チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)が4月1日(月)、東京お台場・大江戸温泉物語『足湯庭園~おもてなしの庭~』プレスレセプションに出席しました。

同施設は、国内初の温泉テーマパーク。今回、ロンドンで開催された『チェルシー・フラワーショー2018』でダブル受賞に輝いた庭園デザイナー・石原和幸とコラボレーションし、足湯エリアが改装されました。

同日にオープンすることを記念して行なわれたイベントには、チョコプラのほかにも、吉本坂46に所属する三秋里歩、高野祐衣、“スーパー銭湯アイドル”の純烈(酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太)が出席。

MCはタケトと藤川奈々が務めました。

“温泉芸人”として初仕事に大喜び!

大江戸温泉物語の利用についてたずねられた長田は「すぐ来ます」と回答。日本語として成り立っていない!とツッコまれると、「近くにフジテレビがあるので、収録でスベり散らかした時に“すぐ来ます”」と説明し、笑わせました。

松尾は、神奈川県箱根町出身ということもあり「通っていた小学校が“温泉小学校”で、授業にお風呂があった」と振り返ります。これまでもアピールしていたものの、なかなか機会に恵まれなかったそうで「初めて温泉がらみの仕事が来た」と喜びました。

“実家が貧乏”というエピソードが豊富な三秋は、「お風呂が外にあって、ナメクジとかアメンボが浮いていた」と回顧。「こちらには(イベントの演出で)お花が浮いていて、“こんなに美しいお風呂があるんだ”って」と驚きます。

高野は、「提灯もあって、ライトアップされるとキレイだと思う。夜に来たいですね」と感想を語りました。

また、“温泉・銭湯”を主戦場としている男性アイドル・純烈が、パフォーマンスを披露する一幕も!

報道陣をお客様代わりに握手をしてまわるなど、サービス精神旺盛な4人でした。

純烈メンバーからの誘いに松尾は…

イベント終了後の囲み取材は、足湯に入りながら行なうことに。改めて、松尾が温泉小学校出身であることに驚いた酒井は「筋金入り。スーパー銭湯アイドルになる資格がある」と松尾をメンバーに誘います。

突然の勧誘に「まさかの新メンバーですか! 激アツじゃないですか!」と言い、コンビとの掛け持ちを視野に入れるとコメント。最近、よく純烈と仕事をしていることもあり「ファンになっちゃっているので、(メンバーに)入れたらこんなに良いことはない」と歓喜します。

歌は苦手なため、長田に歌わせて、自分はダンスを担当すると松尾。レゲエダンスが得意であると明かされると、2組の武器を掛け合わせて“ムードレゲエ”という新しいジャンルが爆誕します。この日は新元号の「令和」が発表されたこともあり、新元号が施行される5月から、“『純烈プラネット』として始動する”という妄想話で盛り上がりました。

チョコレートプラネットらが大絶賛した『足湯庭園~おもてなしの庭~』は、大江戸温泉物語でお楽しみいただけます。ぜひ、足を運んでみてください!

大江戸温泉物語

住所:東京都江東区青海2丁目6番3号
詳しくは、公式サイト:https://daiba.ooedoonsen.jp/をご確認ください。