ラフ次元が6月11日、企画ライブ「うめゼミ」をYouTubeプレミア配信したというニュースが届きました!

クラファンで実現!

この企画ライブは、今年3月と5月に行った無料配信単独ライブ「TANDEM feat.」に続いて3回目となるクラウドファンディングで実現したもの。前回を上回る624名のサポーターから163万9500円が集まりました。

「うめゼミ」とはラフ次元が、令和喜多みな実・河野、ネイビーズアフロ・皆川と共に定期的に開催しているライブ。新型コロナウイルスの影響により、学校へ行けない生徒たちにこの状況でも笑いながら賢くなってもらいたいとの思いで企画し、今回がオンラインで初の開催となりました。

今回は、英語を得意とする梅村が「長文読解〈梅村モデル〉」、社会科担当の河野が「県庁所在地の覚え方」、数学担当の皆川が「黄金比」をテーマにそれぞれ授業を展開。更にスペシャルゲストである霜降り明星・粗品が国語担当として「俳句」の授業を行いました!

梅村モデルで大学合格…!?

梅村が行った英語の授業では、長文問題を解く際に必要な考え方を解説。実際に難関大学の長文を例に、先に問題文を読むことで長文の構造を理解するという「梅村モデル」を基にした必勝テクニックを伝授。これには、生徒たちも「この授業を聞くだけで大学に受かるかも」と太鼓判を押しました。
さらに、粗品は同志社大学文学部で専攻した俳句の知識で、生徒が詠んだ俳句に一風変わった激烈なアドバイスを送る授業を展開するなど大いに盛り上がりました。
通常は劇場で開催している「うめゼミ」ですが、今回はオンラインでしか実現し得ない試みを含んだ1時間半を超える熱い授業を展開し、第3弾クラウドファンディングの最後を飾りました。

ライブの様子はYouTubeでアーカイブ公開されているので、見逃した方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

今回のクラウドファンディング期間中は、「うめゼミ」の他にも、漫才単独ライブや、ラフ次元と芸人仲間によるコンビトークなどほぼ毎日オンライン上で配信を行ったラフ次元。
さらに今回の企画用に制作した「うめゼミ学生証」のリターンが完売。
期間中には、学生証にデザインする校章をコンテスト形式で視聴者に投票してもらう「校章-1グランプリ」など、多種多様な企画を行いクラウドファンディングを盛り上げました。

ラフ次元からはコメントが届いています!

梅村から皆さんへ

第三弾クラウドファンディングのおかげでたくさんの方とお仕事ができました!楽しんでもらえてたらとても嬉しいです!起業もしてCEOにもなったのでこれからは社長、先生、漫才師としてがんばります!
携わって下さったみなさん、本当にありがとうございました!第四弾クラウドファンディングもお楽しみに!

空から皆さんへ

応援してくれるお客さんも、内容も、回を追う事にグレードアップしている感じがして、非常に楽しかったです!今回の梅ゼミは、本当にzoomやネットにも凄く向いているコンテンツだと思いました。授業を見直せるのが大興奮です!後、個人的にクラウドファンディングを通じて写真漫才にどハマりしているので、
日常生活でも頭の中でシャッター切りながら生活するクセができました。笑

公式YouTube「ラフ次元チャンネル」も併せてチェックしてみて下さいね。

第3弾クラウドファンディング企画出演芸人

マルセイユ・津田、セルライトスパ、きんめ鯛・上田だう、天竺鼠・瀬下、井下好井・好井、インディアンス、トット・多田、祇園・櫻井、ヘンダーソン、コマンダンテ、田畑藤本・藤本、ランパンプス、ジュリエッタ、吉田たち、さや香(出演日順)

【関連記事】