©マキノ出版

医者・芸人・アイドルとして活動する、しゅんしゅんクリニックPの初の単行本『しゅんPの病院あるある』が発売されるというニュースが届きました!

医療従事者に笑いとエールを

『しゅんPの病院あるある』では、医者のあるあるを歌とダンスにのせて披露する、しゅんPの代表ネタ「ヘイヘイドクター」の人気あるあるや「ナースあるある」、さらに、薬剤師、放射線技師、理学療法士、管理栄養士、医療事務など、病院で働く人たちの声を参考に考案した「医療従事者あるある」を含めた計170ネタをオールカラーで収録。
医者と芸人、両方の顔をもつしゅんPならではの切り口に医療従事者は爆笑必至!
それ以外のかたも、医療に携わる人たちをグッと身近に感じられる楽しい一冊に仕上がっています。

©マキノ出版

医大生がデートの時に見ているのは〇〇?

「憧れのキャンパスライフと現実は大違い!?」や「医大生ってどんなデートをするの?」など、医療従事者のあるあるを多数掲載!
キュートなイラストが面白さを倍増させます。

©マキノ出版

あるあるネタ以外にも書籍用に書き下ろしたコラム「しゅんP式 医学部受験勉強法」、「医学部の授業と実習」、「医学部の恋愛事情」も収載。
さらに、紙面でしゅんPがリアルに踊る「ヘイヘイドクター」のパラパラ漫画風写真つきと、ボリューム満点の内容です!

医療従事者たちの苦悩や喜び、そして誇りが詰まったあるある集を、ぜひご覧ください!

書籍情報

しゅんPの病院あるある

©マキノ出版

著者:しゅんしゅんクリニックP
発売日:9月8日
ページ:160ページ(オールカラー)
仕様:B6判 並製
出版社:マキノ出版

著者紹介


しゅんしゅんクリニックP(しゅんしゅんくりにっくぴー)
吉本興業所属のお笑いタレント兼医師。アイドルグループ「吉本坂46」メンバー。
1983年7月2日生まれ。群馬県前橋市出身。
2008年、群馬大学医学部医学科卒業。NSC東京16期卒業。2011年、漫才コンビ「フレミング」を結成し、舞台を中心に活動するも2016年に解散。ピン芸人に転向後、医者あるあるをダンスミュージックにのせて激しいダンスを踊る「ヘイヘイドクター」が、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)で注目を集めてブレイク。
以降、テレビや舞台、YouTubeをはじめ、学園祭や医学学会にも多数出演するなど、幅広い活動を行う一方、芸人活動の傍ら、都内近郊のクリニックで外来(内科)を担当するなど、臨床現場にも精力的に携わり続けています。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?