6月11日(木)、雨上がり決死隊・蛍原徹がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日)が放送されました。

©テレビ朝日

今回は人気企画『バラエティ観るの大好き芸人』。バラエティ番組を観るのが大好きな芸人たちが、番組の魅力や神回を力説していくというもの。品川庄司・品川祐、平成ノブシコブシ・徳井健太、パンサー・向井慧、出川哲朗、ロッチ・中岡創一、アンガールズ・田中卓志が出演しました。

パンサーには「菅がいる」と見せた番組

©テレビ朝日

出川は、東野幸治がゲスト出演した『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京)を振り返り、彼の「(MCの際は)フロアD(ディレクター)の気持ちで出ている」という本音や、「(番組出演は優秀なスタッフと)巡り合う旅だと思っている」という名言を紹介。徳井は同番組に対して、アンケートや事前の打ち合わせがないため「裸の言葉が出る」と評しました。

一方、中岡は『有吉の壁』(日本テレビ)を紹介。同番組内では、とにかく明るい安村の評価が高く、特に『東京って凄い』というネタに関しては「芸人が腹を抱えて笑って、どこか泣きそうになる」とコメント。同じく番組に出て人気となった、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)の“TT兄弟”ほど話題にはならなかったものの「そこがいい」と語りました。

関連記事:「有吉の壁」とにかく明るい安村の活躍に共感の声殺到「改めて面白いと…」

 

品川は「『有吉の壁』(日本テレビ)のパンサーがいいよね。菅良太郎がボーカルになっているんですよ」と熱弁。あえて尾形貴弘を“面白くない”方向に見せ、その間に管が大喜利的な企画で、笑いをとっていく構図が出来上がっており「要は、今は向井と尾形がテレビに出ているけど、“パンサーには菅っていうスゴイやつがいるんだぞ”ってプレゼンできている!」と熱のこもった言葉を放つと、向井は「ありがとうございます!」と感謝を述べました。

関連記事:元ギャル男・パンサー菅の“パラパラ”動画が話題「おうち時間で練習します」

 

そんな向井は、千鳥(大悟、ノブ)がMCを務める『相席食堂』(朝日放送テレビ)の尾形とサンシャイン池崎が出演した回を紹介。尾形が神がかり的に面白かったとし、彼の魅力に気付ける大事な素材だと話しました。尾形については出川も「心配するところ何ひとつないよ。間違いなくドッキリやらせたら一番面白い男」と絶賛します。

裏話として徳井は、大悟に「一番大変な仕事は何ですか?」と質問したところ、「相席食堂」と返ってきたと回顧。理由として「俺らなんかいなくても成立するロケを、止めてまでコメントするということは、絶対にスベれない状況。初めて見るVTRで、150%を叩かなきゃいけないハードルを越えるのが一番大変」と、話していたことを明かしました。

関連記事:千鳥ノブ「日本を元気にしてくれる」あの芸人の“芸人魂”を称賛

 

霜降り明星の“圧倒的主人公感”

©テレビ朝日

徳井は、霜降り明星(粗品、せいや)が出演する『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)をプレゼン。番組の性質として、霜降り明星のやりたいことを、スタッフ全員で練って作っているものだと推測します。

徳井は、折り紙を折れないせいやが、悪戦苦闘する回をピックアップ。粗品がツッコミを入れず、あえて泳がせたことで「お笑いってコレだ」と思ったとのこと。せいやのコンプレックスを武器にした笑いのとり方に「すごくうれしかった!」と述べると、品川も「みんなで面白いものを作っているうえで、そこに“人間”が映り込んだときに、笑いを超える瞬間を感じるんだよね」と熱く語りました。

粗品はゲームができたり、楽器ができたりと器用で引き出しが多いですが、一方で“できない部分”が多いせいや。そんな2人の極端さも相まって「霜降りが主人公すぎる」と向井。第7世代のリーダー的存在である彼らを褒め称えました。

関連記事:せいや、“第7世代”に続く新語考案も…「この番組なんやねん」まさかの展開にスタジオ爆笑

 

そんな第7世代が、『アメトーーク!』(テレビ朝日)に出演した際、本気で怒りをあらわにしたり、コンビ間でケンカをするシーンがあったと品川。自分たちは、いくら喧嘩しても最終的に笑いに持っていこうとするも、第7世代は、本気で喧嘩をすること自体が“笑い”になるとし「(自分たちには)もうできない。笑って泣いた日」と振り返っていました。

関連記事:ノブコブ徳井、「もっと評価されるべき」注目芸人を明かす【公式チャンネル開設】

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

毎週木曜よる11時15分~
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

【芸人まとめ記事】

【関連記事】