5月26日(火)、パンサー・尾形貴弘がTwitterを更新。人間ドックで虫垂に炎症が見つかったという尾形が、無事手術が終了したことをファンに報告しました。

関連記事:ロンブー淳がリモート異業種交流会で“オンライン名刺交換”「離れていても一気にできる!」【PR】

 

ファンからの応援に感謝

5月23日(土)、「人間ドックで虫垂に炎症が見つかり水も溜まってるみたいなので、僕は至って元気なのですが、ちゃんと見てもらう為に手術することになりました」と自身の入院を報告した尾形。

今回の投稿では、「昨日無事に手術がおわりました!!みなさん応援サンキューーー!!!」と、無事手術が終了したことを明かしました。さらに「めちゃくちゃ怖かったです!!お腹を切ったので今日は痛くて痛くてたまらない。。。はぁ。」と術後の様子にも言及しています。

これにファンからは「お大事になさってください」「今は無理なさらずゆっっくり休んでまた元気にサンキューーーー!!して下さい」「ツイート見れて安心しました、、、、早く元気な姿を見たいです」などとコメントが殺到。

また「お腹もすいたな。。。」と食欲がある旨を綴っていることから、L L R・伊藤智博は「おつかれ!良くなったらパスタ作り行かせて!」とコメント。ファンからも「お腹がすいたって聞いて元気そうで安心しました」「ご安静に!飯いっぱい食ってください!笑」などの声が寄せられていました。

「もがき苦しみながら娘の動画を見てる」

さらに5月27日(水)には、「お腹痛くて痛くて気づいたらもがき疲れて寝てしまい、お腹痛くて痛くて激痛で目が覚める。ずっとそれを繰り返している。」と現状を告白。

一方、「サクちゃんの可愛いい動画ばっか見てるから傷の治りが良くないらしい。看護師さん言うには、もがき苦しみながら娘の動画を見てるらしい。」と激痛に耐えながらも愛娘の動画を見ていると話す尾形に、「愛する家族のためにファイト!」「あいちゃんとミクにも早く会いたいですね…!」などのコメントも殺到していました。

関連記事:パンサー尾形、「水ダウ」ドッキリの“後日談”にファン爆笑「まだ使ってたんですね」

 

その後、5月31日(日)には病院での食事の様子とともに、出演した『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の告知をツイートしていた尾形。一連の投稿には、ファンから多くの応援コメントが寄せられていました。

【関連記事】