3月28日(木)から31日(日)の間、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて舞台『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46』が上演されています。

『熱海殺人事件』は、つかこうへいにより1973年に文学座に書き下ろされ、当時最年少で岸田戯曲賞を受賞した初期の代表作。

今年で46回目の再演を迎えるこちらの名作が、今回、『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46』として新メンバーを迎え上演されています。

公演初日の3月28日(木)には、公開通し稽古が行われました。

木村伝兵衛部長刑事には3年連続主演を務める味方良介、水野朋子婦人警官には、今作が本格女優デビューとなる元欅坂46の今泉佑唯、犯人の大山金太郎にはダンスボーカルユニットlol-エルオーエル-の佐藤友祐、そして熊田留吉刑事は、昨年に引き続きNON STYLE・石田明が演じます。今回は、これまでとはひと味違う『熱海殺人事件』の魅力をお伝えします。

個性あふれる魅力的なキャストたち!

味方演じる木村は、不謹慎な言動も多いものの、そのパワー、押しの強さは圧倒的。端正な顔でポーズをばっちりキメたかと思うと、コミカルな動きやダンスで魅せるなど、緩急のついた絶妙な演技で観客をぐいぐい惹きつけていきます。

石田は、情熱と影のある一面が同居する熊田を熱演。ハチャメチャな木村に負けない役柄をいきいきと演じます。舞台の中盤にある自由なシーンは、石田の実力の見せどころ。会場を大いに笑わせ、盛り上げました。

今泉演じる水野は、人生の大きな転機を迎えつつ、現状を断ち切れないという困った女性。キュートな台詞、愛らしいダンスで観客を魅了します。

佐藤演じる犯人・大山金太郎は、刑事たちに翻弄されつつ、彼らに負けないほどエキセントリックな人物。長台詞のシーンは迫力満点です。

マシンガンのような台詞の応酬!迫力のあるステージ

部長刑事である木村の部屋で、木村とその部下の水野、そしてある事件を解決するために呼ばれた熊田の3人が集まるシーンからスタート。重々しいBGMが、緊張感を与えます。

冒頭から、非常識な発言を繰り返す木村と、水野、熊田によるマシンガンのような台詞の応酬が展開され、一気に引きこまれます。うっかりしていると置いていかれそうなスピードです。

3人が扱う事件は、熱海で女性が殺されたというもの。内容、動機、そのすべてが陳腐過ぎるとご機嫌斜めな木村に、水野も同意します。初めは2人に異議を唱える熊田も、気がつくとしっかりそのペースに同調してしまいます。

ドラマチックに登場した犯人の大山も巻き込み、舞台上は歌あり、踊りあり、なんでもありの世界が展開していきます。

演劇の醍醐味を堪能できる舞台!

休みなく繰り出される台詞の間に挟まれる小ネタや、芝居にメリハリを与える音楽と照明にしっかりシンクロした出演者たちの動き。シリアスとギャグのギャップに、会場からは何度も笑いが起こりました。

そして目まぐるしく変わるシーンや時間軸が混沌としたまま進む物語は、やがてひとつの結末に向かっていきます。スキのないラストシーンは圧巻の一言。演劇の素晴らしさをしっかりと感じられる舞台に仕上がっていました。

『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46』大阪公演は、3月28日(木)から31日(日)まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで、東京公演は4月5日(金)から21日(日)まで紀伊國屋ホールで上演されます。

新しく生まれ変わる伝説の舞台。その迫力、面白さを体感しに、ぜひ会場に足をお運びください!

舞台「熱海殺人事件」LAST GENERATION 46

作:つかこうへい
演出:岡村俊一
出演:味方良介、今泉佑唯、佐藤友祐(lol-エルオーエル-)、石田明(NON STYLE)ほか
チケット:7,000円(全席指定・税込)
サイト:http://www.rup.co.jp/atami_2019.html

【公演スケジュール】

■大阪公演
日時:3月28日(木)~31日(日)
会場:COOL JAPAN PARK TTホール

■東京公演
日時:4月5日(金)~21日(日)
会場・紀伊國屋ホール

※20日(土)の2公演、21日(日)に1公演計3公演が追加決定!
追加公演一般発売日:3月9日(土)