7月1日(水)、法務省にて『第70回 社会を明るくする運動 – 広がり、つながる未来の輪。- キックオフイベント』が開催されました。

『社会を明るくする運動』とは、すべての国民が犯罪や非行の防止と、犯罪と非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な明るい社会を築くための全国的な運動のこと。

今回は“よしもと社明アンバサダー”を務める、木村祐一、バッドボーイズ(清人、佐田正樹)、横澤夏子、さらに、コラボLINEスタンプやCM動画制作に参加した、カラテカ矢部太郎が出席しました。

関連記事:吉本、7月3日より再開した全国5劇場にて舞台上のアクリル板撤廃とセンターマイク使用開始を発表

 

ピンチはチャンス! 転んで学ぶ教育

第一部は、義家弘介法務副大臣と本運動のフラッグアーティスト・谷村新司さんのトークセッションからスタート。谷村さんは『社会を明るくする運動』との関わりについて、法務省のポスターへの出演がきっかけとなり、運動に参加することになったと言います。

谷村さんは、無償の愛を持つ全国5万人の保護司をはじめとするスタッフや、更生しようと立ち上がっている人たちが働く現場にも行っており、コミュニケーションをとったり、一緒に歌を歌う活動を行なっていると明かします。

自身も少年のころ、道に迷った経験のある義家法務副大臣は「認めてあげるところから立ち直りは始まるんじゃないかと思います」と少年たちの立場に立ってコメント。谷村さんも「みんな失敗するんです。“許さない”だけだとセカンドチャンスがなくなってしまいます」と訴えました。

さらに義家法務副大臣は「転ぶということはある意味チャンス。転んだことを教訓にして成長できる。大人たちが青少年を見守りながら、自分で挑戦して転んだ時にアドバイスができる社会を作れたら」とコメント。一方、谷村さんは『社会を明るくする運動』を自身の“ライフワーク”としつつ「子どもたちを支えている素敵な大人たちを元気づけて、応援したいです」と話しました。

“更生支援”ショートムービーが完成!

第二部はバッドボーイズが司会を務めました。法務省という場で“バッドボーイズ”というコンビ名を持つ2人に司会を任せるということで、清人は「勇気ある判断」とコメントし、笑いを起こします。一方、佐田は「私たちも少年のころ、国に監禁されたことがありまして……」と明かしつつ、自分たちの経験を活動に活かせられたらと述べました。

今回、法務省と吉本興業がタッグを組み、ショートムービー『あなたは、ひとりじゃない。』を制作。その本編映像も公開されました。ここで宮﨑政久法務大臣政務官も登場し、一緒にVTRを見ることに。

木村と佐田が出演する『【正直者】編』は、元受刑者の男性が保護司のキムラ(木村)に付き添われ、就職面接に向かう話。協力雇用主であるサタ(佐田)との面接では、思いがけない質問がなされ……という内容です。

木村は「いい話ですよね。(キムラの)立ち直らせようという素の部分が出ていて面白い」と言いつつ、「佐田くんのアドリブがうまくカットされていた」と暴露して、会場を笑わせました。

横澤と清人が出演する『【二人に出会えて】編』は、少年院に入っていた子どもを抱える女性が、更生保護女性会員のナツコ(横澤)と青年ボランティアであるBBS(Big Brothers and Sisters Movement)会員のキヨト(清人)に支えてもらいながら大学合格を目指すというストーリー。

ナツコとキヨトの2ショットでは、思わず木村が「どっちもおばちゃんやん」とツッコミを入れます。横澤は大笑いしつつも「(更生保護女性会員など)こういう方々がいることを知らなかったので驚きました」とコメント。ムービーを見た宮﨑法務大臣政務官も「更生という字を重ね合わせると“甦る”という字になります。甦りを後押ししてくれる方々が活躍していて、いいなと思いました」と感想を明かしました。

日本の中心で更生を叫ぶ!?

続いては矢部が登場。ベストセラーとなった漫画『大家さんと僕』(新潮社)を手掛けた矢部を、同期ながら「先生!」と呼ぶバッドボーイズに照れながらも「(運動を知っていたものの)実態までは分からなかった。知って、学んで、考えていくことで、“社会が明るくなるんじゃないか”という境地に達しました」と話しました。

イベントでは、矢部が書き下ろしたアニメーションCMも公開。こちらは、直接保護司に会って聞いたことを矢部なりに解釈したストーリーとなっています。

声も矢部自身が担当したことで、「すごくよかったです」と佐田がコメントするも、矢部は苦笑いを浮かべて「僕が書いたセリフを僕が読んでいるんですけども、アフレコの監督にダメ出しされまして……」と告白し笑いを誘いました。宮﨑法務大臣政務官は同CMについて、言いたいことが詰まっていたと話し、「ありがたいCMです。“正解!”って感じです」と絶賛しました。

今回、実際にCMを作るにあたって協力してくれたという保護司・柴田さんも登場。自身の仕事の流儀を語りながら、更生に向けて頑張っている方々へのサポートは「自身も成長できる」と言います。つまずいてしまった人を助けるために、国はお金や時間をかけているため、更生に向けて頑張る人へは「今後は働いて税金を納めることが社会貢献に繋がる。自暴自棄になっちゃいけないよ。みんなあなたのことを守っているよ」と言葉をかけていることを明かしました。

このほかにも、『社会を明るくする運動』のマスコットキャラクターと矢部が登場するLINEスタンプも紹介。矢部らしい優しいタッチのイラストに、バッドボーイズの2人も舌を巻いていました。

最後に、森まさこ法務大臣が挨拶。保護司をはじめとする全国のスタッフに感謝を述べ、「ここに『第70回 社会を明るくする運動』強調月間をスタートします!」と宣言しました。

まとめの挨拶として、木村は「頑張ります!」と意気込みを述べつつ「(会場が東京・霞が関にある法務省ということから)日本の中心で更生・再犯防止を叫ぶということで」と話し笑いを誘います。矢部が「社会を明るくするということは、自分がまず明るくなることだなと思いました」とコメントすると、横澤も「人の気持ちに寄り添うことは難しいですけど、それを目標にしたい」と話していました。

木村らが出演するショートムービーや矢部が手掛けたCMは、吉本興業公式YouTubeチャンネル『吉本興業チャンネル』で公開中です。ぜひご覧ください。

『第70回 社会を明るくする運動』

公式HP:http://www.moj.go.jp/hogo1/kouseihogoshinkou/hogo03_00103.html

ショートムービー【あなたは、ひとりじゃない。】
矢部太郎コラボCM動画はコチラから!

『矢部太郎×更生ペンギンのホゴちゃん』LINEスタンプ

配信期間:2020年7月1日(水)~2020年9月22日(火)

<取得方法>
スタンプのもらい方は3種類!

1.下記QRコードからアクセスし、『法務省人権擁護局』LINE公式アカウントと友だちになってスタンプを取得

2 .LINEのホームタブ上部にある検索窓で「法務省」と検索し、『法務省人権擁護局』公式アカウントと友だちになってタイムラインの投稿からスタンプを取得3.LINEのホームタブ上部にある検索窓で「法務省」と検索し、『法務省人権擁護局』公式アカウントと友だちになって下記URLからダウンロード

URL:https://store.line.me/officialaccount/event/sticker/17927/ja

スタンプは9月22日(火)まで無料配信中です!


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
かまいたち山内がブチギレ!? 【Sponsored】