万博記念公園のなかでも人気の高いバーベキューコーナーが、3月23日(土)より一新! グランピングエリアを新設し、約350名収容の施設『b-base』として生まれ変わります。なんと、こちらを監修したのはアウトドア芸人のパイオニアにして、日本唯一のバーベキュー芸人・たけだバーベキュー。

たけだが考案した自慢のバーベキューレシピが味わえるほか、たけだがおすすめする厳選アウトドアアイテムがずらりと用意された、贅沢なエリアとなっています。オープン前日である3月22日(金)に、たけだバーベキュー、藤崎マーケット、福本愛菜によるPR会見が行なわれました。

こだわりのバーベキュー料理が続々!

今回の目玉は、何と言ってもたけだバーベキュー考案のバーベキューレシピ。今回は、そのなかでもイチオシの品々を、福本や藤崎マーケットらに振る舞うイベントです。

「すでに仕込み済みです」と話すたけだの前には、熱々のバーベキューグリルが。蓋をあけると、なんとチキンが起立した状態でグリルされているではありませんか!

こちらは、半分ほど中身が入った缶ビールを、丸鶏に突き刺してグリルする「ビア缶チキン」という料理。お肉の内側からビールで蒸し、外側をグリルすることで中はふっくら、外はパリパリになるんだとか! いきなり現れたインパクト大のビジュアルに、藤崎マーケットと福本も「モテバーベキューレシピや!」と大騒ぎ。

続けてパプリカ、エリンギを丸ごとバーベキューグリルの上に敷き詰めるたけだ。トキが「切らなくてもいいの?」と聞けば「切る時代は終わりました」、田崎が「アルミホイルで巻かなくていいの?」と首を傾げれば「アルミの時代は終わりました」と続けます。まさに“バーベキュー最新レシピ”で、次々と野菜を焼き上げていきます。

そして最後はステーキです! トキもせっせとグリルをお手伝い。いい具合に「バーンストライプ(網目に焼けること)」がついたところで完成!

食べた瞬間トキが激怒!?理由は…

さっそく試食タイム。まず「ビア缶チキン」を味見したトキは、手で持っただけでホロリとほぐれる鶏肉をほおばるやいなや、「お前! やってくれたな!」と激怒! なんでも「美味しすぎた」そうです。

福本も「これはめっちゃお酒飲みたくなる!」と感激。そんな福本に、たけだはすかさず1人120分1,500円(大人料金)で利用できる「飲み放題カウンター」をPRしていました。

続いて野菜の旨味がギュッと凝縮したパプリカ、ナス、エリンギの野菜3種盛りに続き、お待ちかねのステーキが登場! 美しい盛り付けにもこだわりが光ります。

福本も「これはインスタ映えです! 桜をバックに取れるし!」と大興奮。トキは「どんだけモテたいねん!」と吠えていました。

最後は焼きマシュマロが香ばしい「スモア」で締めくくり。マシュマロが焼ける甘い香りが辺りを包み、外はパリパリ、中がトロトロになったタイミングでチョコレートをトッピングしてクッキーでサンド! トキが「焼きマシュマロ、うまー!」と絶叫するほどの大満足の試食会となりました。

アウトドアビギナーも満足の「b-base」

続いては、『b-base』の魅力をたけだバーベキューがPRしていきます。まずは気になる料理から。たけだが監修したレシピは他にもあり、アヒージョやジンギスカンなど、今後も続々お目見えするそう。さらに今回話題をさらった「ビア缶チキン」も、ある程度調理した状態で出してくれるので、バーベキュービギナーでも安心してオーダーできますよ!

さらにもうひとつの注目は、「b-base」で利用されているアウトドアアイテムは、アウトドアブランド『Coleman(コールマン)』が全面協力。デッキチェアやバタフライテーブルなどは、Colemanのなかでも最上クラスの「マスターシリーズ」が使われていて、贅沢かつ快適なバーベキューが楽しめます! 「アウトドアに詳しい人なら驚くはず」と、自信満々なたけだ。

最後に、バーベキューでの思い出を語る一幕も。トキは、幼少時代に父親に和歌山・龍神村へバーベキューに車で出かけたところ、大渋滞に巻き込まれてしまい7時間かかって到着。すでに日が暮れており「(辺りが暗すぎて)何を焼いているかもわからんかった」と切ない思い出を明かしました。しかし、続けて「当時は大阪でこんなバーベキューできるところはなかったけど、これからは手ぶらで来れますね」とPRも忘れませんでした。

福本も、家族でバーベキューに行った思い出を。「なかなか火が起こせなくて時間がかかったり、うまく焼けなかったりしたけど、ここなら簡単にできますね。女子会したいと思います!」とすっかり気に入った様子でした。

「b-base」以外のお楽しみもチェック!

『b-base』で手ぶらバーベキューが楽しめるのはarea-Bとarea-C。なかでもarea-B(区画使用料金2,000円〜)のなかにある「エアストリーム」付き区画は、なんと60年代アメリカを彷彿とさせるエアコン付きのエアストリームが利用できます(区画使用料金10,000円)。夏場でも涼しくバーベキューがしたい人におすすめです。

手ぶらバーベキューは、6種あるセットメニュー(1人2,000円〜/2名から)やお子様にうれしいキッズセット(1,000円)、さらにオプションでマシュマロセット(980円)、ポップコーン(480円)、さらに「ビア缶チキン」こと丸鶏ビール蒸焼き(2,800円)も用意! 『b-base』を利用するときは、必ず『b-base』公式サイトの予約フォームから予約してくださいね!

大人も楽しめる立体アスレチックも!

さらに『b-base』以外にも、この春新しいお楽しみが増えました。

3月14日(木)には、万博記念公園内の『おもしろ自転車』エリアに、子どもから大人まで楽しめる立体アスレチック迷路「迷宮の砦」(500円/3歳以上)が登場!

体験したトキと福本が「大人でも楽しめるし、お子様の方がもしかしたらするするとクリアできるかも?」と太鼓判を押す、本格的なアスレチックとなっています。

また、「b-base」に隣接の夢の池サイクルボートには、ひときわ目を引く「ブラックスワン」のボートがお目見えしたので、こちらも要チェックですよ!

春爛漫、桜満開の万博記念公園でぜひ、お花見しながらたけだバーベキュー監修のバーベキューレシピを味わってみてくださいね!

万博記念公園 バーベキュー場『b-base』

場所:大阪府吹田市千里万博公園

開場時間・利用料金は公式サイト(https://b-base.jp/)をご確認ください