6月19日(金)、東京・ルミネtheよしもとがお客様を入れての劇場公演を再開しました。

6日より有料生配信を再開した東京・ヨシモト∞ホール、大阪・よしもと漫才劇場に加えて、ルミネtheよしもと、大阪・なんばグランド花月(NGK)、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場の計5劇場が金曜・土曜・ルミネtheよしもと日曜のみ、お客様を入れての公演を再開。5劇場に先駆けてNGKでは、桂文枝、西川きよし、中田カウス、桂文珍がセレモニーにて来場者に挨拶しました。

 

今回、ルミネtheよしもと公演で登場した芸人は、タカアンドトシ(タカ、トシ)、NON STYLE(石田明、井上裕介)、和牛(水田信二、川西賢志郎)、トータルテンボス(藤田憲右、大村朋宏)、佐久間一行、プラス・マイナス(兼光タカシ、岩橋良昌)、ゆにばーす(川瀬名人、はら)、GAG(福井俊太郎、宮戸洋行、坂本純一)。

劇場では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、芸人全員に体温検査、楽屋でのアクリル板設置、客席では1.8m間隔の距離を確保、約70分に1度のペースで換気、入場前にサーマルカメラで検温、漫才ではアクリル板を設置し、マイクを2本用意。一定の距離を保ってネタを披露するなど、万全の体制を敷いてライブが行われました。

漫才復帰には9か月かかる!?

ルミネtheよしもとでのオープニングセレモニーは、タカトシと和牛が出席。約3か月ぶりの劇場再開について川西は「吉本はいい意味で“楽観的に乗り越えよう”という会社なんですけど、楽屋入ると、いたるところにアルコール除菌があったり、アクリル板があったり……『吉本は本気なんだな!』って思いました」と回顧。

すると水田が「僕もアルコールの中を確かめましたが、本物のアルコールでした。吉本は本気です!」とコメントして場を沸かせました。

一方、タカは自身がデビューして25年だと紹介しつつ、3か月間漫才をしなかったのは初めてだと一言。“漫才は1日休むと取り戻すのに3日かかる”という定説を述べつつ「(計算したら)9か月かかります。長い目で見てください!」とボケて笑いを誘いました。

いよいよ待ちに待ったネタ公演。それぞれ試行錯誤をした形でネタを披露します。トップバッターのプラス・マイナスは、岩橋の「ルミネ復活ー!」との雄たけびと共に漫才をスタート。コントを熱演したGAGは、ソーシャルディスタンスをうまく保ったネタで爆笑を誘いました。

また、NON STYLEは登場するなり石田が「一人用のマイクや~。今まで井上のサイズに合わせていた(マイクを調整していた)んで、声が聞こえにくいって言われたんですよ……嬉しい~!」と本音を吐露する一幕もありました。

お客さんの笑いを通じて感動…

ネタ終了後、出演者にインタビューを実施。漫才やコントを終えた中、満足感あふれる表情で答えてくれました!

プラス・マイナス

岩橋良昌
「昨日ドキドキして眠れなくて、いつも隣にあったルミネが遠く感じていたんですけど、トップバッターをやってみて『これやな』って噛み締めました。出て行ったらトップギア! 二言、三言で大汗かきました」

兼光タカシ
「無観客でちょこちょこやってはいたんですけど、お客さんの前でやると、“こんなに嬉しいんやな”と思いましたね。生配信もありがたいですけど、生でも観に来てほしいです!」

GAG

福井俊太郎
「お客さんの前で、ソーシャルディスタンスを保ってコントをやるのが初めてだったんですけど、僕が相方の方に寄ったら、しっかり相方が後ろに下がってくれるみたいな……いいチームワークで出来たなって思いましたね」

宮戸洋行
「そうですね(笑)。立ち位置動かないようにしていたんですけど、福井くんが演技に入りこんで左右に暴れだしたので、ちゃんと距離を保ってやろうと思いました(笑)」

坂本純一
「最近はZoomでの仕事が多くて、目の前にお客さんがいる状況がなかったので、笑いが返ったときに『これこれ!』って思いました!」

ゆにばーす

川瀬名人
「さすが吉本。アクリル板がしっかりしていて“絶対に飛沫を飛ばさへん”って意思を感じました(笑)。何度か無観客でやりましたが、やっぱり笑いの返りがあると、テンポがとりやすくてやりやすかったです」

はら
「∞ホールで無観客でやっていたのもあったので、なんとか大丈夫でした。楽しかったです!」

和牛

水田信二
「想定内でしたけど、久々の劇場でちゃんと噛みましたね。劇場ではアルコール除菌を用意しています。実際に僕も容器を開けて確かめたのですが、本物でした。安心して来てください」

川西賢志郎
「“ここまで徹底して吉本がやるんだ”っていうくらいきっちり準備して劇場オープンしているんで、来ていただける場合は、お客様の方でもケアしていただいたうえで楽しんでいただけたらと思います」

NON STYLE

石田明
「反応があるっていうのは楽しいですね。この期間中にも漫才はやりましたけど、やっぱりお客さんの反応があるから、こちらもふざけられます。久々で楽しかったです」

井上裕介
「お客様の笑い声を感じられて楽しかったです。しばらく満席は難しいかもしれないですけど、僕らも一丸となって腐らず頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします!」

佐久間一行

「久々でただただ嬉しかったです。緊張もしたんですけど嬉しかったです……何回も嬉しいって言っちゃいました(笑)。これから徐々に復活していくと思いますので、楽しみにきてください!」

トータルテンボス

大村朋宏
「アクリル越しの藤田が素敵でしたね。今後コロナが明けての営業はアクリルを持って行こうかなと思います。あと、これまで劇場に来ていなかった方が、配信をきっかけに足を運んでくださったら嬉しいですね」

藤田憲右
「僕たちは、ライブ感を大事にしているコンビなので、有料配信を観ている方は『なんでこんなに盛り上がるんだろう?』って思うと思います。そんな方は劇場に来て確かめていただきたいです!」

タカアンドトシ

トシ
「25年やっているので、漫才を始めれば“乗っていくのかな”って思ったんですけど、そう甘くはなかったですね(笑)。とりあえずはこの形で慣れていくしかないと思います」

タカ
「コロナ禍の中、新しい試み(配信)で漫才をやっているので、見てもらえる方も増えると思うんですよね。配信に向いている芸人、向いていない芸人がいますので、今後ふるいにかけられるでしょう……まぁ我々は後者です」

トシ
「おい、やめとけ!」

今後もルミネtheよしもとでは、月曜から木曜まで無観客ライブ配信(有料)、金・土・日曜は観客が入場した公演を行う予定です。お楽しみに!

ルミネtheよしもと

オンライン公演のスケジュールなど、詳細はコチラから!

【関連記事】