日南響子が主演し、豪華キャストで贈る話題の映画『銃2020』。

すでにビジュアルとともに年内に公開されることが発表されていた本作ですが、ついに公開日が決定したというニュースが届きました!

関連記事:日南響子が銃に翻弄…年内公開決定の映画『銃2020』は「全員がクレイジー」

新たな視点で描かれた『銃』

この度、7月10日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開されることが決定した映画『銃2020』。
本作は作家・中村文則のデビュー作「銃」(河出文庫)の映画化で2018年に公開された『銃』(主演:村上虹郎)に続き、新たな視点で描かれた作品となっています。
「銃」原作の作家・中村文則が原案となるオリジナル作品で、中村自身が初めて脚本を担当。
また、『銃』と同様に企画・製作を奥山和由プロデューサーが務め、武正晴監督がメガホンをとり、脚本も担当。
3人のタッグによる作品が再びお目見えする形となりました。

個性豊かなキャストたちによる狂気が誘うエンタテインメント映画

登場人物の全員が狂気に満ち、目を覆うシーンも多い本作。
その人物たちを演じるキャストたちには、演技派で個性豊かな魅力溢れる俳優陣が揃いました。
主人公の東子(トオコ)を演じるのは、日南響子。『銃』ではキーマンのトースト女を演じた彼女だが、本作では、銃を拾い、その銃に翻弄される女に挑戦。

また、銃が引き寄せた縁により東子が出会う謎めいた男を演じるのは、佐藤浩市。
東子を執拗に追い回すストーカー・富田を演じるのは、加藤雅也。
東子を毛嫌いし、精神を病んでいる母・瑞穂を演じるのは、友近。
そして、東子を破滅へと追いつめる刑事に、吹越満。

主人公“東子”を中心に、闇を抱える狂った人物たち。魅力あるキャストたちが、このぶっ飛んだワールドへ観客たちを誘ってくれます。
なお、『銃』の主演を務めた村上虹郎が、“西川トオル”として1シーンだけ出演。そのトオルを追い詰める刑事を演じたリリー・フランキーも同じく刑事役として特別出演を果たしています。
ほか、山中崇、宇野祥平、篠原ゆき子、内田慈、また『銃』にも出演していた岡山天音、サヘル・ローズ、片山萌美、中村ゆうじなども出演する話題作となっています。

気になるストーリーは…

「昨日、私は拳銃を拾った。こんなに奇麗で、不機嫌そうなものを、私は他に知らない」。深夜、東子(日南響子)は自分の後をつけてくる不穏なストーカー・富田(加藤雅也)から逃れるため、薄暗い雑居ビルに入る。流れ続ける水の音が気になり、トイレに入ると辺りは血に染まり、洗面台の水の中に拳銃が落ちていた。拳銃を拾った東子は、電気が止められ、ゴミに溢れた部屋に一人戻る。拳銃を確認すると、中には弾丸が四つ入っていた。

自分を毛嫌いし、死んだ弟を溺愛し続ける母・瑞穂(友近)を精神科に見舞った後、東子はこの銃が誰のものだったのかが気になり、再び雑居ビルに行く。そこで見かけた不審な男・和成(佐藤浩市)の後をつけるが、逆に東子は和成に捕まってしまう。
事件が不意に起きる。隣の住人の親子がある男を殺害する。「早く撃ちたいよね。……これでいい?」東子は埋めるのを手伝った後、その死体に向かって拳銃を撃つ。

だが拳銃の行方を探す刑事(吹越満)に、東子は追い詰められることになる。「また来る」刑事は去っていくが、何かがおかしい。銃そのものに魅了された東子はさらに事件の真相に巻き込まれ、自らもその渦の中に入っていこうとする。東子の「過去」が暴発する。そして――。                 (ストーリー文・中村文則)

豪華キャストでお送りする話題作、公開劇場については随時、公式サイトにて発表されるとのことなので、ご注目くださいね。

映画概要

『銃2020』

日南響子 加藤雅也 友近 吹越満 佐藤浩市

企画・製作:奥山和由
原案:中村文則
監督:武正晴
脚本:中村文則・武正晴
製作:吉本興業
企画:チームオクヤマ
制作プロダクション:エクセリング
配給・宣伝:KATSU-do
©吉本興業
2020年 / 日本 / カラー / 76分 / DCP / 5.1ch / ヨーロッパビスタ   レイテイング:G
公式サイトはこちらからチェック!
公式SNS:(Instagram) gun_movie2020 / (twitter) @GunMovie

【関連記事】