4月24日(金)、マルセイユ(別府、津田)が自身のYouTubeチャンネル『マルセイユチャンネル』を更新。料理好きの別府がゲストを手料理でおもてなしする『別府飯』企画の一環として、「別府の家にある調味料を見ていこう」との動画を投稿しました。

関連記事:10分で完成!マルセイユ別府流・お手軽イタリアン“トリッパ”が「おいしそう」と話題

 

塩へのこだわりにツッコミが止まらない!

別府が最初に紹介したのが、いつもこの企画で使用しているという塩。「ハイヒールのモモコさんに……もらったおみやげ、海外旅行で……」と、片言の説明に不安が走ります。その後も、「アルペンザルツ」「ピンクヒマラヤソルト」「ファンからもらった岩塩」と塩の紹介がひたすら続き、やっと別の調味料を手に取ったかと思いきや、なんと「塩こしょう」で……思わず津田から「もうええわ! 塩!」とツッコミが入ります。

結局、塩とこしょうだけで約10種類も常備しているという驚きの事実が判明。さらには、別府が撮影している画像の悪さに「水の中にいるんか!?」と津田のツッコミが止まりません。

地元のこだわり調味料を紹介するも…

その後も、「ブラックペッパー」や「ホワイトペッパー」、「バジル」に「パセリ」と続き、出てきたのは別府の地元の調味料と語る『マキシマム』。「めちゃくちゃおいしいヤツ」と説明するも、カメラに映す角度が悪く、商品名が「マキ」しか見えないという事態に。

このほか、ケチャップの可愛い部分を紹介するなど何とも伝わりにくい内容に、津田も「これ観て調味料欲しいなと思った人いますか?」と思わずコメントします。

今回の動画に、ファンもウズウズしたようで「早々に画質で笑いました(笑) 全然パッケージが見えない!(笑)」「笑いながらツッコミする津田さん素敵です それにしてもツッコミどころ満載過ぎる笑」「止まらない津田さんのツッコミww 漫才観てるみたいでした」といったコメントが寄せられました。

■思わずツッコミたくなる!? 動画はコチラ

 

大量の塩やこしょうなど、予想以上のこだわりが見えた今回の『別府飯』。調味料の紹介とともに、津田の細かなツッコミにも注目が集まりました。

『マルセイユチャンネル』

■詳細は公式YouTubeチャンネルをご確認ください。

【関連記事】