新型コロナウイルスの影響で放送開始が延期となっていた、アキナ(山名文和、秋山賢太)がMCを務める新番組『バズ★ナイトナマー!』(MBS)が、5月28日(木)にいよいよスタートします。

これに先駆け番組の魅力を伝えるべく、5月21日(木)、アキナがMBS動画イズムとYouTube、Twitterで生配信を行ないました。

関連記事:アキナがゆる〜い旅チャンネルをスタート! 「もんのすごいプライベート旅」

 

前哨戦、秋山と山名の動画バトルは大差で…

同番組では若手芸人20組が、「バズりそう」「オモシロければ何でもアリ!」をテーマに、約30秒のショート動画を作成しSNSにアップ。1週間の総再生回数をもとに“バズった動画”のみをランキング形式で、時間が許す限り紹介していきます。「バズらなければオンエアなし」という過酷なルールのもと、出演者がテレワークで勢揃いする“オールリモート生放送バラエティー”となっています。

『#0 5月28日スタート!~一週間前にバッチリ楽しさ伝えちゃうよ!スペシャル~』と題した生配信には、アキナの2人もソーシャルディスタンスをしっかりと保って登場。番組内容をVTRとトークで紹介し、「みんなでバズらせて全国、世界へと拡大する動画を生み出す!」と視聴者に呼びかけました。

また番組のシステムをより分かりやすくするため、事前に秋山と山名が撮影し、各プラットフォームにアップした動画の再生回数を本番さながらに生発表。結果は山名の動画が秋山に1万回以上の差をつけて勝利しましたが、お互い手に汗握る緊張感を味わい、戦々恐々となる2人でした。

さらに、出演芸人の中からミルクボーイ、ツートライブ、ラニーノーズの3組が加わり、それぞれが意気込みを語る場面も。

1位へのご褒美として、大阪チャンネルで配信される特別番組のメインMC権が与えられるという発表には、6人のテンションも急上昇しました。最後は芸人たち渾身の“今週のショート動画”を一気にアップ。アキナは「ぜひ全部の動画を見て、気に入ったものは何度も見て」とコメントしていました。

9年前の冠番組を振り返る

配信終了後、アキナがリモート取材に応じました。

秋山は、2011年に同局で生放送されたトリオ時代の番組『やかせて!ソーセージ』(MBS)(約4か月で終了)を引き合いに出し、「大抜擢していただいたのに、それをうまく活かせなかった。ずっと、もう1回やりたいと思っていたので同じミスをしないように、山名くんと2人でしっかり長く続くようにやっていきたい」とコメント。

山名も「あの頃は右も左もわからないままやっていた。その後、いろんなことを経験してきたので、今こそ『やかせて!ソーセージ』に置いてきた荷物を取りに行きたい」と笑いをまじえて決意表明しました。

また、『やかせて!ソーセージ』時代は、「カンぺを気にしすぎて、“カンぺが出てない時はどうしたらええんや?”っていうアドリブのきかないMCだった」という秋山。

「今は、なんやったら“次、行ってください”と出ても、“もう行くん?”ぐらいの余裕が出てきてる」とのことで、「もう1回チャンスが回ってきて本当に感謝ですね。成長した自分が楽しみです」と笑顔を見せます。

山名は「生放送でスタッフさんもきりきり舞い。時間通りにいかないものを生で番組終了までに終わらせなアカンから、怒声が飛び交っていた」と振り返り、「ああいう声に対して、ある意味心を閉ざすっていう(笑)」と、良い意味で“図太く”なったとアピール。秋山は「確かに、CM明けとか唇震えてたもんな(笑)」と、緊張の中臨んでいた当時を懐かしみました。

ズバリ!注目芸人は?

「20組の中で特に注目する芸人は?」との質問には、「選べないぐらい全組楽しみ」と口を揃えながらも、それぞれ“推し”を紹介。

秋山は昨年末の『オールザッツ漫才2019』(MBS)から一気に注目を浴びた白桃ピーチよぴぴを挙げ、「初めての空気感というか、会うたび好きになっていってる」と熱烈ラブコール。「不思議やし、何をやってくるかも読めないし、癒される。ちゃんと面白さも入れてくるし……」と魅力を語りました。

一方、山名はダブルアート・タグをプッシュ。「動画、漫才、コントとジャンルによって“こんなに幅あるんや!”っていうぐらい変わるんですよ」と、その発想力や芸術性に期待を寄せました。

また、今年3月にYouTubeで『アキナのアキナいチャンネル』を開設していることもあり、“バズる”コツを聞かれると、秋山は「僕らが教えていただきたいぐらい。ただただ面白いものを撮ってもバズらなかったりしますし……」と苦笑い。

一方、山名は「ほんまに面白い動画を観た時のあの破壊力は、やっぱりえげつない。YouTubeでバズってる面白い動画を観た時の、何回も観たいってクセになるやつ、みんなに広めたくなるやつ。ここでやっぱり戦ってほしいと思う」と話しつつ、「ただ、アドバイスは一つもない(笑)」と付け加え、現場の笑いを誘いました。

山名、“事件発生”の予想!?

リモート収録は増えたものの、“生放送”という同番組のスタイルは珍しく、それだけに楽しみにしていることも多いと言います。

「こういう番組は他にないみたいなので、そこでまず話題になって観てもらって、“この番組いいな”って思ってもらえれば」と秋山。山名は「毎週、夜11時56分から30分間ぐらい、若手芸人20組が自宅から大声を出すわけですよね(笑)。隣の人が壁ドンッて叩いたりとか、二次災害が起こるかも……」とリモートならではの“事件発生”も予想し、ワクワクする様子を見せました。

ネットでは、早くも各組の動画が、熾烈な再生回数競争を展開中。記念すべき第1回の1位に輝くのは誰なのか、ぜひご期待ください。

『バズ★ナイトナマー!』(MBS)

5月28日(木)スタート! 毎週木曜深夜23:56〜 生放送

【MC】
アキナ
【ショート動画バトル参戦メンバー】
エンペラー、からし蓮根、衹園、コウテイ、さや香、セルライトスパ、ダブルアート、ダブルヒガシ、ツートライブ、ネイビーズアフロ、白桃ピーチよぴぴ、ビスケットブラザーズ、紅しょうが、松浦景子、ミルクボーイ、森田まりこ、吉田たち、ラニーノーズ、令和喜多みな実、ロングコートダディ(全20組)

『バズ★ナイトナマー!』公式サイト:https://www.mbs.jp/buzz-nama/

YouTubeチャンネル『アキナのアキナいチャンネル』

詳しくはコチラ

【芸人記事まとめ】

【関連記事】