5月10日(日)、おばたのお兄さんがTwitterを更新。東京ディズニーシー(R)のアトラクション『タートル・トーク』のモノマネを披露したところ、ファンから“おなじみのレスポンス”が寄せられています。

関連記事:おばたのお兄さん、モノマネについに本家参入!? 「まる子もいれておくれ」

 

ファン大爆笑の“オバタートルトーク”

出典: @hinode_obt

『タートル・トーク』は、ウミガメ・クラッシュと会話を楽しめるアトラクションで、そのコミカルなトークが人気を博しています。

今回、おばたのお兄さんが披露したのは、「「そうだ〜」というタイミングが絶妙なクラッシュ」のモノマネ。ブルーシートや画用紙で再現した海底に、おばたのお兄さん扮するクラッシュが登場すると、「最高だぜ~」と、おなじみのフレーズを口にします。

続いて、あいさつにしっかりと応えられなかった観客を指名する場面を再現。客席にいるガイドに、指名する観客をクラッシュが指示するのですが、「1番前の通路側から2番目の……」と特徴を説明している途中で、ガイドが観客にたどり着いたようで……すぐさま「そうだ~」とカットインします。

新型コロナウイルスの影響で休園(投稿の5月10日(日)時点)となっている中、本物さながらの軽快なトークを披露したおばたのお兄さんに、「あなたが最高だぜ〜」「最高だぜぇ〜\うぉぉ〜/」「おばたのお兄さん、最高だぜ〜!」と、おなじみのフレーズでコメントするファンが続出。

他にも、「タートルトークの特徴すごく上手く捉えてて感動しました」「そっくり過ぎww」など、モノマネのクオリティを絶賛する声も集まりました。

■“オバタートルトーク”の動画はこちらから!

 

オンライン会議中にハプニングが…?

今回の投稿の他にも、日々様々なモノマネをSNSに投稿しているおばたのお兄さん。最近ではなんとオンライン会議中に、モノマネにまつわるハプニングが起こった模様です。

「昨日、動画撮影に時間がかかって、社員さんを含む何十人ものzoom会議にこのまま参加することになった」とアップした画像には、映画『もののけ姫』に登場する“シシガミ”に扮したおばたのお兄さんの姿が。同会議に出席したトレンディエンジェル・斎藤司がその様子をInstagramのストーリーズにあげていたとのことで、ファンから爆笑のコメントが届いていました。

関連記事:おばたのお兄さん、オンライン会議参加も…“芸人ならでは”のハプニングに爆笑の声

 

今回、独自の目線で切り取った、クオリティの高いモノマネを披露したおばたのお兄さん。「最高だぜ~」とコメントが殺到するなど、ファンから大反響が寄せられる投稿となりました。

【参考情報】東京ディズニーシー(R)

YouTubeチャンネル『おばたのお兄さん公式チャンネル』

“オバタートル・トーク”の他にも、様々なモノマネを公開中!

詳しくはこちらをチェック

【芸人記事まとめ】

【関連記事】