©日清食品

吉本興業は、新型コロナによる緊急事態宣言の拡大を受けて、自宅からスマートフォンやパソコンなどで手軽にコンテンツが楽しめるプロジェクト「#吉本自宅劇場」を始めています。
その「#吉本自宅劇場」の動画コンテンツでも数多くみられるオンライン飲み会。
時間を気にせず自宅から参加できる気軽さの一方、「いつ終わればいいか」という、一般的な飲み会にはない“終わり方がわからない問題”が、芸人の間でも取り沙汰されるようになっているのだとか……。

新しい文化『ファイナルヌードル』

©日清食品

この度、そんな“終わり方がわからない問題”を解決すべく、「カップヌードル」をオンライン飲み会の締めに、みんなで楽しく食べることで平和な締めをもたらす『ファイナルヌードル』(締めのラーメン)として活用する“新しい文化”を日清食品が世の中に提案。
その『ファイナルヌードル』 の魅力を訴求するため、「#吉本自宅劇場」とコラボレーションしたWebムービー「ファイナルヌードル/#オンライン飲み会に締めを」篇が、6月11日(木)よりTwitter カップヌードル公式アカウント、YouTube 日清食品グループ公式チャンネルで公開されることが決まりました。

あるある!な風景を描く

オンライン飲み会開始から4時間後、さらに飲み物を取りに行こうとする大先輩・今田耕司。一方、アインシュタイン・稲田直樹、ゆりやんレトリィバァ、霜降り明星、ミキ・亜生ら、早く終わらせたい若手は反旗を翻そうと画策するというストーリー。
この6人の他にも、終宴を惜しみ、板挟みになる博多華丸・大吉の博多華丸、蛍の光をバックにピークが過ぎたことを告げる雨上がり決死隊・蛍原徹や、大先輩との飲み会でも寝落ちしてしまうダイアン・津田篤宏、そしてオンライン飲み会ならではの狡猾さを体現するコロコロチキチキペッパーズ・ナダルという10名の吉本芸人が競演しています。

気になるストーリーは…

WEBムービー「ファイナルヌードル/#オンライン飲み会に締めを」篇は、吉本興業所属の芸人が自宅を拠点としてさまざまなエンターテインメントを発信する『#吉本自宅劇場』とコラボレーションし、9人の芸人が参加するオンライン飲み会の風景を公開します。
ラフマガでは、気になるストーリーを公開!

飲み会のピークは過ぎているのに、さらに飲み物を取りに行こうとする先輩芸人の今田を、若手芸人たちはため息交じりで見送ります。
津田は、気持ちよさそうに眠ってしまいます。(※先日、実際に津田は、今田とのオンライン飲み会で熟睡してしまいSNS上で話題になりました。)

関連記事:ダイアン津田、あの大先輩との“オンライン飲み”でまさかの寝落ち…珍事件にファン大爆笑

 

©日清食品

この状況を打破し、なんとか終わらそうとする若手が、ミュージカルのように歌い始めます。
オンライン飲み会を締めようと歌いあげる彼らを前に、「おいおい」と慌てふためく華丸は、今田と若手芸人の板挟みになってしまいます。
終宴を願う歌がさらにトーンを上げたかと思えば、突然画面に蛍原が登場し、終わりを告げる定番ソング「蛍の光」ならぬ「蛍原の光」を歌い、ついに、若手芸人たちは、意を決して、カップヌードルを『ファイナルヌードル』として掲げます。

©日清食品

今田が席に戻ると、若手芸人は稲田を中心に、全員で『ファイナルヌードル』を猛プッシュ。
意外にも、締めのカップヌードルをすんなりと受け入れた今田ですが、華丸だけは名残り惜しそうな表情を見せつつ、「ファイナルヌードルはお別れの合図ばい」と寂しげにつぶやくのでした……。

ベテランである今田を囲む「オンライン飲み会」が無事に終了。『ファイナルヌードル』を食べ終え、モニターからはメンバーの映像が順々に消えていきますが、実はナダルの映像には仕掛けがあり……!?
さらに、飲み会中に稲田が切り出した『ファイナルヌードル』の提案は、若手芸人たちの計画だったことも判明!
やり取りの内容も明かされます……!

なお、実際のオンライン飲み会で活用できる「ファイナルヌードル用バーチャル背景」も、6月11日(木)よりTwitter カップヌードル公式アカウントで配布されるとのこと。
本編と合わせ、ぜひお楽しみに。

Webムービー概要

「ファイナルヌードル/#オンライン飲み会に締めを」篇

©日清食品

出演:今田耕司、蛍原徹(雨上がり決死隊)、博多華丸(博多華丸・大吉)、津田篤宏(ダイアン)、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、亜生(ミキ)、稲田直樹(アインシュタイン)、粗品・せいや(霜降り明星)、ゆりやんレトリィバァ
放映開始日:6月11日(木)11:30

公開URLはこちらからチェック!

Twitter カップヌードル公式アカウント

YouTube 日清食品グループ公式チャンネル

【関連記事】