6月25日(木)、シソンヌ・じろうが自身のInstagramを更新。麒麟・川島が手掛けた『#麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)を受け取ったとのことですが、“ある問題”にファンから爆笑の声が集まっています。

関連記事:シソンヌじろう、「有吉の壁」“フワちゃん”コスプレに本人から苦情?「独自の言葉遣いすんな」

 

「いま?撮られた!?」かぶり問題にファン爆笑

今回、じろうは「麒麟川島さんの話題のタグ大喜利本、やっと受け取れた。」と自身も登場している書籍をやっと手にできたことに、喜びのコメントを綴りました。

一方写真には、自身が登場しているページを手に、何とも言えない表情を浮かべるじろうの姿が。

実は「中見たら全く同じ格好してて恥ずかしかった。」とコメントしているように、本に掲載された服装と同じ格好をしていたとのことで、恥ずかしさに見舞われてしまったとのこと。

これにはファンから「ホントだ‼️ 同じ格好してる」「安定のボーダーですね」との声が。また、本の中の姿とあまりに似ていたことから「いま?撮られた!?のでは、ないのですかー?」など、ツッコミを入れるファンの声も寄せられていました。

60人の芸人集結!“写真で大喜利”の裏側とは?

今回、じろうが紹介した『#麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)。5月の発売に際し、ラフマガでは、著者である川島にインタビューを行ないました。

川島がInstagramに投稿する「ハッシュタグで芸人仲間を想像紹介」する“#大喜利”をまとめた本著。川島自身は、本に載せる基準として「“自分が好きな人”が基準です。」と明かし、「自分の創作意欲が掻き立てられつつも、“この人、好きだな”っていう感じで。」とピックアップする際のルールを語っていました。

関連記事:麒麟・川島、“写真で大喜利”創作の裏側を語る「りんたろー。くんは情報があふれ出ていて…」

 

今回、そんな書籍の写真とまさかの“かぶり問題”が勃発するという事態に見舞われたじろうに、ファンからは「じろさんといえば、ボーダーだもん」「そういうところが好き」などのコメントも寄せられる投稿となりました。

『#麒麟川島のタグ大喜利』(宝島社)

出典: 宝島社

著者:川島明
価格:1,200円(税抜)
判型:A5判/96ページ
出版社:宝島社


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」