「手洗い、うがい、笑い」を合言葉に、よしもとタレントが続々と自宅から笑顔を届けている「#吉本自宅劇場」。
そんな中ラフマガで立ち上がった「芸人記者クラブ」。
今回は、東野幸治が5月5日(火)・6日(水)・7日(木)の3日間、計12時間しゃべりっぱなしの『吉本芸人生存確認テレフォン sponsored by Audible(吉本興業公式YouTubeチャンネル)』をビスケッティ・岩橋記者が担当。
芸人ならではの目線で番組を聴くとどうなるのでしょうか……?

お楽しみください。

関連記事:東野幸治が3日間喋りっぱなりの生存確認!「吉本芸人生存確認テレフォン」初日レポ【前編】

 

自粛期間のGWに最適なコンテンツが放送される。
吉本興業YouTubeチャンネルにて、「幻特番 吉本芸人生存確認テレフォンsponsored by Audible」

番組内容としては、東野幸治さんがやっているYouTube公式チャンネル「東野幸治の幻ラジオ」の特別版。
コロナウィルスの影響で自宅待機が続く中、仕事もなくなって、家にいる、6000人の吉本芸人のメンタルが心配で、急遽、電話で生存確認したいとの思いから、3日間合計12時間、映像なしの音声だけで生配信という企画である。各日スペシャルゲストも登場する。
この初日5月5日初回のレポート(本記事はその後編)を、芸人記者クラブの僕、ビスケッティの岩橋がお届けいたします。

2時間経過。ここでトニーフランクに。
2時間で何曲かできたので聴いてくださいと披露した。とてもいい曲なのだが、応援歌としてはしんみりしすぎてしまうとのことで、東野さんから「煮込む」と「のりお」を歌詞に入れて作ってくれと発注をして曲作りを続けてもらった。

ここでレインボーの池田くんへ。
「女装を真剣にしてる真面目な子」との東野さんの認識にとても共感してしまった。
今毎日ゲーム配信している、「どうぶつの森」の話で東野さんと盛り上がっていた。お母さんが医療従事者で大変で、会えないのがとても寂しいらしい。親子愛も彼の魅力の一つなので、早く会えるようになることを祈りたい。

次はガリットチュウの熊谷さん。
3月半ばから家にいて、仕事はないがYouTubeや配信を現在やっているとのこと。映画が好きで東野さんにオススメ映画を紹介した。

続いてはペナルティのワッキーさん。
家で遊べるようなボードゲームなどを沢山買って子供と遊んでいるのだが、飽きてしまうのでそれをアレンジしながらやっているとのこと。
家でたこ焼きを焼くことが多く、その時は「はっちゃん」というキャラになり焼くそうだ。実際やってもらうのだが、音声のみなので全く伝わらない。
その後もギャグをどういう動きか説明しながらやるが全く伝わらないのが面白すぎた。

そして麒麟の田村さん。
仕事はないが、ホームレス経験があるためへっちゃら。と昔の経験を生かし生活しているとのこと。
家ではどう過ごしているかのお話に、「僕がおならをして、今誰がしましたか?正直に名乗り出てください。と言って、は〜い!って自分で手をあげるのが子供大爆笑です」という家族のホッとする素敵エピソードなどを話していた。

©吉本興業

そしてまた黒田さんに電話。ここまで来ると僕もリスナーも「待ってました!」と楽しみになっていた。
東野さんから「明日までなんか煮込んで」とのお願いをしたところから、料理企画が始まることに。

次はキャベツ確認中しまぞうZさん。
配信を聞いていたらしく元気いっぱいに電話に出ていた。「芸人が聞いたら元気になる番組ですよ!ガリットチュウの熊谷さんが家でゴロゴロしてるの聞いてホッとしましたもん!」と言っていて笑ってしまった。
自粛中は家で家族の料理を作っているとのことで、しまぞうさんも料理企画に参加。しまぞうラーメンを24時間かけて作ることに。明日また電話で繋ぐことに。

そうして「煮込みー1グランプリ」が開催決定!

「そういえば犬の心、料理上手な子いたよね?えーっと、押見くんだ!ちょっとかけてみよ。」ということで犬の心押見さんに。この時点で僕は、「東野さん!違う!違う!」と叫んでいた。
「そういえば料理上手だったよね?」と聞くと「あ〜。なるほど。それ僕の相方ですね」と、東野さん痛恨の勘違い。
相方のいけやさんは料理芸人として名を馳せている。申し訳ない!と謝るが、「いえ、僕が知られていないのが悪いんです」と返していた。
自粛期間はどうしてるの?との質問に「YouTubeをやっていて、今日僕誕生日で、誕生日を一人で祝うという動画あげてました」とのまさかの誕生日当日に東野さんからの電話。ある意味サプライズとなっていた。

続いては天竺鼠の川原さん。
電話をかけると「間違い電話だ」と言い張る川原さん。スタートからボケ倒す。
先日ABEMA主催で開催された「家−1グランプリ」に優勝して1年分の家賃を獲得した川原さん。
この自粛期間に連絡を取ったのが、ジミー大西さん・もう中学生さん。そして堂本剛さんという異色のメンバーだった。そこでジミーさんが自身のギャグ「やってるやってる!」を全然言ってくれないと川原さんがこぼすと、確認する!とジミー大西さんに繋がった。

ジミー大西さんに「やってますか?」と聞くとすぐに「やってるやってる!」と言い出した。こんなにもしっかりとしたフリボケがあるのかと奇跡を体験した。
そしてなぜかジミーさんも何か煮込むことに。6日が楽しみである。

間も無く終わりの時間。トニーフランクに繋ぐ。
最後に曲を披露。発注してあった「煮込み」と「のりお」の曲と、東野さんをテーマにした2曲。
「結局面白い曲が浮かばない」という曲になり、東野さんに「最後リスナーに熱いメッセージを言ってください。決まったら僕がハーモニカで合わせます」というコラボ曲に変化した。
東野さんの言葉も素敵で、バシッと決まった。
6日は別の芸人ライターが担当するそうだ。

最後はこの方に・・と電話をかけたのは、もはやこの企画のレギュラー、黒田さん。
二人の軽快なトークをもっと聞きたい!と思ったのは僕だけじゃないだろう。6日の煮込みがどうなるのか楽しみである。

ここで終了。6日は
今田耕司
南海キャンディーズ・山里
品川庄司・品川
マヂカルラブリー・野田クリスタル
村上ショージ
というラインナップが発表された。もちろんこちらの芸人以外にも出演があるだろう。

休みなしで4時間喋り続ける東野さんの話術に感動してしまった。そして出演の芸人の皆様がとても楽しそうにお話をしているのが印象的であった。あっという間の4時間。是非とも体験して笑って過ごしてもらいたいと、吉本の芸人の端くれとして僕も思った。


幻特番6日、7日からのリンクはこちら!

6日生配信はこちらから!
7日生配信はこちらからチェック!

Amazon オーディオブックAudible(オーディブル)は、いつでもどこでも音声コンテンツを聴くことができるサービス。
オーディオブックからプレミアムなポッドキャストまで、日本最大級の約40万タイトルをラインナップしており、
会員になれば毎月1冊の本と対象コンテンツが聴き放題です。

・よしもと芸人音声データ(全50回)
・松本人志の放送室(全391話聞き放題)
・笑福亭仁鶴師匠、桂文枝師匠、笑福亭松之助師匠などの落語

などの作品をダウンロードしてオフラインでも聴けるオーディブル。
最初の一冊は無料でお楽しみいただけます。
気になった方は、「オーディブル」で検索、もしくはアプリをダウンロードしてみてくださいね。

【関連記事】