ラフマガで芸人ライターとして、「#吉本自宅劇場」の記事を書かせてもらっています。ビスケッティの岩橋です。おまえは一体誰なんだ?とは言わないでください。自分が一番理解しています。

自粛期間中。
YouTubeを見る機会が増えたと思います。動画のコンテンツもたくさんあります。
大食い。○○やってみた。トークなど。
その中でも人気のものが、ゲーム実況動画
今回はすゑひろがりずさんのYouTubeチャンネル『すゑひろがりず局番』でアップしている狂言ゲーム実況動画を記事にさせていただきます。

写真左:南條  写真右:三島

もはや世間にもたくさんのファンがいるお2人の実況動画。
チャンネル登録者数は23万人を超えている。
始めたのは2019年。記念すべき最初のゲームは人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」。
そこから、「バイオハザードシリーズ」そして現在、巷でも人気の「あつまれ どうぶつの森」の動画などをアップしている。

僕が思うこの実況動画の魅力が4点ある。
まず、芸風である「狂言での実況」だ。全ての用語や単語を古典単語に変換しながらのプレイに、「現代にタイムスリップしてきた人たちがプレイしている」という錯覚に陥る。
そして古典単語の変換能力が尋常ではない。例えばバイオハザードシリーズでの回復アイテムのハーブを「よもぎ」と言ったり、あつまれどうぶつの森のことを「集え!!けもの共の藪」と表したりするセンスがずば抜けている。ゲームを知らなくても、2人のネタが好きな人は存分に楽しめるのが素晴らしいところだ。

次に、「ゲームが下手くそ」という点である。ゲーム実況は本来、プレイが上手な人ではないと観ていられない。それに比べてゲームも全く進まないし、無駄なことばかりやっているのだがこれは観ていられる。なんというか保護者のような目線で観ていられるのである。

そして何より大事なのは「楽しそうである」ということ。イヤホンを2人で片耳づつに分け合い、ニコニコと仲良く笑いながらのプレイは観ているだけで幸せな気分になる。

「編集の方法」も僕は素晴らしいと思っている。どうぶつの森の動画では、毎回冒頭に「本日の見所」として各回のパンチラインをダイジェストで見せてくれる。これの何がいいかというと、もちろん今回のワクワク感にも繋がるのだが、見直しや誰かに紹介するときに、面白ポイントがわかりやすいという点だと思う。これも素晴らしい。

と、このようにお2人の芸風である狂言とゲーム実況プレイは見事にマッシュアップされ、新感覚のゲーム実況となっている。

昨年末、M-1グランプリに決勝進出。
狂言を取り入れたネタで会場と世間を賑わせた。
その後のR−1ぐらんぷりにおいては、南條さんが見事決勝進出。3位という成績を残している。
このようにネタだけではなく、ネット配信、そして個人においても活躍が目まぐるしいすゑひろがりずのお2人。
これからもどんどん古の世界に我々を連れて行って欲しい。

すゑひろがりずプロフィール

南條庄助
性別:男性
生年月日:1982年06月03日
身長/体重:168cm /75kg
血液型:A型
出身地:大阪府 堺市
趣味:歴史探訪(寺、神社めぐり)、草野球(外野)
特技:小鼓、ヌンチャク、インドネシア語
出身/入社/入門:NSC大阪 28期生

Twitter
Instagram

三島達矢
性別:男性
生年月日:1982年10月02日
身長/体重:169cm /70kg
血液型:O型
出身地:大阪府 大阪市
趣味:浮世絵鑑賞(歌川国芳ファン2年)/和歌詠み
特技:三味線(津軽)
出身/入社/入門:NSC大阪校 28期生

Twitter

すゑひろがりず
YouTube
Tiktok

【関連記事】