「手洗い、うがい、笑い」を合言葉に、よしもとタレントが続々と自宅から笑顔を届けている「#吉本自宅劇場」。
そんな中ラフマガで立ち上がった「芸人記者クラブ」。
今回は、東野幸治が5月5日(火)・6日(水)・7日(木)の3日間、計12時間しゃべりっぱなしの『吉本芸人生存確認テレフォン sponsored by Audible(吉本興業公式YouTubeチャンネル)』から2日目を田畑藤本・田畑記者が担当。
芸人ならではの目線で番組を聴くとどうなるのでしょうか……?

お楽しみください。

関連記事:東野幸治が3日間喋りっぱなりの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【前編】
東野幸治が3日間喋りっぱなしの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【後編】

5月5日から始まっている東野幸治さんの「幻特番 吉本芸人生存確認テレフォン」の2日目が5月6日13時~17時まで行われた。2日目のレポは家でトーストアートばっかりやっている田畑藤本の田畑がお伝えいたします。

続いてはオンリーワン漫談で「R-1ぐらんぷり2018」チャンピオンに輝いた濱田祐太郎くん。濱田くんも今は仕事はラジオだけらしく、家で大喜利や一人野球拳をしているらしい。あと濱田くんは離婚した当時のゆうこりんの声がタイプらしい。どう違うのかかなり興味ある話だった。

ここで最後の出場者しまぞうZさんに電話を。しまぞうZさんはとんこつを煮込む。とんこつ臭いと奥さんからクレームも受けながら「煮込みー1」の優勝を目指す。そしてもう一度黒田さんにも電話。ここでも腹ちぎれるほどのエピソードが展開され、視聴者が減るといじられていた黒田さんのコメントはおもしろいで溢れていた。

この状況でも山里さんは忙しいので、世間がこんな状況になっている事を分かっていないかもしれないと心配する東野さん。年に一回ライブをやる東野さんと山里さんの絡みも絶品過ぎたので、是非アーカイブで体験して欲しい。タイトルは「ギャグリレーの真意」「イタリア人にした理由」「東大王とタンバリン」「若林さんとのご飯会」の4本である。今回幻となった江戸川キャデラック水牛さんのトークも必聴。

続いては「R-1ぐらんぷり2020」王者の野田クリスタルさん。自宅でゲーム作りをしている野田さんは、現在も新たに”あつ森”というゲームを制作中。今話題のやつ?と東野さんが聞くと、野田さんのあつ森は「あつかましい後輩にモルックを投げるさらば青春の光森田」というゲームらしい。期待しかない。筋トレはなかなか出来ていないと言うが、今はもう筋トレの理由に松本さんが何かあった時に入れ替われるようにするためだと、現在の筋トレをする理由を教えてくれた。

©吉本興業

続いては品川庄司の品川さん。現在はWOWWOWで放送予定のドラマの最終的な作業をしているそう。他にゲーム実況を家族と配信したりアットホームでやっているので、これが東野さんや有吉さんにバレたら何言われるのかと恐れているそう。この状況でお笑いをする先輩方の背中を見て凄いなと改めて思ったらしく、今田さんとのやり取りなども含めて、キン〇マパンパンで、お笑いチン〇ンがビンビンですよねと、その凄さを伝えていた。

この日最後はチュートリアルの福田さん。お子さんとEテレを見て一緒に踊る時間を過ごしている福田さん。復帰の漫才もコロナの影響で配信のみになってしまい、その時の話に。新ネタも用意したが5か月のブランクと無観客という特殊な状況から自分たちの一番やっていたネタをチョイス。そして徳井さんが自粛中に自分が行けるところは行くからとマネージャーに伝えたにも関わらず、一度も声がかからなかった事に憤りを感じていた。

ここでラニーノーズ洲崎に再び電話。洲崎は未完成ながら3曲の候補を制作。その中の最後の曲「吉本芸人」が東野さんの心に刺さり絶賛。もしかしたら実際にまた聞けるかもしれないので楽しみに待ちたい。

煮込みー1グランプリ結果発表!

2日目もラスト。ついに「煮込みー1グランプリ」の時間に。

一人ずつ電話をしていき、

①煮込んでいる音
②食事しているときの音
③レポート

の3つの評価で煮込み-1審査委員長の東野さんが優勝を決める。

トップバッターはしまぞうZさん。
①煮込みの音が審査員まで届かず悔しい思いをする
②食事の音に東野さんが「おいしそう」と反応。
③大事な煮込みへのレポートは、ここに来て煮込み過ぎたことがあだとなり”辛すぎる”と自身の料理を酷評。

続いてジミー大西さん。
①煮込みの音では微かに「しゃー。」という音を披露。(しゃー? となる)
②の食事では”くちゃくちゃ”と咀嚼音を展開。
③レポートで「口に入れた瞬間ミネラルが溶ける感じ。前歯が抜けるぐらい染みてる」と圧倒的センスでレポートを終える。

3番手に川原さん。
①煮込みの音では、間違えて猫の肛門の音を聞かせてしまう痛恨のミスからスタート。
②①を挽回するための食事の音だが、それが出来ないので写真の状態を東野さんに伝える。「写真は煮えてるが顔は煮え切らない顔をしてる。とくにともこ姉さん。」とレポートをまとめる。
③「ベロがびしょ濡れ、奥歯が生えてくるような感じ」とまさかのジミーさんとは真逆の感想で終了。

4番手犬の心のいけやさん。
①の煮込みの音で初めて”グツグツ”という音を披露。
好印象の中②を披露したい所だが、②の披露はなかったように思える。
③「すごい、、歯いらんっすわ」と絶賛。

歯が審査のポイントになりそうな予感が漂ってきた。

©吉本興業

最後は優勝最有力の黒田さん。
①煮込みの音は、苦労しながらも、液体の中でストローを吹いた時のような音を披露。
②岩塩を食材にかける時の音で東野さんを楽しませる。
③「とんこつと混ぜたら店出せますよ」と普段から自分が口にしているキラーワードを持ってきて終了。

5人の審査に悩みはするも決断をくだす東野さん。

そして厳正なる審査の結果、5名中2名が決勝の「揚げ-1グランプリ」に出場できると発表すると、結果を待つ黒田さんから電話がかかってきてつっこみが入る。まさにリモートお笑いの形が見れた瞬間だ。厳正なる審査の結果、黒田さんとジミーさんが決勝の「揚げー1グランプリ」に出場が決定し、2日目の生配信は終わりを迎えた。

3日目の最終日。黒田さんかジミーさん。どちらが覇者となるのか是非皆さんとともに見届けたい。

そして「煮込み-1グランプリ」の戦いは、出場者の方のSNSで実物を見れたりもするので是非そちらもチェックして欲しい。


幻特番7日からのリンクはこちら!

7日生配信はこちらからチェック!

Amazon オーディオブックAudible(オーディブル)は、いつでもどこでも音声コンテンツを聴くことができるサービス。
オーディオブックからプレミアムなポッドキャストまで、日本最大級の約40万タイトルをラインナップしており、
会員になれば毎月1冊の本と対象コンテンツが聴き放題です。

・よしもと芸人音声データ(全50回)
・松本人志の放送室(全391話聞き放題)
・笑福亭仁鶴師匠、桂文枝師匠、笑福亭松之助師匠などの落語

などの作品をダウンロードしてオフラインでも聴けるオーディブル。
最初の一冊は無料でお楽しみいただけます。
気になった方は、「オーディブル」で検索、もしくはアプリをダウンロードしてみてくださいね。
https://www.audible.co.jp/maboroshi

【関連記事】