6月7日(日)、ミルクボーイ・内海崇がTwitterを更新。同日放送の演芸番組『笑点』(日本テレビ)への出演を報告したのですが、同時に公開した“新型コロナウイルス対策”の様子が話題になっているようです。

関連記事:ミルクボーイ、コロナに便乗した新手の詐欺に注意喚起「僕らのファン層は…」

 

リモート漫才も…“完全防備”に注目

出典: @uttakaga

今回、内海は「笑点ではリモート漫才をさせてもらいました!」とツイート。

この日、ミルクボーイは『笑点』(日本テレビ)の演芸コーナーにて、番組史上初の“リモート漫才”に挑戦。別室にいる2人が、それぞれ別のモニターに映った状態で、ネタを披露しました。

内海は続けて、「タイムラグがすごかったみたいで聞きにくくてすみません!」と、反省の弁を綴っていますが、ファンからは「面白かったですよ!」「タイムラグ感じさせないくらい、上手くいってましたよ」「お見事」など、“面白かった”というコメントが集まっていました。

一方、「今日は完全防備撮影!」と投稿された写真には、マスクを付けた上で、さらにフェイスシールド、保護メガネを付けて“完全防備”している内海の姿が。

これに対して、「カオ隠して、カド隠さず」「溶接工のよう…」といった声も寄せられました。

長田の“重装備”もコロナ対策?

完全防備すぎるコロナ対策が注目を集めた内海でしたが、以前はチョコレートプラネット・長田庄平の“重装備”が話題になったことも。

帽子に大きなゴーグル、そして口にはマスクのようなものを装着した自身の写真をアップした長田。「#4時間鉄削ってる」「#コロナ対策じゃないよ」というコメントの通り、何かの制作作業中だった様子ですが、あまりの重装備に「コロナ対策かと思った」など、感染症対策を思い浮かべたファンから多数コメントが寄せられました。

関連記事:チョコプラ長田の“重装備”にコメント殺到「コロナ対策かと」

 

今回、リモート漫才にのぞんだ内海。番組は大いに盛り上がったようですが、「早く生でできる世の中になりますように」など、いつも通りの漫才を期待する声も見られました。

【芸人まとめ記事】

【関連記事】