3月27日(水)、よしもと西梅田劇場で『吉本新喜劇60周年おめでとう ~西梅田ボーイズ 祝!リーダー就任~キャンペーン』の発表会見が行なわれ、昨年7月から『西梅田ボーイズ』を務め、先日吉本新喜劇の新リーダーに就任した清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介が登壇しました。

3月28日(木)から5月6日(月・祝)まで実施されるこのキャンペーンは、記念すべき吉本新喜劇60周年を盛り上げるべく行なわれます。

まず、MCの宇都宮まきがキャンペーンの概要について説明したあと、西梅田ボーイズ4人が新喜劇の新リーダーに就任したことを改めてアピール。早速4人を呼び込みます。

新リーダーの西梅田ボーイズが登場!

4人は新喜劇のテーマに乗って登場。「大変凛々しい姿」と作り笑顔で言った宇都宮に、4人から「感情がこもってない!」と総ツッコミが入ります。そして宇都宮から「誰も知らないと思うので自己紹介から」と促され、4人が挨拶。

ここで、劇場に設置されているアート作品を見るよう促されると、4人は「こんなんじゃなかった」「60って書いてる!」と、目の前のイノシシのアート作品の変化に気がついた様子。

ここに設置されているアートは、昨年のクリスマスキャンペーン時には巨大トナカイだったらしく、年明けにはイノシシに変身し、そして今回「吉本新喜劇60周年バージョン」へとさらなる進化を遂げたんだそう。今後も節目ごとのバージョンアップを見据えているんだとか。

そしてイノシシの後ろには、吉本新喜劇60周年の歩みを振り返る年表が展示されています。団体購入やお弁当付きチケットを予約した人には、吉本新喜劇で定番人気のうどん屋台のセットとしてこの年表がプレゼントされるそうです。

そして、4人の後方にある黒幕の内側にも記念アートがあるということで、全員でカウントダウンして黒幕をオープン!

吉本新喜劇60周年をお祝いする4座長・4リーダー体制をお祝いする巨大パネルが出現すると「すごい!」と歓声が上がります。パネル後方のイラストはアート集団『pad GALLERY』が手掛けたらしく、「ここでどんどん写真を撮って、SNSに載せてほしい」と宇都宮が煽りました。

様々な特典が用意された豪華キャンペーン

続いて、キャンペーンの中身を紹介していきます。まずは清水から、吉本新喜劇でリーダーによる『お見送りハイタッチ』の開催を発表し、「一人ずつ顔を覚えていただきたい」と意図を説明します。そして「ぜひみなさんハイタッチしてください」とアピールしました。

信濃は、金曜日の各公演終わりにリーダーが参加する『リーダーフライデー』が行なわれることを資料片手に説明しますが、「それくらい覚えろよ!」と宇都宮からツッコまれ、笑いが起きました。

諸見里からは、YouTubeの『吉本新喜劇チャンネル』のなかに「リーダーチャンネル」を開設するということで、「リーダーにやってほしい企画」を募集することが発表されました。

そして4人は、名刺代わりに作ったというステッカーをお披露目。新リーダーたちが1人ずつ笑顔で写る選挙ポスター風のデザインで、実際は手のひらサイズだそう。「4人のなかで誰のステッカーが最初に無くなるか」という話になると、吉田が「ワールドツアーに出演するため、西梅田劇場の出番が少ない」とこぼし、ステッカーが無くならないのでは、と心配顔でした。

新リーダーたちが公約を発表!

最後は4人から、それぞれ公約を発表します。清水は「新喜劇は子どもに愛されている劇団だと思う。だから子ども向けのサービスを増やしたい」と語り、自身のリーダー週には、終演後に毎日縁日を開催して子どもと触れ合っていくとアピール。「1万人の子どもを抱っこしていきたい」と力を込めますが、すぐに「縁日といってもスーパーボウルすくいだけ」とボケます。

吉田は「周りから、リーダーになって大丈夫かと心配されているが、『乳首ドリルだけじゃないぞ』ということを見せていきたい」と意気込みます。

公演終了後には上半身裸になり、棒を振り回しながら1万人の子どもに乳首を捧げたいと話すと、清水から「乳首無くなるんちゃう?」とツッコまれ大笑い。ひとしきり笑ったあと、吉田は「皆さんにより近い芸人になりたい」と真摯に語りました。

信濃は、自身が小泉進次郎に似ていると言われると明かしたうえで、「小泉氏をお招きしていっしょに“しなちゃんダンス”を踊りたいと思います!」とアピールしますが、拍手はまばら……。「自分が目立つことしか考えてないんじゃないの」と清水がツッコむと「はい!すみませんでした」と即謝罪し、その変わり身の早さに笑いが起こりました。

諸見里は「サーターアンダギーとシークワーサージュースを1万人の子どもたちに……」と話しますが、あまりの滑舌の悪さに「何言うてるかわからへん!」と、総ツッコミを受けていました。

西川のりおがテンションUP?リーダー就任後の変化について…

質疑応答では、「リーダーになって変わったことは?」という質問が。清水は、師匠方が話しかけてくれるようになったと嬉しそうで、なかでも「なぜか西川のりお師匠のテンションが上がってた」と裏話を明かしました。

吉田は地元の人から「リーダー就任おめでとう! 安泰やな」と言われるものの、まだまだ全然安泰じゃないと気を引き締めます。

信濃は、周りが喜んでくれるのは嬉しいものの「座長になった」と勘違いされることが多く、頭を悩ませているそうで、友達に寿司をおごってもらったときに「座長じゃない」と言えなかったと明かしました。

釣りが趣味という諸見里は、座長になったら楽になって釣りにも行けるかもと思っていたものの、今のリーダーという立場でも台本作りが忙しくて全然釣りに行けない、甘い考えだった自分をぶん殴りたいと振り返りました。

最後に清水が、音楽プロデューサーのつんくさんから「おめでとう! 座長の道が見えてきたね。がんばったね」と連絡があったと笑顔で告白しました。

毎日楽しいよしもと西梅田劇場へ!

他にもキャンペーンでは、毎月6日と10日に新喜劇座員が観客とじゃんけんを行ない、勝ち残った6名にシールをプレゼント(4・5・6・7・8月対象)するイベントを開催。

さらに条件を満たせば、よしもと西梅田劇場オリジナルグッズや現役新喜劇座員のサイン色紙がもらえるプレゼント企画など、内容盛りだくさんのキャンペーンです。

60周年を迎え、さらにパワーアップする吉本新喜劇を引っ張っていく新リーダーたち。西梅田劇場では彼らの活躍を間近に見ることができます。3月28日(木)からキャンペーンがスタートするよしもと西梅田劇場へ足をお運びください!

『吉本新喜劇60周年~西梅田ボーイズ 祝!リーダー就任~キャンペーン』

【期間】
2019年3月28(水)~5月6日(月・祝)

【ご来場特典】

(1)60歳の方に、よしもと西梅田劇場オリジナルノートプレゼント! ※要証明書

(2)1959年3月1日生まれの方に吉本新喜劇おかきをプレゼント! ※要証明書

(3)現役の吉本新喜劇座員と同姓同名の方に、その座員のサイン色紙をプレゼント ※後日郵送 ※要証明書(顔写真付き)

(4)毎月6日と10日は、新喜劇座員が前説時にお客様とジャンケン勝負。勝ち残った方6名様には、西梅田オリジナルシールをプレゼント! (4・5・6・7・8月対象)

【吉本新喜劇 新リーダー企画】

・清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介がそれぞれリーダーとして出演する週は、各リーダーによる「お見送りハイタッチ」を開催。参加してくれたお客様には、オリジナル名刺シールをプレゼント!

・清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介がそれぞれリーダーとして出演する週の金曜日は、「リーダーフライデー」と題して、各公演終わりに、リーダーとの触れ合い企画を予定しております。

※「リーダーフライデー」時は、「お見送りハイタッチ」はございません。

※イベント内容は、都合により変更・中止になる可能性もございます。ご了承ください。