5月22日(金)、NMB48・吉田朱里が自身のYouTubeチャンネル『YoshidaAkari』を更新。NMB48メンバーである森田彩花、清水里香、南羽諒と一緒にデカ目メイクを披露しました。多くの女性の心を掴んでいる人気コスメブランド『B IDOL(ビー アイドル)』をプロデュースしている吉田らしく、プロもうなる“神テクニック”を披露しました。

関連記事:NMB48吉田朱里、“おうち時間”での美容法を公開!「乾燥してきたなと思ったら…」

 

吉田直伝、デカ目メイクに挑戦!

出典: YoshidaAkari

毎週投稿している『NMB48の難波自宅警備隊』ですが、今回のテーマは“デカ目メイク”。吉田ならではのメイクテクニックを次々と披露し、大きな反響を呼んでいます。

ブラウンシャドウを使って、いざメイク開始

出典: YoshidaAkari

アイシャドウをアイホールに塗るとき、二重幅より少し上が定説だそうですが、それよりも少し広く入れるのが吉田流。丸目に見せたいという吉田は、中心が高くなるようにアイシャドウをのせているのだそう。さらに、デカ目に見せるために二重の幅に色をのせるというテクニックも。

ラメも、全体にのせると白飛びするので、一番光をキャッチする箇所にのせるという神ワザなどが飛び出し、他メンバーも感心していました。

南の初挑戦も!吉田流のアイラインの引き方とは

出典: YoshidaAkari

続いてはアイラインのレクチャー。まつ毛とまつ毛のキワを埋める際、「普段は目尻しかアイラインを引かないからうまくいくかな……」と不安がる南に、「鏡を覗き込むように描くと、うまくいくよ」とアドバイスを送るシーンも見られました。

デカ目メイクの最後の仕上げはマスカラで

最後の仕上げにマスカラを使用し、ビューラーで上げたまつ毛を、さらに持ち上げていきます。根元からマスカラをしっかりと塗布するのですが、そのときに、目尻や目頭のまつ毛それぞれが広がることで、デカ目に見える効果があるのだとか。

続々と披露されるテクニックに、ファンからは「メイクってすごい、、もともと可愛い4人がめちゃ可愛いに進化した」「みんなかわいい!明日のメイクが楽しみ!デカ目目指します」などのコメントが溢れていました。

■話題の動画はコチラからチェック

 

吉田のプロ顔負けの凄腕テクニックに、メンバーも「勉強になった」と絶賛の動画でした。

『YoshidaAkari』

詳しくはこちらをチェック

【関連記事】