6月7日(日)、チョコレートプラネット・長田庄平がInstagramを更新。髪を切った姿が港区の開業医のようだと報告し、白衣を着て開業医の姿を再現したところ、ファンから爆笑の声が届いています。

関連記事:チョコプラ長田、手作りの“コロナ対策グッズ”に大反響「これは本当に欲しいやつ」

 

診療科目は、まさかの“肩科”?

長田はInstagramで「髪の毛切ったら港区の開業医になりました。」とコメントを添え、自身の短くなった髪型を公開。

写真の長田は、白シャツにブルーのネクタイを締め白衣を着ており、“港区の開業医”に扮している模様です。

また、実際にあるかのような“長田クリニック”の住所や診療時間、診療科を紹介。“長田クリニック”は南麻布の「広尾ショルダービル6F」にあるようで、「肩科」と見慣れない診療科も。診療時間に至っては「月〜金14:00〜14:20」と平日20分のみと短い診療時間となっているようです。

長田の投稿にファンからは、「こんなDr居ますねw」「こういう人いる 本当港区の開業医」と共感の声が寄せられました。また、「ショルダービルで肩科w」「20分しか診療時間ない」「診療時間みじかっ」「肩科ってなんすか笑」とツッコミどころ満載の“長田クリニック”に対して、爆笑するコメントも殺到していました。

しゅんPにリアルな医療現場の声を聞く

吉本芸人には、本当の医師の存在も。医師免許を持ち、現在医療の現場に立つしゅんしゅんクリニックP(以下、しゅんP)は、芸人と医師を両立しています。そんなしゅんPに、先日ラフマガはインタビューを実施。

しゅんPは医師として「コロナで一番怖いのは“未知であること”だと思うので、一人ひとりが意識を持って、思いやりのある行動をすることが大事だと思います」と語っていました。

関連記事:現在100%医師のしゅんP独占インタビュー! 医療の現場と医師としての願い!

 

髪を切ったことを報告し、港区の開業医に扮した長田。“長田クリニック”にツッコミや爆笑のコメントが殺到する投稿となりました。

【芸人まとめ記事】

【関連記事】