7月15日(水)、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)がMCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS)が放送されました。

芸能人・有名人たちが自分だけが信じる“説”を独自の目線でプレゼンし、VTRやトークで検証する同番組。今回は品川庄司・庄司智春をプレゼンターに迎え、『SNS上のリレー 最後うやむやになる説』が行なわれました。

関連記事:ダウンタウン松本、「水ダウ」1分半のとある“説”検証結果に「しょーもな!」

 

菅田将暉も参戦した“ギャグ”リレーが話題に

新型コロナウイルスの影響でステイホームが続く中、SNSでの“〇〇リレー”が芸能界を中心に流行。このリレーの発端こそ、3月27日(金)、庄司がスタートさせた“ギャグリレー”であり、後追いで様々なリレーが増えたと言います。

ラフマガでも当時、発起人である庄司にインタビューを実施。“ギャグリレー”に対する様々な想いや、スタートのきっかけについて話を聞きました。

関連記事:【独占取材】菅田将暉も参戦した『ギャグつなぎ』発起人・庄司智春インタビュー「指名された芸人の心境も動画に映る」

 

そんな開始から3か月以上を経たギャグリレーを、今回番組独自で検証することに。

VTRでは、まずリレーの1発目である庄司のギャグが披露されます。ギャグを見た浜田は「なるほどね」とポツリ。庄司はすかさず「“なるほどね”はやめてください! それだったら突き放してください」とツッコミを入れます。

その後は、ペナルティ・ワッキー、小島よしおなど人気芸人にリレーがわたり、初日で13人目に到達。順調に繋いでいくも、2日目からは普段ギャグを行なわない芸人にもわたりはじめます。その例として相席スタート・山添寛のギャグが流れると、スタジオゲストの野性爆弾・くっきー!は苦笑いを浮かべながら「なんでしっかり使うん? やめたって」とツッコミを入れ、スタジオを笑わせました。

その後も投稿ペースは衰えることなく、吉本芸人がリレーを繋いでいきます。そんな中、令和喜多みな実・野村尚平が菅田将暉にバトンを託しました。菅田も芸人の心意気に賛同し、ギャグを披露。これにより世間での認知度も向上し、最終的に“10万いいね”を獲得する流れとなり、これにはダウンタウンの2人も感心していました。

関連記事:ダルビッシュも参加!? 「#ギャグつなぎ」庄司発のTwitterリレー企画が話題

 

リレーの最後は発起人・庄司自らが幕引き

菅田から再び芸人にバトンがわたり次々と繋いでいく中、東野幸治に指名が。東野はなんと、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)の人気キャラクターである放課後電磁波クラブ・S極として登場します。

関連記事:ごっつファン大歓喜!東野の“S極”復活にコメント殺到「元気出た」「衝撃」

 

浜田は「よう(衣装を)持ってたな」と言いつつ、東野のギャグを見て笑顔に。その後、バトンはレイザーラモンRGや椿鬼奴らへと繋がれていきました。

その後も1日平均5人ペースで進行するも、5月23日(土)、グレープカンパニーに所属するピン芸人・お見送り芸人しんいちでストップ。ここから最終的に発起人である庄司に回され、リレーは終結しました。

このほか、庄司のギャグリレーの後追いでできたリレーの数々を紹介。テーマが変わったり、数人でストップしたりと様々なリレーがある中、見取り図・盛山は自身に回ってきたリレーをすべてエミネムに投げていたことが発覚。この事実にスタジオは大爆笑となっていました。

『水曜日のダウンタウン』

毎週水曜よる10時~
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/suiyobinodowntown/

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?