5月17日(日)、紅しょうが・稲田美紀がYouTubeチャンネルを更新。現在、話題沸騰中の韓国ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』(Netflix)に出てくる料理と食事シーンを再現し、ファンから反響が寄せられています。

関連記事:ロンブー淳がリモート異業種交流会で“オンライン名刺交換”「離れていても一気にできる!」【PR】

 

炒め物は「野菜を投げ入れる」

今回、稲田は最近ハマっているドラマ『梨泰院クラス』に出てくる数々の料理の中から、美味しそうだったという「豆腐チゲとコチュジャンの豚肉炒め」を再現することに。

まずは「コチュジャンの豚肉炒め」。細切りにした豚肉やニラといった材料を用意し、「それっぽく作ってみようと思います」と料理をスタートさせます。「ごま油を垂れ流す」と独特な表現のテロップが流れる中、フライパンに油を入れ、慣れた手つきで進行。

発泡酒を片手に、飲みながら「豚肉から炒めて、野菜も投げ入れます」とのテロップ通り、料理を進めていきます。「コチュジャン、砂糖、酒、みりん、醤油を合わせて、いてこます」と関西弁を交えながら作り方を紹介し、あっという間に完成です。

関連記事:「梨泰院クラス」ドハマり芸人が続出!トレエン斎藤は衝撃モノマネを披露…!?

 

「豆腐チゲ」でシーンの検証?

続いて「豆腐チゲ」を作ることに。ドラマでは、ある人物が煮えたぎるチゲを黙々と食べるシーンがあったことを受け、「そんな反応でいけるのかっていうのを検証したい」と、チゲ用に韓国の土鍋・“トゥッペギ”まで買ったという稲田。

“トゥッペギ”を用い、「ごま油で豚肉炒めて他の具材とお水ぶち込みます」と、引き続き発泡酒を片手に黙々と料理を進めます。

さらに、「醤油、赤唐辛子の粉、赤唐辛子をかちこむ」「卵最後に入れて、とにかく煮っ潰す」と稲田節を炸裂させたテロップで説明しながら進行し、見事完成に至りました。

2品が出来上がったところで、いざ実食。「10話にちゃんと出てきます」という「コチュジャンの豚肉炒め」を食べ、「うん! めちゃくちゃ美味しいです」と大満足の様子。

続いて、「豆腐チゲ」は「めちゃくちゃ似てると思いませんか?」と完成度の高さを喜びつつ、食べていきます。しかし、口にした瞬間にあまりの熱さのせいか、大きくせき込むという結果に。「正解は咳8回!」と、“作中のようには食べられなかった”という検証結果を示しました。

■稲田流『梨泰院クラス』レシピはコチラ

 

今回、動画を視聴したファンからは、「垂れ流す、いてこます、かちこむ、煮潰すとか表現がいちいち気になるwww」「呑みながら喋りながら、楽しそうでしたw」と爆笑した様子のコメントが寄せられていました。

また、ラフマガでは『梨泰院クラス』をこよなく愛する芸人たちが、同ドラマにハマったきっかけ、見どころなどを思う存分語り合う座談会も開催。この様子は近日公開予定ですので、こちらもどうぞお楽しみに。

YouTubeチャンネル『初めまして紅しょうが稲田美紀です。』

詳しくはこちらからチェック!

『梨泰院クラス』大好き芸人座談会

<出演者>
トレンディエンジェル・斎藤司
ジャングルポケット・太田博久
ニューヨーク・屋敷裕政

近日中に公開予定!

【関連記事】