5月31日(日)、YouTubeチャンネル『ヨシモト∞ホール公式チャンネル』にて『魅せろ芸人魂!~同居人寝起きドッキリ王決定戦~』が配信。ルームシェアをしている芸人による“一番面白い寝起きドッキリ”を決定する企画なのですが……?

関連記事:吉本芸人“胸キュン王”が決定!? 審査員・相席スタートも予想だにしないまさかの展開とは…

 

“寝起きドッキリ”のはずが…?

双子漫才コンビである、ダイタク(吉本大、吉本拓)がMCを務める今回の企画。ルームシェアをしている芸人に、“寝起きドッキリ”をやってもらい、一番面白いチームを決定します。しかも、ドッキリを仕掛けられるターゲットにも、企画内容は伝える“オープンなドッキリ”とのこと。果たしてうまくいくのでしょうか……?

4組中、2番目にエントリーしたのは、キンボシ・有宗高志、ゲラゲラ星人、ダンビラムーチョ・原田フニャオ、ななまがり・初瀬悠太が同居する“方南町ハウス”の面々。

おでこにマイクを当てながら登場した有宗の案内で、奥の部屋の戸を開けると、ネタを書きながら寝落ちしている、ゲラゲラ星人の姿が。しかし、布団の足元にカメラを向けると、1人とは思えない胴体の長さです。一体どうなっているのかと起こしてみると、上半身はゲラゲラ星人ではなく、初瀬だったことが判明。

4人は「以上です」と中継を切ろうとするのですが、ダイタクは「絶対切らないでくださいね」と引き留めます。“寝起きドッキリ”になっていないボケに「企画を履き違えてる」と説教を受けてしまいました。

世界感が強すぎてお蔵入り!?

続いては、男性ブランコ・平井まさあき、ZAZY、サンシャイン・坂田光の3名が同居する“カサグランデ”。なぜか口紅を塗っている平井と、自作の射的をやりながら登場した坂田の案内で、ZAZYの部屋に突撃します。

部屋の電気をつけて、奥に眠るZAZYの布団をめくると、そこにはキャッチャーの格好で眠るZAZYの姿が。さらに、グローブの中には“愛”と書かれたボールも握られており、どうやら単独公演に向けたネタ作りの最中に眠ってしまった模様……? ダイタクから「世界観が強すぎる」とツッコまれ、途中終了となってしまいます。

ここまで1組も“寝起きドッキリ”を行なっていない状況に、「このままでは、史上初のリモート収録お蔵入りでは……。」と、ダイタクが不安を漏らしていましたが、ファンからは「履き違えてる感込みでみんな面白かったです」「カサグランデめちゃくちゃ面白かった」「これ回せるの、ダイタクだけでしょう(笑)」など、爆笑の声が集まりました。

■爆笑の“寝起きドッキリ”動画はこちら

 

審査委員長の大による審査の結果、トリを務めた“幡谷ハウス”の優勝となりましたが、企画から外れた動きばかりの芸人達に、ファンからは爆笑の反応が多く寄せられた動画となりました。

『ヨシモト∞ホール公式チャンネル』

詳しくはこちらをチェック

【関連記事】