6月24日(水)、『よしもと芸人オンラインイベントお披露目会』が開催され、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)、見取り図(盛山晋太郎、リリー )がオンラインでの囲み取材に応じました。

コロナ禍において、吉本興業では新しい形のイベント事業・オンライン芸人派遣をスタート。

今回のお披露目会では、全国の販売代理店へ向けて、西川のりお・上方よしおの西川のりおによるコーナーライブや、宮川大助・花子の宮川花子による講演会、さらにミキ(亜生、昴生)やジャングルポケット(おたけ、太田博久、斉藤慎二)らのネタなど、『Zoom』を使ったさまざまなプレイベントが配信されました。

関連記事:とろサーモン&アインシュタインの劇場再開初日をレポート!「生配信はメリットも」

 

模擬学園祭ではリモート漫才を!

オープニングを飾った模擬学園祭では、アインシュタイン、見取り図ほか、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)がそれぞれリモート漫才を披露。

兼近は「久々のザイマンだったんで、めちゃくちゃ楽しかった!」と大満足の様子。見取り図は「どうですか? 代理店のみなさん!」と画面越しに呼びかけ、アインシュタインは稲田のアゴを画面いっぱいに映すなど、それぞれリモートらしい見せ方で笑いを誘いました。

稲田、河井にキレる?

イベント終了後の囲み取材では、河井が「(リモートでのイベントは)まだ経験したことがないので未知数のところもありますけど、リモートのような距離感がいちばん程よいと言われているのが、僕たちコンビ」と暗に稲田をイジると、すかさず稲田は「は? どういうこと?」と不満げな表情を浮かべます。するとリリーが「オンラインでのイベントに気合が入っている証拠に、ゆずるさんがパーマをかけてきている」と続け、今度は河井がターゲットに。

「お前、朝からイジってきてるけどやめろよ!」と河井がツッコみますが、マイクをミュートにしている報道陣からの反応は皆無。これに盛山が「記者の人って本当にいるんですか?」と投げかければ、河井も「たしかに薄めのドッキリを仕掛けられているみたい」と不安を口にしていました。

リモートイベントならではの良さとは?

無観客でのネタ披露の場も多い中、稲田は「最低限の人数のスタッフさんと相方だけがいる空間で大きい声を出す漫才をやったんですけど、お客さんの笑い声がない分、相方がいつもより多めに笑ってくれて優しさを感じました」と河井に感謝を伝えます。続けて、「本当のことを言うと、笑い声が聞きたいです。けど、今できることをやりたいなと思っています」とポジティブに語りました。

一方、この仕事の前にリモートで企業のイベントに参加したという盛山は、「50人くらいが大画面に映っている状態で、普段の舞台より笑っている顔がしっかり見えて楽しかったですよ」と、視聴している人の反応が見られる方法もあることを明言。「“面白かったら両手で丸のポーズを作ってください”とお願いしたらやってくれましたし、『Zoom』には拍手ボタンなどもあるので、いろんなことを駆使したらもっと楽しくなると思います」とリモートならではの楽しみ方を紹介しました。

また河井も「距離や仕事、育児を理由に来られなかった方がお笑いに触れられるいい機会になると思います」と話し、オンラインのイベントに期待を寄せていました。

オンラインイベント/リモート出演

詳細・ご依頼はコチラから!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?