6月19日(金)、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館となっていた、大阪・なんばグランド花月での公演が再開されました。

吉本興業では全国で緊急事態宣言が解除されたことを受け、大阪・よしもと漫才劇場、東京・ヨシモト∞ホールでの無観客公演を実施してきましたが、6月19日(金)からはなんばグランド花月、東京・ルミネtheよしもと、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場を加えた5つの劇場にて、観客を動員しての公演を再開しました。

待ちに待ったこの日、なんばグランド花月を代表する、桂文枝、西川きよし、中田カウス、桂文珍が公演に先立ち会見を実施。新型コロナウイルス感染予防対策として、それぞれの間にアクリル板を設置して行なわれました。

関連記事:念願の劇場再開も…よしもと芸人が直面した“ある変化”とは【∞の青春 vol.21】

 

「この舞台にやっと立てた」と感無量

久しぶりのなんばグランド花月の舞台に、さっそく笑顔がこぼれる師匠4人。まず文枝から「こういうせっかくの日なのに、雨でね。でも、我々の業界では“ふりこむ”と言って、お客さんに入っていただけるということで縁起が良いと言われています」と、久しぶりの観客を前にしての公演を楽しみにしている様子。「この舞台にやっと立つことができました」と喜びがあふれます。

また文枝は、緊急事態宣言が発令される前の舞台出演が2月10日(月)だったそうで、「やっとここまで来たなという感じ」と感慨深げ。「こうして、吉本のベテラン4人で再会できることが本当にうれしいです。僕ら全員、70歳を超えてますから、感染したらどうしようと思っていました」と語りました。

また、西川とアクリル板越しに見つめ合う一幕もあり、「なんか……面会みたいやな(笑)」と笑いを誘う場面も。楽屋でもお互いの再会を喜んだそうで、「皆さんの元気な顔が見られて本当にうれしいです」と少しずつ戻りつつある日常の喜びを噛み締めていました。

そんな西川は、「待ちに待ったこの日がやっと! 帰ってきました!」と喜びが爆発。「僕も3月に舞台に出していただいて、それ以降ずっとお休みでした」とのことですが、そのステイホーム期間には身体を鍛えていたそうで、Instagramで『きよしとヘレンの毎日ラジオ体操』をスタート。「ラジオ体操第1、第2ができるようになりました。ここで今、やらせていただきたいくらいですが、本番に取っておきたいと思います」と笑いを誘いました。

関連記事:西川忠志、“きよしとヘレンの毎日ラジオ体操”終了報告に惜しむファン続出「残念です」

 

大阪の元気はNGKの営業次第

カウスは、「人と人というのは抱き合う、握手する、目と目を見て話をする……そういうことから様々なことが生まれると私は思います。今はこういう状況ですが、きっと言うてる間に(アクリル板は)取り外されると思います」と期待を込めて語りました。

また、ついに迎えた劇場再開を心から喜んでいる様子で、「大阪が元気になっているのかどうかは、なんばグランド花月が営業してるかどうかが指針だと思います。今日からさらに、大阪が元気になり景気がよくなると思います」とにっこり。「やっぱり舞台はうれしいな〜」と笑顔が絶えませんでした。

文珍は「久しぶりに舞台に立ち、感無量です」と一言。2月28日(金)から上演していた『芸歴50周年記念 桂文珍 国立劇場20日間独演会』について、「20日間の独演会でしたが、それでも14日間できました。でもその後から喋っていないので噛み気味です。着物を用意していたら、冬物だったのがいつの間にか夏物に……そんな長い間、仕事もせずに家にずっとおりました」とその長さをしみじみと振り返ります。

また「歴史を越えてきた落語だから、なんとか生き残りたいと思っています。リスタートの1日目なので感動しています」と挨拶しました。

どんな状況であっても笑いを提供する

質疑応答では「新型コロナウイルス感染症感染予防対策として、アクリル板を設置し、お客さんを減らしての公演となるなど、これまでと全く違う状況になります。これからの時代に芸人に求められるものは?」との質問に、それぞれが答えました。

文枝は、3月4日(水)になんばグランド花月で『無観客独演会』を開き、生涯目標のひとつだった「創作300作目」をネタ下ろしし、その様子を動画で配信したことに触れ、「芸人はお客さんあってのお笑いですが、芸人はどんな状況でもどういう風になろうとも生きていく、笑いを提供していく。アクリル板があろうと、たくましくやるのが芸人と思います」と力強い言葉を述べます。

一方、西川が「もっともっと勉強ですね。お休みしている間に、息子や娘、孫に教えてもらいながら、TikTokをやったりYouTubeをやったり」とSNSが身近になってきたと話せば、カウスは「僕らの仕事は形ができているものやと思うので、その時その時、新しくできたルールは守りながら、形のできたものを観ていただくということが大事なのかなと思います」とコメント。

また文珍は、「初めての経験はとても刺激的でして、楽しみたい気持ちです。大事なのはうがい手洗い、そして笑い、なんやそうです」とポジティブに語りました。

感染予防対策も万全!

吉本興業ではなんばグランド花月をはじめ、それぞれの劇場で新型コロナウイルス感染予防対策を徹底しています。

舞台上では、中央に縦2m×横2mのアクリル板パネルを挟み、2mの間隔を空けて2本のスタンドマイクを設置。

コンビも上手、下手から別々に登場します。また、1組が終わるごとにマイクとアクリル板パネルを取り替えて消毒。

また、場内は公演ごとに消毒・除菌散布を実施。

もともと858席ある客席は、1階席、2階席とも前後左右1.8m間隔の距離を取って合計112席で展開。1時間に一度、約15分の休憩時間を設け、劇場内の換気のため扉を開放しています。

また、入り口やお手洗い等、お客様にお並びいただく場所では足元にソーシャルディスタンスをキープできるよう、シートを貼っています。

お客様にはマスクの着用のお願い、そして大阪府による『大阪コロナ追跡システム』の登録のお願いを実施。また、受付にはサーマルカメラを設置し、手指消毒のご協力等をいただいています。

安心して公演を楽しめる環境づくりを徹底していますので、ぜひ劇場に足をお運びください。

なお、ラフマガでは、この度再開した5劇場の初日の模様を続々公開予定!
各劇場の模様に加え、出演した全組のコメントもご紹介していきますので、ぜひお楽しみに。

なんばグランド花月

公式サイト:http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

【関連記事】