6月19日(金)、東京・SPACE ODDにて、haderuことロンドンブーツ1号2号・田村淳を中心に結成されたバンド・jealkb(ジュアルケービー)のワンマンライブ『social薔薇ノdistance』が開催されました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、ライブハウスの営業自粛が続く中、ついに6月19日(金)に休業要請が解除。jealkbはガイドラインに則り感染予防対策を万全にした上で、ライブ活動を再開しました。

今年3月にスタート予定だったワンマンツアー『THE BEST 薔薇ノBEST』が二度の延期となり、ライブ活動がなかなか行なえずにいたjealkb。もどかしさを抱えながらも、15年間におよぶバンド活動を経ての「お世話になった全国のライブハウスの方々に、なにか恩返しができないか」という想いから、本ライブの開催が決定しました。

関連記事:軍団山本ら豪華芸人の仮装がハイレベルすぎ!? 相席・山﨑はゾンビになっても“女の子”?

 

無反応に思わずツッコミ!

ガイドラインに沿うとフロアの収容人数は25人が限界だという今回のライブ。観客は間隔をあけて置かれたパイプ椅子に座り、マスクをしたままライブを観るという慣れない状況に戸惑っている様子です。

ステージとフロアの間はビニールシートで仕切られており、メンバーはシート越しに登場。しかし、観客のあまりの無反応ぶりにhaderuは「……声は出しちゃダメだけど、手は挙げていいんだよ(笑)?」とツッコみ、「やり直しな!」と登場し直します。

まずは「いろんなリスクがある中、集まってくれてありがとう!」と感謝の気持ちを述べるhaderu。そして、「これからもずっとライブ活動を続けていくという気持ちを込めて」と、『誓い』からライブがスタートしました。

徐々に楽しみ方を見つけていく

ボーカルであるhaderu以外のメンバーは、マスクかフェイスシールドをつけて演奏。観客は声が出せないぶん、足を踏み鳴らし、手を挙げてライブを盛り上げます。

haderuは「いつもとは違う状況だけど、すごく久しぶりのライブで、みんなの目がキラキラしていて……胸にこみ上げるものがあります」と感慨深げ。「……まあ、半分霞んでるけど(笑)」と、ビニールシートに触れ笑いを誘いますが、「シート越しだからもっと距離を感じるかと思ったら、そんなことなかった」と笑顔を見せます。

「ヘドバン(ヘッドバンギング)は座っていてもできますから、してください」と始まった『Liberty』、さらにアジテーターのhidekiと振りを揃える『Packya Ma Lad』と2曲を続けて演奏したあと、突如「あ、でもなんかできるなあ!」となにか納得した様子のhaderu。観客がマスクをして声を出せない状況に、「いいよね、声出しちゃいけないから(こっちのMCが)ウケててもスベってても関係なくて(笑)」と思いがけない心境を明かします。

また、「怒られることを怖がって踏み出せないと新しい文化は生まれないんで、今日のライブで僕は失敗したかったんです。これを見て、僕らはもちろん他のバンドもこのライブを参考にしてもらって、今後に活かしてもらいたい。みんなが種になってる状況です」と、この日のライブの意義を説明。さらに「“おまえたち別にミュージシャンじゃないじゃん”って言われるかもしれないけど、胸を張って“ミュージシャンです”って言えます。15年やってきて、少ないけどファンの人たちに支えられて、これまでやってきました。この経験を糧に大きな花を咲かせたいと思います。そんな思いを込めて」と熱く語り、『花』を披露しました。

カツオのぬいぐるみをファンと投げ合うパフォーマンスでおなじみの『Reverse Bonito』では、今回カツオをイラストで表現。事前にデータを入手できていたため、カツオのイラスト入りのうちわを持参するファンの姿も見られました。

さらにこの日、観客には前日にhaderu自ら100円ショップで買ってきたという鈴も配られており、「鈴を鳴らせ」「足を打ちならせ」とメンバーが楽しみ方を指南。そんなバンド側の「お客さんに楽しんでもらいたい」という想いによるさまざまな工夫もあり、観客は新しいライブ方式を楽しんでいる様子でした。

「またここでみんなと会えるように」

曲を披露していくうちに体全体を使って盛り上がるファンを見て、haderuも「だんだん上手くなってきてるよ。“ジュアラー(jealkbのファン)”の順応能力に感心してます」と喜びを語ります。さらに、「あんまり前向きなメッセージを届けられるバンドじゃないんですけど、またここでみんなと会えるようにという気持ちを込めて。心の中で大声で歌ってください」と『Sign』を披露。

今回は1時間のワンマンライブということで、あっという間に時が過ぎ、ラストの楽曲として『WILL』が演奏されます。すると、観客は三拍子で足踏みを揃えてアンコールを表現し、「いつもの“j・k・b!”に代わる足踏みを生み出してくれてありがとう!」とメンバーも感激の様子。「みんなのアンコールの気持ちは受け取りました! 短い時間だったけど、次回に活かして、またいろいろ試していきましょう!」と、ファンの心に寄り添うメッセージを届けました。

最後に記念写真を撮ったあとも、観客が退場していくのを見送りながら、メンバーは一人ひとりと挨拶を交わしていました。

思い切ってやってよかった!

「これからのエンタメ業界がどのようなライブ形態になっていくかは未知数だけど、お客さんともソーシャルディスタンスをとりながら、ライブハウスで、ネット配信も駆使してライブをする方法を探りたい」と新しいライブの仕組みづくりの一歩を、先陣を切って踏み出したjealkb。今回、ラフマガでは公演終了後に話を聞きました。

YouTubeで無料生配信もされた本ライブについて、haderuは「実際に目の前に人がいることで起こる感情の起伏や、お客さんの熱量はやっぱりライブハウスじゃないと感じとれないものだなと思ったし、楽屋に入ってすぐ、メンバーとも“思い切ってやってよかったな”って話しました」と、手応えを感じた様子。

今回の新しい試みについて、不安がありながらも「(観客は)想像以上に困惑していて(笑)。僕らも含めて新しいトライなんで“とりあえず、失敗してもいいからやってみよう”みたいな感覚になれました」と心境を明かしました。また、「隣の人と距離が空いた状態だと、なかなかノリにくい面もあると思うので、そこをとり払う作業は僕たちがやらなきゃいけない」と今後に向けての意欲も見せていました。

さらに現在制作中の新曲については、「僕ら、ライブで人形を使うことが多いので、今度は人形がお客さんの上を通るような楽曲を」と構想ものぞかせる場面も。

また第二子が生まれたばかりだというhaderuは、感染リスクを考え、家族には2週間会わないと決めてこのライブに臨んだのだとか。今後のライブ活動について聞かれると、「これからどういう活動ができるかはわからないけど、今日のライブの経験を活かして、バンドのメンバーとも話し合って模索しながらやっていきたい」と前向きに展望を語っていました。

jealkbワンマンライブ『social薔薇ノdistance』

URL:https://youtu.be/gzceEPysmf0?t=1

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?