいうと、OBの方に連絡して「4年間続けてよかったこと」を聞くといいと思う。もちろん優勝経験者の方に話を聞くのもいいんだけど、たとえば“3部とかで勝てなかったけど4年間頑張った”っていう方の意見も刺さる気がするんだよね。言い方が難しいんだけど、日本一を目指せない中で「負けても負けても頑張ったことが、いまどう生かされているんだろう」っていうお話は、すごくためになるというか。そういう方々のほうが「4年間頑張って良かったことはこうだよ」って伝えてくださったときの説得力があると思うな。

齋藤くん 去年1部から2部に落ちてしまったんですけど、僕たちの代(当時3年生)が何人か入れ替え戦に出ていて、“自分たちが落としてしまった”っていう想いを持っているメンバーが多くいます。今年のチーム目標が1部昇格だったんですけど、それができなくなったら「何を目標にすればいいのか分からない」ってメンバーもいて……。そういう人に対してどうアプローチをしたらいいのか悩んでいます。

おばた チームを1部にあげるって目標があるんだったら今年に限らず、継続されると思う。1部に上がるようなチームの構築をすればいいと思うな。

齋藤くん 僕はそれをモチベーションにしているんですけど、“去年俺が落としちゃったから、俺の手で上げさせたい”って思っているメンバーが多くて。そういうのはどうすればいいのかなって考えています。

おばた なるほど。ある種考えすぎなのかもしれないよね。だって(フィールドプレイヤーの)10人全員が当時の3年生だったわけじゃないでしょ? さっき話した大学時代に股を抜かれて「俺が止めておけば」って思った話も、たぶんアタックのやつは「俺があそこで決めておけば」って思っているだろうし、メンバーそれぞれがいろんなことを悔やんでいると思うから、そんなに追い込む必要はないよ。誰のせいでとかじゃなくて、チーム力が足りなかったというか。

確かに、メンバーの核が当時の3年生だったから、そう思ってしまうのかもしれないけど「1部に上がるようなチームの構築を俺らがやろう」って話し合いができているんなら、それがすべてだと思うんだけどね。「あの4年生たちってコロナの状況でも、1部に上がるために最後まで動いてくれたよな」っていう姿は後輩たちに伝わると思う。“自分たちのせいで2部に落ちた”っていう気持ちを成仏させるのは、最後まで“1部にチームを昇格させたい”っていう気持ちを持って、その姿勢を後輩たちに見せることなんじゃないかな。

編集部 ここでお時間となります。最後にラクロスに打ち込むプレイヤーたちにメッセージをお願いします。

おばた 大学4年間、勝った負けたっていう結果よりも、毎朝早く起きて、トレーニングして辛いことをやりきったっていうのが、今の自分の支えになっています。芸人になって、売れるかどうかもわからない、不確かなものをやり続けられたのは、大学4年間の毎日の頑張りが支えになっているから。いま、頑張ること自体に疑問を持っている人も、いずれ自分が辛くなったりとか、心が折れそうになった時の支えになるので、前を向いてほしいなと思います。

関連記事:「また仕事したいってなる」おばたのお兄さんが“できる社員”な理由【ルミネ通信 vol.24】

「KEEP THE FIRE BURNING 2020」

URL:https://note.com/2020project