5月3日(日)、ABEMAにて開催された『家-1グランプリ2020~お笑い自宅芸No.1決定戦~』において、天竺鼠・川原克己が初代王者に輝きました!

©AbemaTV,Inc.

本プロジェクトは「#吉本自宅劇場」の企画第1弾として開催された、自宅芸で一番面白い芸人を決定する大会。プロ・アマ問わず、自宅から配信できることを参加資格とし、参加者は事前に1秒~2分以内のネタを自身のTwitterに投稿。

“いいね”数上位の中から、実行委員会による厳正な審査によって選ばれた決勝進出者20組が決勝へ進出しました。

番組のMCは今田耕司が、審査員は雨上がり決死隊・蛍原徹、ケンドーコバヤシ、朝日奈央が務めました。

川原は斬新な小道具をフル活用

©AbemaTV,Inc.

5つの予選グループからそれぞれ視聴者投票で1位となった天竺鼠・川原、吉松ゴリラ、守谷日和、マヂカルラブリー・野田、霜降り明星・せいやの5組が決勝ラウンドに進出。また、決勝ラウンドの前には特別ゲストの村上ショージが渾身の自宅芸を披露しました。

なお、グループ分けとネタ順、20組のファイナリストは以下の通りとなりました。

<Aブロック>
1:プラスマイナス・岩橋良昌 2:隣人・橋本市民球場 3:天竺鼠・川原克己 4:ミルクボーイ・駒場孝
<Bブロック>
1:ミキ・亜生 2:コロコロチキチキペッパーズ・ナダル 3:椿鬼奴&グランジ・大夫妻 4:吉松ゴリラ
<Cブロック>
1:守谷日和 2:ゆりやんレトリィバア 3:すゑひろがりず・南條庄助 4:ぺこぱ
<Dブロック>
1:りんごちゃん 2:マヂカルラブリー・野田クリスタル 3:次長課長・河本準一 4:清水あいり
<Eブロック>
1:霜降り明星・せいや 2:そこらへん元気 3:レイザーラモン・RG  4:野性爆弾・くっきー!

その後行われた決勝ラウンドは、野田、吉松、せいや、守谷、川原の順番で自宅芸を披露。

視聴者投票と審査員のポイントによって、優勝者を決定される同ラウンドにおいては、1回戦はUFOキャッチャーや海原やすよ・ともこの写真を使用、2回戦は巨大フリップや岸部四郎のポスターと、小道具をフルに活用した川原が視聴者投票1位と蛍原の票を獲得して頂点に立ちました!

今田から「家賃1年分タダとAbema TVでの冠番組獲得ですよ!」と声をかけられた川原は、静かにガッツポーズ!

冠番組は決勝ラウンドの自宅芸に登場した岸部四郎さんと「スポーツエロ番組をしたい」と話し、笑わせました。

同期の守谷、川原を「芸人を始めた1日目から天才」

©AbemaTV,Inc.

放送終了後の合同取材には、優勝した川原を含めた決勝ラウンド進出者5名がリモートで参加しました。

優勝の感想を求められた川原は「みんな大変な時期なので、少しでも笑いを提供できたなら嬉しい」とコメント。「(先に披露した)せいやのネタを被せてなかったら負けてたんじゃないですかね」と冷静に振り返りつつ、せいやに「ごめんな! 被せちゃって」と呼びかけ。
これに対しせいやは「いやいや。劇場時代からすごい先輩なので、戦えて嬉しかった! あれで腹立ててたらヤバイでしょ(笑)」と、にこやかに勝利を讃えます。

さらに、同期の守谷日和から「芸人始めた1日目から、ずっと天才です。NSCの時からこの人が世に出なかったら、同期は誰も出ないやろなと思いながらネタを観てたのでさすがやなと思った」と褒められると、川原は「いや、俺、世に出てないねん。(同期の中では)かまいたち、和牛が出てるねん」と照れくさそうに返します。

2本の芸でポスターや写真を使用した岸部四郎、海原やすよ・ともこには事前に使用許可を取っていたそうで、「岸部四郎さんは『ぜひ使ってください。楽しみにしてます』と言ってくれた。岸部四郎さんとやすともさんに(優勝の)喜びを伝えたい」と嬉々と語りました。

野田「大会を戦い抜く秘訣は回線」

©AbemaTV,Inc.

自宅芸を披露するという一風変わった大会『家-1グランプリ』について、川原は「自由でなにをしてもいいということは、僕にとってありがたかった」と明言。
自作の新作ゲームで挑んだ野田は、「ネット環境が勝負になっていたので、この大会は回線が大事」と大会の戦い方のコツを分析します。
「出場者にはネット環境のフォローをしてあげて欲しい」とネタが途中で切れてしまった亜生を気遣いつつも、「せいやのようにネタのタイトルを2回言うのはすごく良い」と戦い方のコツを分析していました。
大声を出さなければいけないため、マンションの大家に怒られながら芸を磨いたせいやは「家でやるので準備のために掃除せなあかんかった。汚いとこをコロコロしたりする時間なんやねんって思ってました(笑)」と振り返ります。

撮影を手伝ってくれた同棲中の彼女から、決勝ラウンドで披露したネタのダメ出しを受けたという守谷は「(次回は)伝わるネタを考えて披露したい」と反省も、「大阪に住んでいても交通費がかからない。(この形式ならば)出やすいなと思いました」と自宅から参加できる利点を話します。

家の中でシャンプーするという芸に徹した吉松が「決勝に出られると思ってなかった。Twitterに芸人さんの面白い動画が上がっているのが、見る側としても楽しかった」と話すと、川原は「いい意見!」と声をかけました。

『家-1グランプリ』は、5月9日(土)までABEMAにて無料で視聴可能。自宅という限られた空間から生み出される笑いの数々を、ぜひともご覧ください!

【関連記事】