お笑いコンビのアインシュタイン、ミルクボーイ、見取り図、そして吉本新喜劇の酒井藍座長の顔がそれぞれ描かれたアートラテが、7月22日(水)に販売スタートとなりました。その名も「笑ラッテ(ワラッテ)」。吉本興業とタリーズが初めてコラボレーションした店舗「花のれんタリーズコーヒー なんばグランド花月店」(大阪市中央区)限定での販売です。

 

駒場も驚いたラテアートの出来栄え

発売初日のこの日は、ラテにも描かれているミルクボーイの2人と酒井が同店に駆けつけて商品をPRしました。

それぞれの表情が泡の上にリアルにプリントされた「笑ラッテ」を見た3人は、「まさかラテになるとは」(酒井)、「こんなにきれいにできるんですね……!」(ミルクボーイ・駒場孝)と感激した様子。「角刈りがラテアートになるのは初めてでは!?」と声を弾ませていた相方のミルクボーイ・内海崇は、酒井のラテアートが角刈りひげ面のおっさんキャラクター「藍五郎」であることに気づき、「ここでかぶる?」と驚きを隠せません。

 

 

「笑ラッテ」には、タリーズ初のデジタルアートラテの技術が使われています。ラテの泡に描かれる“アート”は、コーヒー由来の食用インクで直接プリント。マシーンにカップを載せてボタンを押すとデータがプリントされる仕組みで、わずか10~20秒で完成します。駒場も驚いたリアルな図柄は、このデジタルアートラテならではのものです。

続いて味見をした3人は、「むちゃくちゃおいしいです」と大喜び。「最後までラテアートが崩れることなく残ってますよね。それがすごい」と素直に感動する駒場に対し、内海は、購入者が相方と自分のどちらから先に飲むのかが気になるとか。「これは頼むときは、『笑ラッテのミルクボーイをください』と言うんですよね? 僕一人というわけにはいかないんですよね?」と“ソロ活動”もリクエストしていました。

一方、酒井は「藍五郎の頭の部分だけちょろっと飲んだら島田一の介師匠みたいになるので、おもしろい」と新たな楽しみ方を提案しました。

 

 

今回、参加できなかったアインシュタインと見取り図はビデオメッセージで登場。アインシュタイン・河井ゆずるが「おいしいし、写真映えしますよね」と言うと、相方の稲田直樹は「僕の顔が載っているものは誰も飲みたくないやろ~ハハハ!(笑)」と思わず謙遜。

見取り図・リリーは「僕の隣に描かれているのは南国のお土産ですか?」と、さっそく相方の盛山晋太郎をイジります。そんな盛山は「夏にぴったり、写真に撮ってSNSに載せてください」と呼びかけました。

 

コンテストやコラボ企画も

SNS上では、購入者がラテアートを写真に撮って、「#笑ラッテ〇〇(描かれた芸人の名前)」のタグをつけて投稿した数を競う「第1回笑ラッテ飲んでタグって大賞」が、8月22日(土)まで開催されます。

1位の芸人には、花のれんタリーズカード1万円分×10枚の計10万円分を贈呈。副賞として「花のれんジャック」と題し、「花のれん」の店舗でイベント開催できる権利が贈られます。それを聞いた内海は、「アインシュタイン、見取り図、藍五郎(酒井藍)、俺らやな」と控えめな順位予想を発表しつつ、「1位を狙っていきます!」と気合を入れました。

さらに、なんばグランド花月の1階にオープンした吉本芸人が焼くたこ焼き屋「吉たこ」と、ネットバラエティー番組「ろくでなしミトリズ」(大阪チャンネルなど)から飛び出した「ろくでなし工業高校模擬店」とのコラボも決定しています。「笑ラッテ」購入レシートを各店に持参すると、「吉たこ」ではたこ焼き増量に、「ろくでなし工業高校模擬店」ではドリンクのトッピングが1つ無料になります。

関連記事:「ほんまにおいしい」ミキも絶賛!吉本芸人が作るたこ焼き屋がNGKにオープン

 

昨年末の「M-1グランプリ」優勝で、いまや引っ張りだこのミルクボーイ。自身がラテアートになったことについて、内海はこう言います。

「こういうことは売れている芸人さんがやるので、1年前の夏には想像もつかないですよね。お話を聞いた時、『ほんまですか?』って聞きなおしました。アニメのような感じのラテアートと思っていたので、実写と聞いて不安でしたが(笑)。できあがりはかわいくて、再現度が高いです」

駒場も「僕たちはステッカーとか公式グッズがなかったので、うれしい」と笑顔を見せ、「僕はボディビルもやっているのですが、肌の色も同じです!」とその“完成度”を称えました。

くしくも発売初日は、政府の観光支援策「GO TOトラベル」のスタート日。新型コロナウイルスの影響で、まだまだ全国的に自粛ムードが広がりますが、内海は「僕らはM-1で優勝してから、全国から劇場に観に来てもらえるようになったので、ぜひまた『花のれん』にも来ていただきたいです」とアピール。ただ1点、注文があるそうで「僕たちのファンは年齢層が高くて……。50代、60代、70代の方を中心にやらせてもらっているので、温かいお茶とかも出してほしいです(笑)」。

吉本新喜劇も17日から約4カ月半ぶりに再開したばかり。まさに「笑ラッテ」発売当日の22日から出演が始まる酒井は、「『劇場+花のれんに来てー!!』と、まだ大きな声では言いづらいですが、ぜひいろんな人に買ってほしいです!」と呼びかけました。

 

 

商品概要

笑ラッテ(ワラッテ)
価格:580 円+税

花のれんタリーズなんばグランド花月店(大阪市中央区難波千日前11-6)で7月22日(水)から販売開始