3月20日(水)、都内にて行なわれた『doda 転職チャレンジ応援イベント』に、レイザーラモンRGとチョコレートプラネット(長田、松尾)が出演しました。

パーソルキャリアが運営する転職サービス『doda』。新たな挑戦に期待する一方で不安を抱えているであろう転職決定者や、転職活動中の方々のチャレンジに、最大級のエールを送りたいという願いのもと、今回のイベントが企画されました。RGはラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手に、長田は和泉元彌に、松尾はもはやお馴染みとなったIKKOにそれぞれ扮し、転職活動者らにエールを送りました。

別の道に進んでいた3人が芸人になった理由とは?

イベント冒頭では、さっそく今回のなりきりキャラの話題に。MCから質問されるたびに、本人になりきって答える3人に場内からは大きな笑いが起こります。

RGが着用している日本代表のユニフォームは、本人からプレゼントされたものだそうで、「2016年くらいにTwitterで公認をいただいたあと、DMで住所を送り合ったらすぐに(このユニフォームが)送られてきまして」と明かします。続けて「そのとき留守にしてたんですけど、不在票(の送り主のところ)に『リーチ・マイケル』って書いてありました」と、まさかのエピソードを披露します。

「芸人になる前は、別の職業に就かれていたということですが」と訊かれたRGは、「府中でパンケーキ屋をやってます」と返しましたが、実際にやっていたのは車のディーラー。「トヨタの営業で、マークIIが新しくなりましたとか言いながら、いろんなところを回っていました」と回想しました。

大学4回生の時、思い出作りに挑戦した『今宮戎マンザイ新人コンクール』で大賞を受賞したものの、「ただ、HGさんも僕も、親に迷惑をかけてはいけないと思っていたので」と就職を決めたそう。それでもまだ、芸人を続けようか迷っていたところ、当時放送していた番組『よしもと超合金』への出演が忙しくなり、ディーラーを辞めて芸人の道1本に決めたそうです。

長田は地元の京都にあった陶芸教室で、松尾はダンボール工場で働いていたというチョコレートプラネット。芸人になった理由について長田は、「屋根から京都の景観を一望できるような、すごくいい職場だったんですけど、『若くしてこんないい生活をしていたらダメだ。何か負荷をかけないといけない』と思って、いちばん不安定な仕事に飛び込んでみた。人生の冒険をしてみたかったんです」と説明。

一方、松尾は「自分にとって(仕事が)退屈で、妹にも『お兄ちゃん、目が死んでる』と言われて。だったら昔、好きだったお笑いをやろうと思い、その仕事を辞めてユニクロで働いてお金を貯めてから(芸人の世界へ)飛び込みました」と当時を振り返ります。

芸人になってからも、さまざまな悩みに直面したと語るRG。「一時期プロレスをやっていて、毎日、天龍(源一郎)さんとか小川直也さんとかブッチャーさんと戦って心がまいっていたとき、南海キャンディーズの山ちゃんが『今は大変だと思いますけど、頑張っておけば、いつの間にかとんでもない力がついてることに気づくはず』って言ってくれた」としみじみします。

松尾も「テレビに出始めた頃、平成ノブシコブシの吉村さんに相談したら『迷ったら辛いほうを選べ』って、しっかりと真面目に相談に乗ってくれて。年末年始、吉村さんの教えを守って辛いほうを選んでいたからか、今やっと(そういう状況に)慣れてきた気がします」と先輩からの的確なアドバイスに感謝しました。

ある後輩の一言からリーチ・マイケルのモノマネ誕生!

その後は、本日の参加者から集まったリアルなお悩みに3人が応える相談コーナーに。新しい環境になじむ方法について訊かれた松尾は、IKKOになりきって「不安とかあると、お肌によくないんですね。お肌のことを考えるなら、(勇気を持って)飛び込んじゃって。馴染んだら、お肌ツルツルになります」とアドバイスします。

未経験でもやってみたいことに挑戦すべきかどうかという悩みには、3人とも「絶対やったほうがいい」ときっぱり。長田が「やってみて何かしらの結果を出したほうが、後々の人生が生きやすい」と助言すると、RGも「我々は日々、未経験なことをやっている」と同調します。

本日RGが披露したモノマネは、スティーブ・ジョブズのモノマネを観た後輩のジャングルポケットから「リーチ・マイケルもイケるんじゃないですか?」と言われたことがきっかけだそうで、「そう言われて、ロケ先のその場で一式買い揃えた。当時、イングランド代表のユニフォームを着てやってたんですけど、中川家さんに『あれはあかんで。ちゃんと日本代表のユニフォーム着んと』ってアドバイスされたり、ラグビーのあるある話を見聞きして、ネタを広げていったりしました」と勇気を持って挑戦することの意義を説きました。

イベント終盤では、RGがアニメ『北斗の拳』のオープニングテーマソング「愛を取り戻せ!」にのせて、“転職あるある”を熱唱。「転職先での服装迷いがち~♪」と伸びやかに歌い上げると、隣で微笑みながら拍手をしていた松尾が「おじさんの歌を……元クリスタルキングの田中(昌之)さん、父親のいとこなんです」と告白。「えぇ、マジで?」と驚くRGは、「嬉しい! よろしくお伝えください」と微笑みました。

新しいチャレンジをする転職者たちに寄り添うサービス『doda』。キャリアアップやステップアップを目指す方は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?