6月11日(木)、JO1(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)が公式YouTubeチャンネルを更新。この度デビュー100日を迎えたメンバーが想いを語り、ファンからは祝福の声が殺到しています。

関連記事:急上昇にランクイン!JO1生配信「與那城×鶴房コンビ」のワチャワチャ感にほっこり

 

メンバーからメッセージ

出典: 『JO1』

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!)から誕生したボーイズグループ・JO1は、3月4日(水)にデビューシングル『PROTOSTAR』を発売。今回、6月11日(木)にデビュー100日を迎えたことを記念し、動画を投稿しました。

映像ではメンバーそれぞれが、デビュー当時からの変化や今後の目標を語ったほか、“JAM”(JO1のファンの呼称)に向け感謝を述べました。

出典: 『JO1』

最初に登場した川西は、ハートのミニ風船を持ち「今日でJO1がデビューして100日が経ちました」と報告。

デビュー当時から変わったことについて「メンバーがすごく仲良くなった」と明かし、これからの目標として「僕たちの気持ちは変わらずに。でも、大きな舞台で輝いている姿をJAMの皆さんにお見せできるようにする」と宣言。ファンに向け「JAMの皆さんのおかげで、今僕がここに立っています。これからも、ずっと一緒にいてください」と想いを伝えました。

「100万日でも…」世界中のファンからコメント殺到

出典: 『JO1』

川尻は、「デビュー当日から変わったことは、刈り上げが伸びました」と笑いつつ、デビュー100日を迎えられたことに「全て、応援してくださっているあなたのおかげです」と手を差し出し、感謝の気持ちを述べました。

さらに、「今日は100日、次は何日でお祝いするか、まだ分からないんですけど、1,000日でも1万日でも100万日でも、僕たちは皆さんのそばにいるので、これからもたくさん応援してください。大好きです」と話し、笑顔で手を振りました。

出典: 『JO1』

白岩は、デビュー当時のグループについて「あまりしゃべったことのないメンバーもいて、どうなるのかなと不安が大きかった」と告白。「今はすごくいっぱいしゃべるし、仲良くなったので、これからもたくさんいい思い出を作っていきたいと思います」と話しました。

さらに、JAMへ「本当にいつも支えてくれて、ありがとうございます」と頭を下げ、「これからもっともっと僕たちが、皆さんを幸せにできるように頑張っていきますので、これからもついてきてください。応援よろしくお願いします」と呼びかけました。

今回の動画を観たファンからは、「デビュー100日おめでとう!」「JO1最高です!デビューしてくれてありがと」「私たちJAMは、100万日でも、ずっっっっと応援するし、お祝いし続けたいです!」などの祝福コメントが殺到。また、国内だけではなく、世界中から祝福や応援メッセージが寄せられていました。

■JO1の100日記念メッセージ動画はコチラ

関連記事:JO1の意外な一面が発覚!? 「一番“お笑い”にストイック」なメンバーとは…

YouTubeチャンネル『JO1』

詳しくはコチラをチェック

【JO1まとめ記事】

【関連記事】