「ABEMA」では、自宅で過ごす時間が長くなっている状況の中でも、「ABEMA」を通じて少しでも楽しい時間を過ごしていただきたいという思いのもと、GWおうちでアベマと題して、様々な特別番組の配信を行うと発表!

その第1弾にあたる、吉本興業が開催する「吉本自宅劇場」の第1弾企画で、自宅でできるお笑いコンテスト『家₋1グランプリ2020~お笑い自宅芸No.1決定戦~』の決勝大会が5月3日(日)夜、放送されました!

前代未聞ともいえるお笑いバトルの予選を勝ち抜き決勝への進出が決定したのは、計20組。
河本準一(次長課長)、駒場孝(ミルクボーイ)、そこらへん元気、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、南條庄助(すゑひろがりず)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)、ぺこぱ、守谷日和、ゆりやんレトリィバア、RG(レイザーラモン)、

亜生(ミキ)、岩橋良昌(プラス・マイナス)、川原克己(天竺鼠)、くっきー!(野性爆弾)、清水あいり、せいや(霜降り明星)、椿鬼奴・大(グランジ)夫妻、吉松ゴリラ、りんごちゃん、橋本市民球場(隣人)(※五十音順)
の計20組!
同日配信された決勝大会では、決勝進出者の自宅から順番にリモート中継を繋いで自宅芸を生披露し、視聴者からの投票と審査員の評価によって王者が決定することとなりました。

関連記事:M-1ファイナリストも続々参戦!「#家-1グランプリ」動画にファン爆笑「何で思いつくの」

気になる優勝者は…

AブロックからEブロックまでの全5ブロックに分かれて決勝大会予選を戦った20組の芸人たち。
結果、Aブロックからは天竺鼠・川原克己、Bブロックからは吉松ゴリラ、Cブロックからは守谷日和、Dブロックからはマヂカルラブリー・野田クリスタル、Eブロックからは霜降り明星・せいやが勝ち上がります。

つづく決勝ラウンドは視聴者投票とポイント制で王者が決定!
気になるネタ順は以下の通りとなりました。

  1. マヂカルラブリー・野田クリスタル
  2. 吉松ゴリラ
  3. 霜降り明星・せいや
  4. 守谷日和
  5. 天竺鼠・川原克己

長時間にわたる激戦のすえ、20組の頂点に立ったのは、天竺鼠・川原克己!
「お笑い自宅芸 No.1」という史上初の栄誉と優勝特典の家賃1年分、そしてABEMA冠番組を手にしました!

ラフマガでは近日この決勝大会の模様を公開予定。
ぜひお楽しみに!

川原さん、おめでとうございます!

【関連記事】