3月24日(日)、東京・渋谷ヨシモト∞ホールにて、ネタバトル『13TH ANNIVERSARY∞TOP5 チェンジ』が開催されました。

本公演は、ファーストクラスメンバーによるTOP5入りをかけたライブ。今回、芸歴11年目を迎える相席スタートが卒業するため、空いた1組を争うことになりました。

漫才にコントに…熾烈な予選争い!

予選では、ファーストメンバーであるEXIT、オズワルド、空気階段、大自然、男性ブランコ、ダンビラムーチョ、ニューヨーク、魔人無骨、やさしいズ、ラフレクランの10組と、事前に行なわれたセカンドクラスによる『13TH ANNIVERSARY∞ファーストトーナメント』で優勝した、ザ・シーツを加えた11組でネタバトルが行なわれました。

決勝に進出したのは、予選1位の空気階段、2位のニューヨーク、3位の魔人無骨の3組!お客さんと審査員の点数の合計では、空気階段とニューヨークがわずか1点差という結果に。

決勝は予選との合計点数で競われるため、20点ほど離れていた魔人無骨の髙比良くるまは「絶対無理だろ!」と嘆き、お客さんを笑わせました。

優勝は…空気階段!

決勝では、魔人無骨からネタを披露。松井ケムリが先輩とうまく付き合えるかどうかを高比良がチェックする漫才を披露しました。

ニューヨークは、結婚したら奥さんの家族と仲良くできるのか……というテーマのもと漫才コントを披露。

空気階段は、電車に乗った青年(水川かたまり)が厄介なおじさん(鈴木もぐら)に翻弄されるコントを演じました。

3組のネタが終了し、いよいよ緊張の結果発表の瞬間!! TOP5のメンバーには、空気階段が見事選ばれました。鈴木は「今北海道で離れて生活している奥さんと子どもに早く伝えたいです」と大喜びしていました。

TOP5入りを決めた直後の空気階段にインタビュー!

――お疲れ様でした。ライブを振り返ってみていかがですか?

水川「決勝の3組に残るとは思っていなかったので、ビックリしました。他人事くらいの気持ちでいたら、『あれ……なっちゃっている』って感じで」

鈴木「僕は真面目にトップを目指していました!」

――(笑)。ネタのチョイスはどうされたんですか?

水川「ポンポンと決まりました。事前にどんなネタをするのか出さないといけないんですけど、それを忘れていて催促されまして『じゃあこれとこれ!』って感じで」

鈴木「僕もその2本かなって思っていました。LINEでやりとりして2~3分で決まったよね」

この勢いで狙うは「キングオブコント」優勝!

――『キングオブコント』(TBS)の準決勝も評判でしたし、先日放送された『爆笑オンエアバトル』(NHK)でも541キロバトルで1位となっていましたが、最近調子の良さを実感することはありますか?

水川「『キングオブコント』は決勝行きたかったですけどね。でもその準決勝でやった2本のネタのおかげで、ネタ番組に呼んでもらえる機会が増えたので、それはそれでよかったような気がします」

鈴木「波が来ているならば、そりゃ乗らせていただきたいですよね~」

――TOP5のメンバー(おかずクラブ、コロコロチキチキペッパーズ、横澤夏子、ゆにばーす)の中に、“こいつには負けたくない!”と思えるライバルはいますか?

水川「みなさん先輩ですし、ライバルとかではないんですけど、コロチキさんがキングオブコントを優勝されているので、僕らも肩を並べられるように優勝したいっていう気持ちはあります」

鈴木「ナダルさんのお子さんが僕の子どもと同い年なんですよ。なんとか、僕の子どもがナダルさんの子どもに、通信簿で勝てるように育てたいです」

水川「同じ水準の教育が受けられるかどうか……」

踊り場リスナーに良い報告ができそう!

――お二人がパーソナリティーを務める『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)のリスナーにいい報告ができそうですね。

鈴木「そうですね~」

水川「リスナーの皆さんは応援してくれていると思うので、そういう方々も∞ホールに足を運んでくれるようになったら、また違うお客さんの層が来るからいいと思いますけどね」

――番組を拝聴させてもらっていますが、家庭のとんでもない事情まで赤裸々に話してらっしゃいますよね?

鈴木「皆さん応援してくださっているので、まずは家族3人住むという目標(奥さんは現在実家の北海道で暮らしている)からクリアできればと思います」

リスナーにも家族にも会うために必要なのは「営業」

――水川さんは、鈴木さんの状況をどうとらえていますか?

水川「それも僕にかかっているというか(笑)、面白いネタを書いてお金を稼げるようになったら3人で住めると思うので、そうなった場合は、お嫁さんと子どもに『感謝するように』って伝えていただきたいですね」

鈴木「よしもとは、グローバル展開に明るい会社じゃないですか。なので、芸人寮を作ってほしいですね。それがあれば僕も家族と住めたのかなと思います。あとは、やっぱりリスナーにも奥さんにも会いに行きたいので、営業を何とか……(笑)」

――最後に、今後の目標を教えてください。

水川「キングオブコントで優勝して単独ライブで全国を飛びまわりたいです。あと“ラジオ番組をやりたい”っていうのは結成当初からあった話で、今は30分の放送なのですが、1時間でも2時間でも長くやれるようになっていけたらなと」

鈴木「最終的に、僕は馬主になりたいです。そのためにどんなに小さくても、一つひとつの仕事を大切にしていきたいですね。早く馬主になって、国にたくさん税金を納めたいです」

空気階段がTOP5に加わり、よりフレッシュな魅力が増した∞ホール。足を運んでみては?