6月6日(土)、バンビーノ・藤田裕樹がオンライン結婚式を開催しました。

「ダンソン」でのブレイクや東京進出のタイミングが重なり、2015年の入籍から挙式の機会に恵まれなかった藤田。この度、妻・かおりさんの提案で、完全オーダーメイドのオリジナルウェディングブランド『CRAZY WEDDING』を運営する株式会社CRAZYのオンライン結婚式サービス『Congrats』を利用し、挙式を執り行ないました。

関連記事:バンビーノ藤田&アインシュタイン河井の“オンライン料理教室”が話題!「動画見ながら作ります」

 

カバと爆ノ介が一夜限りの復活で祝福

結婚式には芸人仲間をはじめ、2人の家族や日本全国の友人など400人以上が参加。藤田は「(自ら)誘っておきながら多くの方が参列されていると聞き、びっくりしております。みなさまが入室されるのを見ながら、妻と2人でずっと泣いておりました」と感激しきり。

クラウドファンディングサービス『SILKHAT』の支援者も参加して行なわれた余興では、藤田の希望により、2016年に解散したコンビ“カバと爆ノ介”が一夜限りで復活。藤田は「(一度解散しているのに)再結成してもらうってセンシティブなことですけど、2人とも快く引き受けてくれた。これを観られただけで、結婚式をやってよかったなと思います」と感謝を述べました。

そのほか、バイク川崎バイク、コロコロチキチキペッパーズ(ナダル、西野創人)、衹園(木﨑太郎、櫻井健一朗)、アイロンヘッド(ナポリ、辻井亮平)、もう中学生、プラス・マイナス(兼光タカシ、岩橋良昌)、ミキ(亜生、昴生)が祝いの芸を披露。もう中学生のネタの最中、オチの場面で画面が固まるというハプニングが起こった際には、参列者全員が手を叩いて爆笑します。またトリを務めたミキは、リモートでも息ぴったりの漫才で大きな笑いを起こしました。

藤田「幸せな3時間だった」と喜びを

3時間にも及ぶ結婚式のあとには、オンライン囲み取材を実施。藤田夫妻、バンビーノ・石山大輔、コロコロチキチキペッパーズ、司会を務めたエハラマサヒロが参加しました。

藤田は「僕たちにはベストの結婚式。パソコンの中にみんなの顔が映っていて、ニコニコしている姿をずっと見られた、幸せな3時間でした」と大満足の様子。いちばんグッときたシーンを聞かれると「手前味噌ですが、全プログラム最高だった」と前置きした上で、「唯一泣いちゃったのは、“カバと爆ノ介”が昔のネタをやってくれたところ。それぞれにお願いしたんですけど、“藤田のためならやるよ”と言ってくれた。2人の男気に感動しました」と語ります。

妻・かおりさんは「終わってからLINEに100件くらい、“楽しかったよ”とメッセージが届いています。実現できてよかったです」と笑顔を見せ、「親族と友達で、NSCに通っていた頃から知っているエハラさんに司会をしてもらえるとは。今日お会いして温かい気持ちになりました」としみじみと語りました。

相方・石山も藤田を祝福!

当初、来場予定ではなかった相方の石山。「結婚した時も子どもが産まれた時も照れくさくて祝儀が渡せなくて、また今回もお祝いを渡されへんのかとショックだったんですけど、4日前くらいにやっぱり来てくれへんかと言われた」と来場の経緯を説明。「(呼んだのは)たぶん祝儀目当て」と茶化しながらも、「今日は心からお祝いできます」と祝福しました。

リモートで余興を披露した西野は、「ネタが正直ウケたかどうかわからないですけど、貴重な経験になりました」とコメント。ナダルは「ネタは自宅でやっていると緊張感が一切ない。なので、エハラさんに迷惑をかけてしまってすみませんでした」と画面越しに謝ります。

そんなナダルに、「ナダル、ちゃんとウケてたよ!」と優しく声をかけたエハラ。さらに、オンラインでの結婚式という新しい試みでの司会を、「(パソコン越しに)参列者全員の顔が見えるし、拍手したり楽しんだりしているのが見られて温かい気持ちになりました。余興もみんながのびのびとやっていたし、司会もやりやすかったですね」と振り返りました。

関連記事:“備蓄メシ”にオススメ!今すぐ作りたいバンビーノ藤田のお手軽レシピ2選

【関連記事】