「手洗い、うがい、笑い」を合言葉に、よしもとタレントが続々と自宅から笑顔を届けている「#吉本自宅劇場」。
そんな中ラフマガで立ち上がった「芸人記者クラブ」。
今回は、東野幸治が5月5日(火)・6日(水)・7日(木)の3日間、計12時間しゃべりっぱなしの『吉本芸人生存確認テレフォン sponsored by Audible(吉本興業公式YouTubeチャンネル)』から最終日をビスケッティ・岩橋記者が担当。
芸人ならではの目線で番組を聴くとどうなるのでしょうか……?

お楽しみください。

関連記事:東野幸治が3日間喋りっぱなりの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【前編】
東野幸治が3日間喋りっぱなしの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【後編】
東野幸治が3日間喋りっぱなしの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」2日目レポ【前編】
東野幸治が3日間喋りっぱなしの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」2日目レポ【後編】

©︎吉本興業チャンネル

前半の様子は【こちら】(前編記事公開後にリンクを貼り込みます)からチェック!

©吉本興業

ここで「揚げ-1グランプリ」の途中経過確認で黒田さんに電話を。
用意した車海老が2000円もしたとのこと。配信を聴いていて、ジミーさんの準備状況に「そこらのおばはんの天ぷらやん。勝負したくない」とぼやく。黒田さんは自由演技の食材に、フキや葉ワサビを用意していた。
東野さんから、煮込むや下ごしらえなどの料理YouTubeチャンネルをやれば?の提案に、実際「ありだな」と昨日感じたそうだ。

相手のジミー大西さんにも確認。
「寝てました」と電話に出るジミーさん。
準備の合間はセクシー女優を見て、準備して、セクシー女優を見てを繰り返しているそうだ。果たしてどうなるのか。

生存確認後半戦。まずはプラスマイナス岩橋さん。
コロナでたまらん!と真面目に今の状況を東野さんに訴えていたのだが、東野さんが会話中にヘミングウェイと言い出した。すると岩橋さんも言いたくなって言ってしまう。そこからは岩橋さんのクセが全開となってしまい、会話にならなくなってしまう。これもめちゃくちゃに笑ってしまった。

続いては千鳥のノブさん。
東野さんが「やっと元気な声が出てきた」と他の出演者より明るい声で電話に出た。
休みは家族・子供と過ごせて最初はいいと思ったが、2週間続くと不安になってくるとのこと。もう家族で人生ゲーム30回以上やったと語る。
最近あった恥ずかしいことの話では、SNSに展開されている様々なリレー。藤あや子さんから「#祈るおむすびバトン」が回ってきたそうで、これは無視できない!と実際に行いかまいたちの山内さんに回したのだが止められているのがめちゃくちゃ恥ずかしいと言っていた。

©吉本興業

では我らがビッグボスに…とダイノジ大谷さんに繋ぐ。
「赤紙が来ましたね?」と大谷さんがこの配信のことを表現していた。
東野さんがリスナーだとして大谷さんに悩み相談を。普段通りにラジオの悩み相談からの音楽紹介で東野さんが狂ったように笑っていたのが印象的であった。

続いては霜降り明星のせいやくん。
先日開催された「家-1グランプリ」。1ポイント差で準優勝したのだが全く話題になってないと嘆く。
雰囲気モノマネで東野さんの楽屋挨拶を披露。これがものすごい似てる。本当にこの通りである。若手芸人は全員共感できるのではないだろうか。

生存確認最後はダイアンの津田さん。
シャンパンゴールドのベンツを乗り回すとの紹介から始まる。「津田は好きだがゴイゴイスーには距離取っている」と東野さんが言っていた。
自粛前は恵比寿でよく遊んでいたという津田さん。外国みたいで楽しい!とエンジョイしているそうだ。一緒に飲んでいるのはライスの関町さん。理由が「俺を脅かさないから」ということらしい。関町さんは一緒に飲んでいると普通に「津田さんと一緒だと楽しいです!」としっかり声に出して言ってくれるから居心地がいいとニコニコしながら話していた。

配信も終盤。ここで歌企画に。

「ストレートに真剣に作った。みんなに届け。という気持ちで」と語るアイロンヘッドの辻井さん。タイトルは「顔を上げていこうよ」
東野さんが「真正面からいい曲」と絶賛。自身のSNSに上げたら?というお話をしていたので聞ける機会がこれからあるかもしれない。

そしてお待ちかね。「揚げ-1グランプリ」
黒田さんに繋ぐ。
「ジミーさんシコシコしてますやん。フキを仕込んでるときにそんなこと聞こえてくるからやる気なくなったわ」と言っていた。「シコシコ対仕込みだから」と東野さんが丸く収めていた。
揚げスタート。音だけだがコメントにも美味しそうという声が多数押し寄せた。

そしてジミーさん。
開口一番「寝てました」と相変わらずのジミーさん。
揚げるのは海老と“えれんげ”
揚げ終えてジミーさんが食べ始めると東野さんが「ううーうえー!」と唸り始めた。すると釣られてジミーさんも「うえー!」と言い始め、しばらく2人の奇声のみとなる放送事故のような時間が流れた。僕は涙を流して笑ってた。
そして自由演技。
”えれんげ”。
行程の説明をしながら揚げ始める。
「緑のえれんげを…」と言い始めた時に、僕もコメント欄も疑問が出た。
「えれんげはエリンギではないのか?」
「エリンギは緑ではないよな? 何を揚げてるの?」
と”えれんげ”が何なのかわからないまま進んでいく。
スタッフに写真を送ってもらって確認したところ、”えれんげ”は「インゲン」ということが判明した。インゲンかよ!と総ツッコミコメントが溢れ出した。まさか”えれんげ”がインゲンだとは思いもしなかったからだ。

優勝は大方の予想通り黒田さん。
この3日間の配信で、煮込みから揚げの流れを作った黒田さんは影の功労者となっていた。とても楽しめました。

3日間で12時間。総出演者数44人。3日間聴かせてもらったが、全員面白かったし、やはり芸人、お笑いの力というのはすごい。と、改めて凄さを実感した。
まだまだ先が見えないこの状況だが、勇気や元気付けられる配信であったことは間違いない。
見逃した方は後日、Amazon Audibleでアーカイブされる。おまけトークも配信されるので是非試聴して欲しい。


Amazon オーディオブックAudible(オーディブル)は、いつでもどこでも音声コンテンツを聴くことができるサービス。
オーディオブックからプレミアムなポッドキャストまで、日本最大級の約40万タイトルをラインナップしており、
会員になれば毎月1冊の本と対象コンテンツが聴き放題です。

・よしもと芸人音声データ(全50回)
・松本人志の放送室(全391話聞き放題)
・笑福亭仁鶴師匠、桂文枝師匠、笑福亭松之助師匠などの落語

などの作品をダウンロードしてオフラインでも聴けるオーディブル。
最初の一冊は無料でお楽しみいただけます。
気になった方は、「オーディブル」で検索、もしくはアプリをダウンロードしてみてくださいね。
https://www.audible.co.jp/maboroshi

【関連記事】