俳優の高良健吾が、3月25日(月)、帝国ホテルで開催された映画『多十郎殉愛記』完成披露記者会見に出席しました。

本作は、菅原文太さん主演の『木枯らし紋次郎』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズなどを代表とする鬼才・中島貞夫監督の20年ぶりとなる長編時代劇。平成最後の“ちゃんばら時代劇”として、公開前から話題となっています。

記者会見には、高良や中島監督のほか、多部未華子、木村了、永瀬正敏、寺島進も出席しました。

“斬る役”も“斬られる役”も会得しようとしていた高良

高良は「30代最初の現場でした」と回顧。「中島監督の現場を踏めたことは幸せなことだと思っています」と喜びを表現します。

監督は高良について「話してみると実に好青年」と褒めます。

高良には、クランクインする前に京都の撮影所で殺陣の稽古を2ヶ月ほど取り組んでもらったとのこと。監督が同時に“斬られ役”のキャストの稽古を進めていると、彼から「切られ方を勉強したい」と申しだされたらしく、このときに高良に好感を持ったそう。

殺陣のシーンでタイミングを合わせる難しさは、“斬られる側”にあるとし、「そのときに“わかっとるなコイツ”と思いました」と笑顔に。「それから彼の殺陣の力は伸びていった」と太鼓判を押しました。

また、中島監督と作品を共にしていた俳優・菅原文太さんのファンである高良は、「監督が、たまに僕のことを間違えて“文ちゃん”って呼ぶんです。とても光栄でした」と振り返り、笑いを誘う一幕もありました。

高良が守りたいものは「睡眠時間」

記者会見終了後には、丸の内TOEIにてプレミア上映会舞台挨拶も実施されました。

映画の内容にちなんで「守りたいもの」を問われた高良は「睡眠時間」と回答。若者には、睡眠時間を削ってでも遊ぶ人が多いなかで、高良さんは「遊びを削ってでも睡眠時間をとる」ことを心がけているそうで、「7時間は寝たい」と明かします。

寺島から「今日は夜中の2時まで飲むからな?」と誘われると「明日早いので」と遠慮する素振りをみせた高良。寺島は、いつもの口調で「やかましいバカ野郎!」と言い、お客さんを笑わせました。

一方寺島と木村の回答は、「家族」で一緒になりました。木村が「普段から(愛を)伝えています」と語ると、寺島は「一人もんの時とは違って、8歳の娘と4歳の息子とかみさんとお袋がいたら“命を削ってでも守らなきゃいけねぇなぁ”って」と家族愛を述べていました。

また、撮影現場となった京都・東映太秦撮影所の雰囲気を尋ねられた多部は、「いつも優しく迎えてくれるイメージ」と印象を語り、スタッフは厳しさのなかにも愛があったと振り返りました。

最後に高良は、「時代劇は年齢層を選ぶイメージを持っている人がいるかもしれませんが、この作品は幅広い世代に観てもらえる作品になっていると思います」とアピールしていました。

高良健吾が主演する映画『多十郎殉愛記』は、4月12日(金)に全国公開予定です。お楽しみに!

映画『多十郎殉愛記』

監督:中島貞夫
出演:高良健吾、多部未華子、木村了、永瀬正敏、寺島進ほか
配給:東映、よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式サイト:http://tajurou.official-movie.com/
4月12日(金)全国ロードショー