「手洗い、うがい、笑い」を合言葉に、よしもとタレントが続々と自宅から笑顔を届けている「#吉本自宅劇場」。
そんな中ラフマガで立ち上がった「芸人記者クラブ」。
今回は、東野幸治が5月5日(火)・6日(水)・7日(木)の3日間、計12時間しゃべりっぱなしの『吉本芸人生存確認テレフォン sponsored by Audible(吉本興業公式YouTubeチャンネル)』から2日目を田畑藤本・田畑記者が担当。
芸人ならではの目線で番組を聴くとどうなるのでしょうか……?

お楽しみください。

関連記事:東野幸治が3日間喋りっぱなりの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【前編】
東野幸治が3日間喋りっぱなしの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【後編】

5月5日から始まっている東野幸治さんの「幻特番 吉本芸人生存確認テレフォン」の2日目が5月6日13時~17時まで行われた。2日目のレポは家でトーストアートばっかりやっている田畑藤本の田畑がお伝えいたします。

吉本芸人の歌を作ろう

5日はトニーフランクが担当したこちらの企画に、今回は2019年歌ネタ王覇者のラニーノーズ洲崎が登場。“笑顔のまんま”を超える曲を頼む依頼され2日目がスタート。

煮込み-1グランプリ出場者の状況

続いて、5日に急遽開催が決定した「煮込み-1グランプリ」。そのエントリーは5名。メッセンジャー黒田さん。ジミー大西さん。犬の心いけやさん。天竺鼠川原さん、キャベツ確認中のしまぞうZさんである。
煮込み-1の本番は夕方。汁がほとんどなくなってしまうハプニングなども報告される中、一体チャンピオンが誰になるのか期待して、番組は本編の芸人生存確認テレフォンへ。

2日目のトップバッターは次長課長の河本さん。河本さんは僕もSDGsでお世話になっていて、いろんな事に挑戦してらっしゃる尊敬先輩。今は介護施設などにリモートでお笑いを届けられないか考えているとの事。流石だ。話はそのあと河本軍団に所属する大山英雄さんの話に。内容は、「東野さんの前で失禁大事件」「浜田さんのおごり企画での自粛」の2本。気になる方は是非アーカイブへ。さらに電話をした時に、河本さん自身のyoutubeを撮影していたらしく、お二人のトークが見れるかもしれない河本さんのYoutubeチャンネル”タンメンTV”もチェックして頂きたい。

ジャイアンのリサイタルぐらいエコーが効いている!と開口一番につっこみを入れて登場の橋本さん。自炊しているらしく、東野さんから「煮込んでますか?」と聞かれ「炒めてます。」と返答。それを聞いて東野さんは、まだ若手やから炒めるレベル、炒めてるうちはまだ半人前、中堅以上の芸人は煮込み出すという法則があると説明。煮込みと炒めで芸歴がわかるという衝撃の事実が判明した。

続いてはミキの昴生。電話に出るや「煮込んでますか?」と聞く東野さんに「もういいですよ!煮込みの話!」とつっこむ昴生。じゃあ「炒めてる?」と聞くと「レンジでチンしてる!」と返答。忙しい毎日を送っていた昴生はこの休みを満喫している様子。奥さんに代わって欲しいと東野さんがお願いするも、一番嫁が嫌いなのが東野さんとまさかの暴露。トークも盛り上がり終始仲の良さが見える生存確認だった。

「生きてますか?」「どうにか生きてます。」から始まった村上ショージさんへの生存確認テレフォン。最近は、スーパーの商品が5割引きになるまで少し遠い場所から待っている大師匠。吉本坂で始めたShowroomで、投げ銭がこれまでに680円しか集まっていないらしく、投げ銭はみんなやってくれるけど、肩が弱くてここまで届いていないと告白。最後は自粛していても衰えないキレキレの「ドゥーン!!」で締めらた。

「煮込み-1」

ここで川原さんへ煮込みの状態を聞くため電話した東野さん。しかし電話に出たのは、デビュー時ラクダに乗っていた時の中山エミリさん。すぐに間違いを謝罪し、改めてかけ直すと川原さんへ繋がった。訊くと、中山エミリさんとは番号が近いという事でよくある事らしいのだ。煮込みに関して、海原やすよともこさんの写真を煮込む川原さんに、黒田さんからそういうボケはいらんと言ってることを伝えると、ラジオで煮込みをやることがもうボケやねん!と激昂(と言うコント)。あわやの放送事故に電話を切る事で脱出に成功する。

 

次にムーディさん。謹慎生活を長く経験したムーディさんだから言える言葉があった。「僕は皆さんより長いステイホームをしてます。大丈夫です!皆さん!まだ、行けます!」経験したものにしか言えない頼もしい言葉。この後自分のインスタなのに不正アクセスだと思われて使えなくなった話を披露(これも是非聞いて欲しい)。そして最後に東野さんにネタのリクエストをされ準備するも、ここで権利の関係でネタがNGに。「自分のネタやのに権利持ってないんですか?!」とその場で訴えるムーディさんだが、ネタの権利は他の誰かが持ってるらしく、この最高の終わり方にコメント欄はおもしろいで埋め尽くされた。

R-1の決勝常連のおいでやす小田さん。現状を聞かれ、そこまで仕事があったわけでも無いのであまり変わっていないと報告。小田さんのネタが大好きな東野さんがラ行が巻き舌になるネタをリクエスト。次に奥さんに「ロイヤルミルクティー入れて」とお願いしてとリクエスト。アーカイブがあれば是非聞いて欲しい。絶対に笑ってしまう。

今田耕司さん。

続いては今田耕司さんへ生存確認テレフォン。電話に出た今田さんだったが、かなり慌てた様子でかけ直させてくれと言い電話を一度切る。何か怪しい雰囲気を感じた東野さんが、これはもしかして女性を連れ込んでるんじゃないかと推測。とりあえずもう一度かけてみるも電話に出ない今田さんを怪しいと思うが、とりあえず次に回すということで、煮込みー1グランプリのいけやさんへ。

いけやさんは「煮込みー1」企画の電話をもらってすぐにモツを買いにスーパーへ行き煮込みを開始。汁は無くなってないか?と東野さんが聞くと、「大丈夫」と盤石の態勢。いけやさんの現状を確認して再度今田さんへ。

今度は連絡がつながり、さっきの焦り方は女性じゃないかと伝えると、今田さんはそれを否定。実はダイナマイト(うんこ)を投下している最中にひがしのりから電話がかかってきたと伝える。現在は自炊や掃除、youtubeなど意外に忙しいと報告。その後は今田さんと東野さんの昔話に花が咲き、おもしろ確変状態が続く。内容としては「フランスの国会議員やと思って欲しい」「江口寿史さんの功績」「神戸のディスコ」「コメントの悪口は薄目」「”ち”と”よ”だけで持って行く」などなど。こちら百聞は一見に如かず。是非アーカイブで聴いてほしい。


……とここまでで前半は終了!
続きは次回の記事をお楽しみに。

幻特番7日からのリンクはこちら!

7日生配信はこちらからチェック!

Amazon オーディオブックAudible(オーディブル)は、いつでもどこでも音声コンテンツを聴くことができるサービス。
オーディオブックからプレミアムなポッドキャストまで、日本最大級の約40万タイトルをラインナップしており、
会員になれば毎月1冊の本と対象コンテンツが聴き放題です。

・よしもと芸人音声データ(全50回)
・松本人志の放送室(全391話聞き放題)
・笑福亭仁鶴師匠、桂文枝師匠、笑福亭松之助師匠などの落語

などの作品をダウンロードしてオフラインでも聴けるオーディブル。
最初の一冊は無料でお楽しみいただけます。
気になった方は、「オーディブル」で検索、もしくはアプリをダウンロードしてみてくださいね。https://www.audible.co.jp/maboroshi

【関連記事】