不思議な日本語で綴られた“超感覚レシピ”が話題となっている滝沢カレンのレシピ本『カレンの台所』。滝沢とは“大親友”と公言している女芸人のほか、自身も本を出版したばかりのあの芸人も、さっそくこの本にハマっている様子で……?

関連記事:“おうち時間”で試したい!料理芸人が教える「炊飯器を使わないお米の炊き方」が話題

 

大親友の横澤も絶賛!「料理が楽しみに」

滝沢とは互いに親友だと公言している横澤夏子は、Instagramにて滝沢のレシピ本を紹介。

横澤は、滝沢の誕生日に行なわれたインスタライブに出演した際の反省を綴りつつ、本について「#カレンちゃんらしく素材たちに寄り添った物語がたくさん描かれていて」「#好き自由に料理していいんだって毎回の料理が楽しみになるのよー!」と絶賛していました。

また、さっそくレシピの中から“ビビン麺”を作ってみたことを伝えたところ「#そんなところから始める人いるんですね!」と、滝沢らしさ全開の答えが返ってきたそうで、ファンも思わず「さすがカレンちゃん」と爆笑した様子。

さらにインスタライブを見たファンからは「お二人のコラボライブめちゃくちゃ楽しかったです」「またカレンさんの誕生日の時にやってくださーい」と、楽しかったという声が続々と届いていました。

■投稿はコチラ

 

「文章は意味不明」ながらもハマってしまう

さらに、番組で共演した際に滝沢本人から書籍をもらったとして「料理本だけど書かれてる文章は意味不明でした」と、自身のInstagramに感想を綴った東野幸治。

自身も2月にエッセイ集『この素晴らしき世界』(新潮社)を発売したばかりですが、滝沢のレシピ本を「楽しい料理本」と評しています。

東野曰く、レシピ本ながら、滝沢らしい個性あふれる日本語が並んでいるとのこと。この感想に、実際に本を手にしたファンから「今、読んでます ツボ過ぎて癒されてます」「一切、計量せずに独特の調理にクスッ」「さすが、ことばの魔術師カレンさん」など、やはり文章が面白かったという反応が。

さらに、滝沢本人からも「嬉しいです!!!ありがとうございます」と、感謝のコメントが寄せられていました。

■投稿はコチラ

 

滝沢本人と進行がある横澤と東野。本を読んだというファンからも反響が寄せられる投稿となりました。

【参考】サンクチュアリ出版 公式サイト

『この素晴らしき世界』(新潮社)

価格:1,430円(税込)

ご購入はコチラ

【芸人記事まとめ】

【関連記事】