吉本新喜劇座長のすっちーと酒井藍が、3月30日(土)、大阪・天王寺にて開催された『吉本新喜劇60周年公式スペシャルブック~誰でもわかる、あほほど笑える100ページ~』の発売記念イベントに出席。公式スペシャルブックを購入したファンとの交流を楽しみました。

公式スペシャルブックでは、4人の座長(小籔千豊、川畑泰史、すっちー、酒井藍)の集合写真が掲載された通常版のほか、初回限定で、座長が1人ずつ表紙を飾るソロ表紙版が販売されます。

すっちー「4座長はとっても仲良し」と笑顔

会場に登場するなり、「すっちー!」「藍ちゃーん!」と歓声が飛び交い、国民的アイドルのような熱烈な歓迎を受ける2人。まず公式ブックの感想を聞かれると「立派な本だなーという感じですよね」と率直に述べると、続けて2人が気になってる表紙の話題に。

「この表紙、どこで撮っとんねん。他なかったんか? 急いどったんか?」とすっちーがツッコみ、酒井は大爆笑。この4座長が一緒に写る表紙は、「なんばグランド花月」のソデにある倉庫で撮影したんだとか。

さらに2人は、酒井が中腰の姿勢になっていることも気になるよう。これは「しゃがんで」と指示され、酒井が腰を落とそうとした瞬間に撮影されたという裏話を明かしました。

「何でこの写真なんやろ?」とぼやきつつも、「今4座長がとっても仲良くて。その雰囲気が良く出てる写真や」と表紙の写真に満足げ。そして「よく見たら川畑兄さん、股間触ってるみたい」と言い、会場からは大爆笑が起こりました。あれこれ言いつつも、この一枚をとても気に入っているようです。

「藍ちゃんかわいい!」の声に酒井「ホンマに見えとんか?」

ここですっちーが、座長たちの特集ページのひとつである、酒井の一週間コーディネートを紹介した「酒井藍のSTYLEBOOK」について、酒井が企画に難色を示していたことを明かします。

すっちーが、とあるページの写真を指差して「この藍ちゃんメッチャかわいい」と言うと、酒井は「ホンマ?」と疑いながらもニヤニヤ。嬉しさを隠しきれないようです。

そして会場に向けてそのページを見せると、観客からも口々に「かわいい!」と歓声が上がります。

酒井が「ホンマに~?」と言うと、観客は「めっちゃかわいい」と返しますが、「でも、見えとんか? そんなとこから」と酒井がツッコむと大爆笑が起こります。

すっちーが「みなさん、マサイ族くらいの視力ありますから」「6.0くらいありますから」と会場のファンを巻き込み、さらに盛り上がりました。

すち子の秘密は見せたらアカンと思ってたけど…

お次は、酒井がすっちーの特集ページ「すち子の秘密」に触れます。おっさんの姿から、メイクや衣装で“すち子”へと変わっていく様子など、新喜劇の舞台裏が載っていますが、「本当は、こんなん見せたらアカンのかなって」と心境を語るすっちー。

しかし、「IKKOさんが出ているテレビ番組を観ていて、和服で綺麗にきめてるけど、顔が完全にオッサンの状態やなって。それを見て大丈夫やと思った」と、開き直ったそう。

定番キャラ・すち子のメイクはすっかり慣れたらしく、今では鏡を見ずにノールックでホクロを書き、素早く変身できるようになったと自慢していました。

すち子・藍五郎・Mr.オクレのお面は「切り札」に使える

特別付録は、すち子・藍五郎(酒井藍)・Mr.オクレのお面です。口を半開きに開けたすち子のお面は、相手に指をさして「なに撮ってんだよ」と言うときの表情だとか。

Mr.オクレのお面は、“30分くらい、自分の自転車を探してるときの顔”、酒井藍の持ちキャラ・藍五郎のお面は、“今日の晩は「おでんやで」と言うハッピーの顔”だそうです。

お面の使い道について聞かれると、「3つあるから、毎日違うお面をつけて欲しい」と酒井。「“お面はお祭りのときに着けるもの”という概念は取っ払って、日常的に使って下さい。日焼け防止にもなるので通勤通学に便利です」と大真面目な顔でごり押しします。

また、人とのコミュニケーションが苦手な方には「大きな賭けとしても使える」と酒井。

「例えば、仕事や学校での休憩時間にそっとお面を着けておけば、それをキッカケに仲良くなれるか、もしくは2度と話しかけてもらえないか。他にも、上司に怒られてる最中に『すみませんでした』とお面をつければ、許してもらえるか、逆にどつかれるかのどっちかになります。大きい賭けをする際に、最適です」と謎の持論を展開し、太鼓判を押しました。

小籔千豊の1万字インタビューにすっちー「震えた」

さらに話題は、他の座長の特集ページに。「小籔千豊の1万字インタビューは読みましたか?」との質問に対して「じっくり読みました」とすっちー。それに対し、「パッと開いたとき、字が多いなって」と挫折した酒井は、帰ったらすぐ読みますと反省顔です。

続けて、すっちーが「このインタビューに書いてあったんですけど……」と、新喜劇で富山県に行ったときのエピソードを語り始めます。

そこには、「富山ブラック(ラーメン)食べに行けるかも」と楽屋で騒いでる座員を見た小籔が、「普通に富山に来れてると思うなよ!と大きな声を出しそうになりました(笑)」と書かれていたそうで、「あの(騒いでるメンバーの)なかに、私もいたんです」「ぶるぶると震えた」と心境を明かしました。

「今の若手は、何でも当たり前のように思っちゃってる」と小籔への尊敬の念を見せるすっちーの姿に、酒井は「このすち兄さんの話で内容が分かったので、もう読みません」と宣言し、大爆笑をさらいました。

そんなスペシャルな内容がたくさん詰まった「吉本新喜劇60周年公式スペシャルブック~誰でもわかる、あほほど笑える100ページ~」は、全国の書店にて絶賛発売中。ぜひご覧ください!

吉本新喜劇60周年公式スペシャルブック~誰でもわかる、あほほど笑える100ページ~

発売日:2019年3月26日(火)
定価:本体1500円+税
体裁:A4判オールカラー100ページ
※通常版のほかに、座長が一人ずつ表紙を飾る小籔表紙版、川畑表紙版、すっちー表紙版、酒井表紙版を、初回限定でツアー会場や劇場等で販売予定。(表紙以外の内容は同じです)

【目次(内容紹介)】
・4座長座談会
・吉本新喜劇入門
・大槻位賞 裏方として共に歩んだ60年
・ドリルで学ぼう!吉本新喜劇ギャグ
・小籔千豊1万字インタビュー
・大解剖!!すち子の秘密
・酒井藍のSTYLEBOOK
・川畑泰史のなんば常連メシ
・吉本新喜劇60年の歴史
・間寛平×池乃めだかレジェンド対談
・47都道府県住みます芸人ご当地グルメガイド
・小籔が解説!ロックバンド吉本新喜劇ィズ
・全112名掲載!爆笑エピソード&名言が満載!

【特別付録】
・あほほど笑えるぬりえ

【特別付録】すち子&藍五郎&Mr.オクレのおめん

Amazonストアをチェック!