6月15日(月)、グリフォン國松がTwitterを更新。人気アイドルのものまね写真を公開し、そのクオリティの高さに注目が集まっています。

関連記事:“NEXT第七世代”ぼる塾あんり、藤本のイジリに「そういう口聞けなくなります」

 

まだ見ぬメンバーへラブコール!?

出典: @GURIFONE

グリフォン國松は今回、KAT-TUN・亀梨和也に扮した自身の写真を投稿。隣には、ダウンダウン・浜田のものまねでおなじみのハリウリサが、同じくKAT-TUNのメンバーである上田竜也に扮した写真を並べています。

「ものまねKAT-TUNまでリーチかかりました!!」と喜びの気持ちを綴り、「あとは中丸くーん!どこにいますかー??」と、まだ見ぬグループメンバーへ熱いラブコールを送りました。

2人のこのやりとりは、ハリウリサが自身のTwitterで先にものまね写真を公開し、それにグリフォン國松が反応するという流れで実現しています。視線を外しポーズを決めるグリフォン國松の顔まねは、思わず二度見してしまうほどそっくりな仕上がりです。

ファンからも、「亀梨似すぎ(笑)」と、そのクオリティの高さに驚きのコメントが寄せられていました。そして、芸人仲間であるミシェル・ながのから、KAT-TUN・中丸雄一役として「ここはコロナクラウン萬代ですね!!!」と提案を受けるも、当事者であるコロナクラウン・萬代が「俺なん!?」と困惑した様子を見せるやりとりもありました。

■そっくりすぎる! 投稿はコチラ

 

ダンサーにトレーナー…様々な顔を持つグリフォン國松

そんなグリフォン國松は、亀梨ほか、ユニット・イージードゥダンサーズのメンバーとしてTRFのものまねを披露し、話題になったことも。

そのほかヌンチャクを特技とし、ダンサーやプロのパーソナルストレッチトレーナーとして活動する一面も持ち合わせており、自身のYouTubeチャンネル『グリフォンch』では、トレーナーならではの情報を多数公開。また、それらの知識を取り入れたダンスやストレッチといったグリフォン國松オリジナルの運動も考案しています。

■ヌンチャク芸人、グリフォン國松の『グリフォンch』はコチラ

 

驚きのものまねを披露したグリフォン國松。あと一歩のところまで近づいた“ものまねKAT-TUN”の結成にも期待が膨らむ投稿でした。

【関連記事】