5月28日(木)、雨上がり決死隊・蛍原徹がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日)が放送されました。

今回の企画は、熟女好き芸人が集結し、プロ野球のドラフト会議と同じ要領で行なう『熟女ドラフト会議』。“同日開催の食事会に招きたい熟女”1位から4位を指名し、競合した場合には、蛍原がくじで決定します。

ドラフトには、ロバート・秋山竜次、コロコロチキチキペッパーズ・ナダル、キャイ~ン・ウド鈴木、ナイツ・塙宣之、オードリー・春日俊彰が参加し、ゲストMCとして千原兄弟・千原ジュニアが出演しました。

関連記事:ロンブー淳がリモート異業種交流会で“オンライン名刺交換”「離れていても一気にできる!」【PR】

 

ロバート秋山はかたせ梨乃に…

バラエティー番組での活躍でも知られる俳人・夏井いつき氏を1位に指名した秋山。「品がたまらない」と言い、日ごろテレビでは見ることのできないカジュアルな服装の写真をネットで探したり、食事会で俳句を詠んで「叱られたい」と話したりと、その想いを述べました。

さらに2位に指名した、かたせ梨乃に対しては「エロスを感じる」と言い、最終的に「余計な事はいいから髪をとかしてあげたい……」とコメント。その後、3位に白鴎大学・岡田晴恵教授、4位に余貴美子を指名。「『ドラフト』では人間性が見える」と言っていたジュニアは、秋山のチョイスを「知的(な雰囲気)」と評していました。

ナダルのチョイスにジュニア「人選がカッコいい」

ナダルは1位の阿川佐和子に続き、2位に五月みどりを指名。自身が“熟女好き”になったきっかけでもある友人の母親に、五月が似ているとその理由を語りました。

当時小学2年生だったナダルは、友人宅でかくれんぼをした際、母親が秘密にしていたと思しきとある写真を発見。「これ何?」と本人に質問し怒られたとのことですが、“(怒られたのに)そんなに嫌じゃないぞ”と思ったと回顧。それ以降、上の年齢の女性に興味を持つようになっていったと明かしました。

結果的にナダルは、3位に夏木マリ、4位に衆議院議員・稲田朋美を指名。そのラインナップを見たジュニアは「人選がカッコいい」と称賛していました。

さらに今回、ニューヨークにいるピース・綾部も書面にて参加。3位に女優のアンジェラ・バセット、2位に女優のジェニファー・ロペス、1位に友人のネイリストであるサンドラを指名しました。アンジェラとのツーショットが公開されると、ジュニアは「(パーマや顔の雰囲気も相まって)どぶろっく(森慎太郎)みたいになってんなぁ」とポツリ。抜群のたとえがスタジオの笑いを誘っていました。

『アメトーーク!』(テレビ朝日)

毎週木曜よる11時15分~
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

【芸人まとめ記事】

【関連記事】