3月22日(金)、東京・羽田空港国際線ターミナルにて『外務省×よしもと 海外安全対策ステージ』が開催され、おかずクラブが登壇しました。

3月22(金)~24日(日)まで羽田空港国際線ターミナルにて開催されているイベント『もっと海外へ!2019 ~羽田から世界へ~』のひとつとして行なわれた『外務省×よしもと 海外安全対策ステージ』。4階メインステージ(江戸舞台)での、おかずクラブによるトークイベントのほか、3階出発フロア インフォメーション前にて、吉本若手芸人らによるたびレジ登録を推進する広報資料の配布などが行なわれました。

おかずクラブは、外務省『たびレジ』推進大使を務めるケンドーコバヤシとともに外務省と協力し、海外滞在中の女性の安全を呼びかける代表キャラクターに就任。海外に渡航する邦人に、『たびレジ』への登録を呼びかけるための広報動画やポスター撮影に参加しています。

ゆいP「私たち2人とも結構歌がヘタなんです」

外務省領事局 海外邦人安全課の森和也課長とおかずクラブが登壇し、まずは『たびレジ』広報動画が上映されます。「おかずクラブVer.」「ケンコバVer.」の2バージョンの動画が放映されますが、普段のにこやかな表情とはうってかわって、ゆいPが無表情で歌うシーンにお客さんの視線も釘づけ!

動画が流れたあと、ゆいPが「観ている方たちの表情が固まってますね」と苦笑いしながら「なかなか上手くないんだよね~、歌が」と自虐的にポツリ。「太ってる女の人って“歌が上手い”というイメージがあると思うんですけど、私たち2人とも結構ヘタなんです」と告白します。

動画内に、オカリナが歌うシーンがなかったことをMCにツッコまれると、オカリナは「私も歌ったんですけど、全カットになってたみたいで」と納得のいかない表情で明かし、笑いを誘っていました。

海外には行く機会が多いものの、そのほとんどが仕事だという2人。オカリナは月に1回、ゆいPは2~3カ月に1回程度の割合で海外に行くといい、おかげでマイルも貯まり放題だそう。オカリナは、「貯まったマイルで、家族全員を東京に呼び寄せました」と家族の旅行代を賄ったことを明かし、家族思いの一面を見せました。

タイで衝撃のお寿司を食べた相方にオカリナ「ゆいPが怖かった」

「これまでに印象に残った旅行先は?」と聞かれると、「タイですね。タイの軍隊に入隊して訓練したり、コオロギのつかみ取りをして、そのコオロギを寿司のネタとして食べました」と明かすゆいP。お客さんからは悲鳴が上がりますが、ゆいPいわく、コオロギは「めちゃくちゃ美味しかった」そうで、「食べてると、歯の隙間から脚が出ることもあって」とニッコリ。オカリナは「食べてるゆいPが怖かったです(笑)」と明かしていました。

これまでに怖い経験があるかという問いには、「私たちは危ない目にあったことはないんですが、スタッフさんが機材を盗まれたことがありました」と話すオカリナ。なんでも、2人組の泥棒のうち、1人が見張り役のスタッフの気をそらし、その間にもう1人が盗むという連携プレーにやられたそうで、森課長は「よくあるパターンです」とうなずきます。

ゆいPは、ロンドンでスリを追いかけている人を見たことがあると話し、「路地裏とかじゃなくて大きな通りだったんですけど、みんな見て見ぬ振りだった」と告白。犯罪がすぐそばにあることを実感したそう。

「情報の有無が生死を分けるかも」おかずクラブが登録を呼びかけ

一方「行ってみたい国は?」と聞かれると、ゆいPは「ハワイ!」と即答。「天国だって聞いたんですけど……。芸能人の方がお正月にハワイ旅行をするのも、すごくいいところだからだろうし、憧れますね」とウットリ。

また、「新婚旅行で行ってみたい国は?」という質問には「モルディブですね。イルカの鳴き声で目覚めたい」と、すでに具体的なプランがあることを明かすゆいP。

一方、オカリナは「トルコです。親日だって聞いたので……。気球が見られたり、食べ物も美味しいらしいので」とトルコに対する憧れを告白。記者から「トルコでは日本人女性がモテるらしいですよ」と教えられると、「髪伸ばさなきゃ(笑)」と、新婚旅行という設定を忘れた発言で笑いを誘っていました。

ここでケンドーコバヤシ大使からメッセージ動画が流れ、「『たびレジ』の登録者数、海外安全アプリ、海外安全クイズ等キャンペーンの総参加者数50万人を達成したい!」という目標が明かされます。続けて森課長が、「旅行前の情報収集にも役立ちますし、例えば、グアムであれば台風情報や、パリならたまに行なわれるデモの情報など、旅行している時期の旅先の情報が入ってきます。また、緊急時の連絡ツールとしても」と『たびレジ』のメリットを熱弁。また、リニューアルしてより使いやすくなった「海外安全アプリ」についても、ダウンロードを呼びかけました。

動画でケンコバに「力を借りたい」呼びかけられたおかずクラブの2人も、「安全とは言い切れない場面も見てきたので、ぜひ使ってほしい。春の海外安全強化キャンペーン期間中に、50万人達成できたらと思います!」(ゆいP)、「情報のあるなしが生死を分けることもあると思いますので、『自分だけは生き残ってやる』という強い気持ちでぜひ登録してください」(オカリナ)とお客さんに呼びかけていました。

海外旅行先の強い味方となる『たびレジ』。海外旅行に出かける際には、ぜひ登録をお忘れなく!