7月2日(木)、雨上がり決死隊・蛍原徹がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日)が放送されました。

今回はオードリー・若林正恭の持ち込み企画『小物MC芸人』。麒麟・川島明、千鳥・ノブ、バイきんぐ・小峠英二、バカリズムら、「若干ナメられていることが多い」と訴える“小物MC芸人”が出演しました。

ノブコブ吉村のバラエティ能力

“(番組に)アイツがいて助かった”というテーマでは、ゲスト4人が平成ノブシコブシ・吉村崇を選出。若林は、小物MCの場合、番組中に「〇〇のコーナー!」と叫んでも「誰も拍手をしてくれない」と言います。しかし、吉村は「必ず“よいしょー!”、“若様!”って言ってくれる」と明かし、存在の重要性を説いていました。

また、川島が吉村について「盛り上げてくれるし、喧嘩もしてくれる特攻隊長」と例えると、ノブも「(絡めば)オープニングでひと笑いがある(楽な気持ちで次に行ける)」と絶賛しました。

そんな中、バカリズムのフリップには「ツッコミの人(ノンスタ井上さんを除く)」という文字が。

NON STYLE・井上裕介について、バカリズムは「ツッコんでくれるし、裏回し(立場がMCではないものの、司会のような役割を担ってくれる人)もしてくれるからありがたいんだけども、たまに“表回し”ともとれる振る舞いをしてくる。司会のマイクを奪おうとする」と訴え、「“パネラーにしておくのもったいないでしょ感”を出してくるんですよ」と話します。

これに、デビュー当初から親交のあるノブは「(井上を)面白がった方がいいと思います」とアドバイス。続けて「例えばゲストが何か面白いことをしていて、MCはそれを泳がせて最後に何か例えようと100点まで充電(待機)してるのに、井上が“ちゃうやんそれ!”って入ってきて、メーターを30点に戻す。で、気がついたら違うことしていて……」と話し、スタジオの笑いを誘いました。

川島は千鳥大悟に「“爆破ロケすんな!”って」

ここで、ゲストそれぞれのMCぶりに関して思うことを発表。川島について若林は、「(林修や池上彰と共演した際に)面白くもするし、真面目な振りもできるから、“選挙特番”とかやるんじゃないかな」とコメント。

バカリズムは川島を冷静に分析し、すべてのジャンルのレベルが高く、もっと早く売れるべきだったものの「ほかの分野にも需要があるから才能も分散してしまった」と話していました。

これに川島は、「千鳥・大悟にも同じことを言われました。“スタジオでスーツ着とけ。爆破ロケすんな!”って(注意された)」と明かし、スタジオを笑わせます。

またノブについては、バカリズムが「言葉選びとか、圧倒的にオリジナリティがある。これまでいなかった(タイプ)」と評します。

一方、若林はノブに対し「ひねくれていない」と一言。女優がバラエティーに出た際、若林やバカリズムだと彼女たちを斜めから見てしまうものの、「ノブさんはちゃんと本田翼さんに興奮している」と指摘しました。これに川島も同意し、ノブが若手女優を「〇〇ちゃん」と呼んでも違和感がないと話します。

そんな川島は先日、自身の番組に女優・石原さとみがゲスト出演した際のエピソードを披露。収録中のカンペには「さとみちゃん」と書かれていたとのことですが、初対面で名前呼びはできず、「でも、“石原ちゃん”もおかしいから、テンパって“石ちゃん”って呼んでしまった。ホンジャマカさんやん!」と自らツッコミを入れ、スタジオの爆笑をさらっていました。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

毎週木曜よる11時15分~
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

【芸人記事まとめ】

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?