5月27日(水)、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)がMCを務める『水曜日のダウンタウン』(TBS)が放送されました。

芸能人・有名人たちが、自分だけが信じる“説”を独自の目線でプレゼンし、VTRやトークで検証する同番組。今回の企画は『浜田高笑いベスト10』という、これまで放送してきた企画の中で“浜田お気に入りの説”をランキング形式で紹介していくというもの。番組独自の算出方法で“高笑い度数”を計算し、順位づけをしていきました。

関連記事:ロンブー淳がリモート異業種交流会で“オンライン名刺交換”「離れていても一気にできる!」【PR】

 

腰が抜ける尼神・誠子に浜田は…

浜田にはお気に入りの傾向があるらしく『“〇〇したら人がいる”が結局一番怖い説』や、激臭の空気砲をネタ中や収録中の芸人に発射して反応を伺う『臭い空気砲』など、人が苦しむ様子に爆笑する浜田の“ドS”の性格が丸見えに。

『“ベッドの中に人がいる”が結局一番怖い説』では、パンサー・尾形貴弘がターゲットに。自宅に1人でいる状態で布団に転がると、そこには何かの感触が。布団をめくると知らない人の姿があるため、尾形は「ダメだこれ!」と雪が降る家の外まで裸足で飛び出しました。スタジオが爆笑に包まれる中、松本も「これは楽しいわ!」とコメントしました。

続いて、尼神インター・誠子。尾形と同じくベッドに何らかの感触があるため、布団をめくると、知らない男性の姿が……。誠子は「キャー!」と悲鳴を上げ地面に座り込み、這いつくばりながら逃げようとします。そんな誠子の姿を見て浜田は「腰抜けた! 腰抜けてる!」と指をさして高笑いをしていました。

浜田が“爆笑の向こう側”へ!

そんな中、第1位となったのは、同シリーズの『“後部座席に人がいる”が結局一番怖い説』。こちらはマテンロウ・アントニーがターゲットとなりました。

忘れ物を取りに行った先輩を車の助手席で待っていると、後部座席に人がいる……というドッキリ。検証スタート後、数分後に気づいたアントニーは「うぁー! え、誰ですか?」と大慌て。車から出られないほどパニック状態のアントニーに、浜田はこれまでにない表情を見せ大笑いしました。ナレーションでは、興奮のあまり別人の顔つきになってしまった浜田について、「静止画で見ると、泣いているようでもあり、怒っているようでもある。爆笑の向こう側へ……」と語られました。

今回の浜田の反応に、松本は自身の公式Twitterで言及。笑う浜田の画像を添付し、「これがオレの相方なんやなぁ〜」と泣き顔の絵文字入りで紹介し、フォロワーの笑いを誘いました。

視聴者からも浜田のドSぶりに多くの反応があり、SNSでは「浜ちゃんの笑い顔は幸せな気持ちになるね」「人の不幸が三度の飯より好きな浜田w」「近年の浜田さんの笑い方はブラックデビル化してる」といった声がありました。

『水曜日のダウンタウン』

毎週水曜よる10時~
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/suiyobinodowntown/

【芸人記事まとめ】

【関連記事】