毎年8月8日、大阪・なんばグランド花月での開催が恒例となっている『桂文珍独演会』。今年も例年通りの開催が決定したことを受け、7月20日(月)、会場となるなんばグランド花月にて概要発表会見が行なわれました。

新型コロナウイルス感染症予防対策下で実施された会見では、話題は多岐に渡り、独演会への意気込みから、自粛期間中の過ごし方まで語られました。

関連記事:なんばグランド花月が公演再開!桂文枝ら師匠4人が意気込み「やっとここまで来た」

 

フェイスシールド装着の文珍が登場

劇場に出囃子が流れると、フェイスシールドを装着した文珍が登場。「毎年恒例で今年38年目、早いですな」と公演を振り返り、「今年もやることになりました。まあそんなとこですね」とリラックスした笑顔を見せます。そして「高座の格好をさせていただいているのは、私の日常がこれなんですというようなことで、この形で会見をさせていただいています」と説明しました。

今回の演目については「ネタはどうしようかなと思って、まだ考えております」と一言。恒例のゲストについても「考えているところです」とまだ決まっていないことを明かしました。

その理由として、「(現在は)フレキシブルに、柳に風のように対応しないといけない時代」であることから、「そういう時代ならそういうやり方がええんやろ」と思っていると明かします。また、長い歴史をもつ落語は「いろんな流行病などを乗り越えてきた、たくましくしたたかに生き延びてきた芸能だと思う」と話し、「落語は脳内エンターテイメント」と明言。それを引き継ぐ者として、後世の人に伝えていく一翼を担えればと熱い想いを語りました。

88歳までは独演会を続ける!

今後については「独演会をあと少なくとも20年はやりたいな」と笑ったあと、88歳くらいまでは続けたいと宣言。落語のおもしろさを共有できることがライブの良さであり、「そういう気持ちがお互いに寄り添って、エンターテイメントは出来上がっていくと思っております」と語りました。

そして昨今の状況を踏まえ、「NGK(なんばグランド花月)は対策をしっかりしていますので、皆さま方には安心してお越しいただけると思っております」と力説。「何をやるかもゲストもまだ決めていないし、ひょっとしたら私も出ないかもしれませんが」と笑いを誘いつつ、「そのくらいのトーンで、皆さんと笑いを共有しながら、落語の楽しさを生で、劇場で楽しんでいただければ」と力を込めました。

自粛期間の稽古相手はまさかの…

質疑応答では、今年行なった50周年公演について質問が。「自分のなかでは50年経った意識はなく、毎日毎日の積み重ねが50年経っていたというだけのこと」とその心境を明かします。

また、現在の状況に最初は落ち込んでいたものの、稽古をしなければと思い立ち「壁に向かってても頼りないんで、お客さんの代わりにぬいぐるみを並べてやってたんですわ。あいつら笑わへんからだんだん腹立ってきてね」とこの時期ならではの思いがけない稽古方法を告白。「人間おもしろいもので順応性があるというか、だんだんそういう日常に慣れていくというか……したたかに生きないといかん」と思いを新たにしたことを明かしました。

料理を始めて気がついたことは?

そして今回の自粛期間に、料理も始めたと告白。落語とよく似ていることに気づいたそうで、「あの素材とあの素材を加えたら、こんなになる。料理はクリエイティブやとようわかった」とその奥深さに感心した様子。さらに「いろいろなものを加えすぎてアカンようになったり、素材の良さをどう引き出すかとか、食器も片付けてそれで料理が終わる、とかもわかりまして」と様々な気づきがあったことを明かし、「だんだん自分が主婦に、おばさんになりつつあるな」とオチをつけて会場の笑いを誘います。

最後に芸歴51年目の目標を聞かれると、「“長生きも芸のうち”って言うし、いくつまでできるかわかりませんけど」と前置きしたうえで、「落語のおもしろさを日本中、いろんなところで一緒に楽しみましょう、というのをずっと続けていたい」と夢を語りました。

そして「仏教の世界では、“精神とか体とか、しゃべることとか、その3つを大切にしましょう”っていうことらしいので、健康、心も含め、おしゃべりすることもしっかりとやっていきたいと思っております」と締めくくります。

芸歴50周年を迎え、ますますその芸に磨きがかかるとともに、自粛期間でパワーアップした様子が垣間見えました。

吉例88 第三十八回 桂文珍独演会

©吉本興業

日時:2020年8月8日(土) 17:45開場/18:30開演

会場:なんばグランド花月

料金:前売・当日とも¥4,500(全席指定)

※未就学児入場不可
※場内飲食不可

◆7月15日(水)よりチケット販売がスタート

公演やチケットの詳細はこちらから!


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
かまいたち山内がブチギレ!? 【Sponsored】